ロジカル・シンキングの、入門講座的な個人セッションを

思考力トレーナーの永江です。

春ごろから温めていたロジカルシンキングの個人セッションコンテンツ。

ロジカルシンキングを聞いたことあるけど、ちゃんと勉強してみたいという人。
論理的に物事を考えたいけれども、どうもうまく出来ないという人。

そんなあなたに、ロジカルシンキングをしっかり学べる機会となるお知らせです。

ようやく形になって、公式にリリースをいたします。

ロジカルシンキング・ステップマスター

ロジカルシンキング・ステップマスターは、10回の個人セッションを基本的な設定としています。

具体的な日程は、お申込みいただく方との個別調整にて決めさせていただきます。したがって、お仕事の都合などでスケジュールを空けにくい人でも、比較的にラクにご利用いただけます。

また、お申込みの前にご質問などがある方は、事前に内容について、その他の気になる点について、お気軽にご質問ください。

お問合せフォームはこちらです。オフィスまなぶき 問合せフォーム

 

さらに、1,000円でロジカルシンキングを体験できるセッションも。

さらに、上記のロジカルシンキング・ステップマスターについて、実際に体感してからご検討いただくために、「超入門」として体験できる個人セッションもご利用いただけます。こちらは、2020年8月いっぱいの限定的な実施です。9月からは、単発セミナーとしての開催はするかもしれませんが参加費がアップします。また、その開催も不確定です。いま、論理的思考についての課題があって、ロジカルシンキングを学んでみたいという方は、この8月中の機会を、ぜひ、ご利用ください。

2020年8月限定
ロジカルシンキング超入門セッションは
期間限定 1,000円 です。

ロジカルシンキング超入門セッションは
リザーブストックというシステムで受付をしています。
リンク先で記載のある日程から選んでお申込みください。

超入門セッションの日程について、もしご都合の会うところに空きがない場合も、個別に調整できる可能性があります。都合よいところで登録できない場合には、ぜひ、メッセージ等にてご連絡ください。

ロジカルシンキング超入門セッションの日程を見てみる

不完全な存在である我々だからこそ、最後まで諦める必要がない

人材育成コンサルタントで
思考力トレーナーの永江です。

私たちは、
どうしたって不完全な人間です。

完全に良い施策を思いつくのは難しいし、
何かの作戦を思いついても、
それは、
その時点で比較的に良いとしか言えないわけです。

でも、
だからこそ、
逆説的に言えることがあります。

それは、
ギリギリまで諦めずに
最後まで良策を考えることに意義があるということです。

完全な存在ではない。
完璧な存在ではない。

だから、
ある時点で思いついている施策が
それで最高のものとは限りません。

ということは、
もし時間的な期限にまだ到達していないならば、
最後の最後まで考え続けたら、
最後の最後のタイミングで
今よりもっと良い施策を思いつくかもしれない、
と言えるわけです。

実際に、私たちが直面する課題には
それを解決するための施策に期限があります。

やっぱり、その期限までに
最高の策を思いつかないかもしれません。

でも、それは、そのタイミングになるまで分からないし、
タイミングが訪れても分からないかもしれません。

でも、
最後まで考え続けることに価値が無いとは、
少なくともその時点までは、言えないはずです。

私たちは、完全で完璧な存在ではない。

だからこそ、
最後の最後まで
諦める必要がないんです。

論理的でロジカルなコミュニケーションを考える

人材育成コンサルタントで
思考力トレーナーの永江です。

ビジネスにおいて論理的なコミュニケーションは欠かせません。しかし、実は論理的でロジカルなコミュニケーションが求められる場面は、ビジネスに限ったことではありません。出来ないとなると様々な問題が起きるし、出来るようになっていればメリットはとても多くて大きいです。論理的なコミュニケーションとはどういうことなのか、そして、その能力を高めるためにはどうしたらいいのかを考えてみます。

論理的であるとはどういうことか

まず最初に、論理的であるということはどういうことなのかを考えてみます。論理が成立しているとか、ロジカルであると聞くと、みなさんはどういうイメージを持たれるでしょうか。なんとなく、筋道が通っているとか、ある説明が次の他の説明に正しく繋がっているとか、そんなイメージを持つのではないでしょうか。そんなふうに、ある事柄が次の事柄に繋がっていて、その繋がりが、正しく妥当であることは論理やロジックの大切な要素です。

しかし、この、一本の道が繋がっているようなイメージは、論理的であることの1つの要素に過ぎません。ものすごく大切なことではあるものの、それだけでは不十分です。その他にも、情報や考えている内容に漏れがないということと、階層的で構造的であるということも重要です。

ロジカルシンキングの話をするときに、漏れがなく、ダブリがないように、と、よく言われます。これも大切な注意点ですが、ダブリをないようにすることよりも、漏れがないようにすることのほうが重要です。なぜなら、ダブリは構造化を考えるときに後から気づきますが、漏れがある状態で思考を進めると、その漏れにはずっと気づかないかもしれないからです。だから、漏れがないようにすることは、筋道が通っていることや構造化ということと同様に最重要事項として考えられます。

そして、階層的な構造化がロジカルであることにとって重要です。私たちが考える対象とすることは、複雑で、いくつもの要素が絡み合って成立しています。部屋の掃除の段取りを考えるていどであっても、そこに存在する情報の種類や量は、10も20も書き出せます。これら多くの情報を整頓するのが階層的な構造化です。図で表すならばピラミッド構造になっていて、それが多元的に整然と並んでいるイメージです。

論理的であるということは、筋道が通っていて、漏れがなくて、階層的な構造化ができているということです。これらがあって始めてロジカルであると言うことができます。

そもそもコミュニケーションとは

さらに、ここで、コミュニケーションということについても、そもそも何なのかと考えてみます。コミュニケーションをとるということは、何かを誰かに伝達したり、逆にそれを受け取ったりすることです。だから、もちろん、相手がいて始めて成立することです。何かの必要性があって、誰かに何かを伝えます。

伝えるものは情報です。情報といっても言語化や数値化ができるものだけとはかぎりません。なんとなく感じる感覚的なことや、言葉では表しきれない思いなども含めます。そういう広い意味での情報を伝えるということがコミュニケーションであるといえるでしょうね。

そうすると、どのように伝えるのかという手段も、本来は多種多様なものになります。私たちが普段のビジネスシーンで使うのは文字情報を中心とした伝達です。でも、大昔の「のろし」や、言葉を使わないアイコンタクトなども、コミュニケーションの手段として考えられます。誰かに何かを伝えられるのであれば、その全てがコミュニケーション手段です。

コミュニケーションとは、誰かが誰かに何かの情報を伝えることです。その情報の種類や伝達の手段は、あらゆるものを含みます。

論理的であることと、心が通っているかどうかということ

ところで、論理的であるというイメージは、もしかしたら、心が通っていない冷たいイメージを頭に浮かべられるかもしれません。ロジカルであるということは人の心の余地を排除していて、気持ちや感情とは別のものであると多くの人が考えているかもしれません。

しかし、実は、本当の意味でロジカルで、論理的に十分な妥当性があるということは、決して心の要素を排除するものではありません。ある事柄について考えて、そこで心や感情も大切な要素であるなら、それを考慮しないのは「漏れがある」ということになります。漏れがあると論理的ではないので、ロジックが成立しているとは言えないのです。

特に、コミュニケーションの問題として論理やロジックについて考えます。論理的なコミュニケーションは、人間どおしの交流でもあります。だから、自分の心のことや、相手の心のことも本来なら含まれるべき大切な要素です。そのことも漏れなく考えていきたいものです。

また、悪い意味で「感情的になっている」ときは、往々にして、心を排除してしまうような狭い意味でのロジックでさえも、どこかで漏れやミスがあるものです。構造的な筋道が作れていないからこそ感情的な物言いになってしまうのだろうと思います。視野が狭くなっていなければ、相手の考えていることや思いについても想像力を働かせられますからね。

論理やロジックと、人の思いや感情は、決して相容れないものではありません。本当にロジカルであるということは、感情を排除してしまっては成り立たないと考えます。

論理的なコミュニケーションが必要となる場面

ここまで考えてきたことを踏まえて必要な場面を考えてみると、論理的なコミュニケーションの必要性はものすごく広いという思いを強くします。言葉のイメージから多くの人が持つのは、ビジネスシーンや、学術的な場面のイメージではないかと思います。それらはまさにロジカルシンキングが必要なシーンであって、コミュニケーションにも論理性が求められます。

特にビジネスにおいては、感情や心の問題も絡みながら、お互いに考えることの妥当性を紡いでいくような活動が必要です。誰かと誰かの意見が対立したときに、力や声の大きさで決着がつくのでは論理的とはいえません。感情を持つなとはいいませんが、冷静で、お互いに配慮をしつつの議論も大切になってくるでしょう。そういう意味で、ビジネスシーンでは論理的なコミュニケーションがとても重要になってきます。

しかし、なんらかの話し合いをする場面というのはビジネスにかぎらずいろいろなところで発生します。家庭の中でもありえるし、仲の良い友だちの間でもありえます。人が情報のやりとりをし、考えや意見を伝え合うかぎり、そこには論理的なコミュニケーションが欠かせないのかもしれません。

論理的なコミュニケーションが必要となるのは、あらゆる情報伝達のシーンといえるのではないでしょうか。

論理的なコミュニケーションとは何で、どうやって高めるのか

結局のところ、論理的なコミュニケーションとは何なのか。筋道が通っていて、漏れがなく、構造的であるのが論理的であるということです。だから、伝えていることや主張や情報の集団に、妥当性があって納得感を得られるのが論理的なコミュニケーションです。何かのパワーパランスで抑え込むようなコミュニケーションは、ロジカルであるとは言えません。上司が無理やりに部下を屈服させて「ほれみろ、ワシの言うことが正しいんだぞ、言うことを聞け」というノリで自分の主張を論理的だと思っているなら、大きな間違いということです。

本当の意味で論理が正しく成立しているなら、きっと、誰に対しても穏やかに納得される説明ができるはずです。

では、そのような、正しく論理的なコミュニケーションが出来るようになるには、どうすればいいのでしょうか。そうなりたいと思った人は、どのようにそのスキルや能力を高めればいいのでしょうか。それには、論理性や、ロジカルシンキングのスキルなどを高めることが必要になりそうです。

たとえば、まず筋が間違った主張をするようではいけません。だから、ある事柄と、それに繋がると思われる事柄が、その繋がりにおいて妥当かどうかを検討できる能力が必要です。だから、もし、自分が何かと何かを繋げて考えたのならば、その繋がりが妥当かどうかをチェックする癖づけができると能力の向上に役立ちそうです。

あるいあ、漏れがあってはいけないので、他者や自分の感情面も含めて、思い至っていない事柄がないかと気を配るようにするのも有効そうです。なるべく、いろいろな場面で、見落としのチェックをしていきます。

そして、階層的な構造化についてですが、これはいくつもある事柄をピラミッド構造の形で分類する練習が効果を生みます。慣れないうちは多すぎると混乱するので、10個くらいから、20、50、と増やしていくトレーニングが良いと思います。この思考練習は、私が学習指導の中で一部の生徒さんに対してやっていました。階層的な分類に慣れてくると自学をするときに自分で内容を考えられるようになります。そして、私に対して何かの説明をするときに上手になっていく感覚があったので、まさに論理的なコミュニケーションのスキルアップに役立つのだろうと思います。

ロジカルであえることには、道筋、漏れの無さ、構造化が必要です。それらの感覚が鍛えられれば、論理的なコミュニケーションが上手になります。そして、そのスキルアップは、コミュニケーション能力そのものの向上にも繋がるのだと思います。

論理的でロジカルなコミュニケーションとは、その内容の妥当性によって、相手にもムリのない納得感を与えられます。そのスキルを後天的に高めることは十分に可能です。スキルアップのための工夫や努力によって、良いコミュニケーションができるようになりましょう。

 

自社の人材育成レベルチェック(簡易版)

 
 

人材に関する問題や、考えることの課題を解決するためのメールマガジン

 

やるべき思考にマッチした環境は?

思考力トレーナーの永江です。

私は水辺が好きです。それも、海にある水辺じゃなくて、絶対に淡水の水がいいです。これは、もう、理由があるわけではなくて、なんとなく好きだとしかいえません。ただ、水のあるところに行くと「良いな、居心地がいい」と思うんです。だから、家の近くの川を見に行くのも好きですし、家の中にちょっと大きめの水槽を設定したりもしています。

こういうふうに、その人にとってなんとなく好ましい環境や物というものがあります。私の場合は水辺や水そのものですが、人によっていろいろだと思います。明るい太陽の日差しかもしれないし、細々とした雑貨類が並んでいる姿かもしれません。その人が持っている感性によっていろいろなものが考えられます。

なにかしら自分にとって好ましいものが身近にあると、人は安らげたり、仕事が捗ったり、考えがまとめやすかったり、します。

一方で、ある事柄のために、一般的に好ましい環境といわれるものもあります。たとえば、アイデアを広げていくためには、暖色系のデザインにした環境が良いと言われています。逆に寒色系にすると、考えを集約させてまとめるのに良いそうです。これらは、人によって違うというよりも、多くの人に共通する心理的な効果です。

人によって異なる個性的な感じ方と、多くの人に共有される共通の感じ方。それらは別々にあるものでも、相対した考え方でもありません。どちらも有効に、対立するものではなく、平行して使えるとよいものだと思います。

だから、心理的に共有されるべき感じ方の情報と、自分自身でどう感じるかということの確認をしましょう。そして、やるべき思考になるべくマッチした環境を得て、より良質な思考をできるよゆに工夫しましょう。

 

自社の人材育成レベルチェック(簡易版)

 
 

人材に関する問題や、考えることの課題を解決するためのメールマガジン

 

論理的思考の敵は「思い込み」

思考力トレーナーの永江です。
論理的な思考をするときに、敵となるのは「思い込み」です。

思い込みのいろいろ

まず、「思い込み」にはいろいろなパターンがあることを書いておきます。認知療法の勉強などをされた人はご存知かと思います。

たとえば物事の一部分だけを情報として受け取り、そこから非論理的に全体についての判断をしてしまうことがあります。全体のことを考えるときに使っているのが先入観であったり決めつけであったりし、過度の一般化や過大評価につながります。逆に、過小評価をすることも思い込みの1パターンとしてあるし、無理矢理に白か黒かといったステレオタイプに分類しようとすることもあります。

「思い込み」となる思考には、感情や感覚が不用意に入り込んでいると私は思います。本来なら論理的にとらえるのが良い事柄であっても、感覚で「こうだよね」と決めつける。その感覚が理論に裏打ちされたものなら良いですが、そこまでに達するにはその分野の経験を豊富に積まないといけません。

思い込みを排除するには

おそらく人が自然に身につけているのが「思い込む」という能力です。だからそれを排除するのはラクではないのですが、できないことではありません。それにはまず、「自分のこの考えは、思い込みではないのか」と疑うように注意することから始めましょう。定義や定理ではない事柄については、まず思い込みに注意をするように心がけます。

そして、思い込みに陥らないためには、なるべくたくさんの情報を集めて、それらの全てに対して平等に接し、事実だけを、淡々と、受け取るようにしましょう。思い込みをもった状態は、情報の一つ一つを平等に扱わずに、非論理的に勝手に評価をしてから受け取ってしまいます。これをしないようにして、ある意味では機械のように情報に接します。

「べき論」に注意する

「◯◯はこうあるべき」「△△はこうでなくてはならない」というような「べき論」は思い込みであることが多いです。世の中はとても複雑であって、そうでない場合でも成立するのに、こうであるべきだと他を否定するのは正しいことではありません。結果的に自分の選択肢を少なくしてしまい、求める結果が得られないことにも繋がります。論理的な思考のためにも、「べき論」には注意しましょう。

敵をやっつける武器は「冷静さ」

本当に論理的に思考をする人は、傍で見ているとすごく冷静に見えます。ときには冷淡に見えることもあるかもしれません。それはおそらく、論理的思考の敵である「思い込み」が感情から生まれたものであって、熱を伴うからかもしれません。その熱を持っていないから冷静あるいは冷淡に見えます。

これは別に悪いことではなくて、ロジカルに考えるのがふさわしい場面で冷静さが求められるのは、ほとんど異論の出ないところだと思います。やっぱり、ロジカルシンキング=論理的な思考に必要なのは冷静さであって、「思い込み」という敵をやっつけるための武器になるものだと思います。

 

自社の人材育成レベルチェック(簡易版)

 
 

人材に関する問題や、考えることの課題を解決するためのメールマガジン

 

 

オフィスまなぶきへのご連絡は、お問い合わせフォームからお願いします。
オフィスまなぶきお問い合わせフォームはこちら




何事に対しても前向きに考えることができるかどうか

思考力トレーナーの永江です。
私が接してきた中で、良い成果を上げている人、どんどん良い変化を生み出している人の傾向についてです。

悪く考えることがない人

基本的にどんな出来事にも良い面と悪い面があると私も考えているのですが、どうしても出来事に対しての「良い」または「悪い」という評価のどちらか一方をしてしまうことがあります。でも、以前に指導をしていた塾の生徒で、何事も悪く考えることがない子がいました。テストで良くない成績になっても「出来ないところが分かったのでそこを勉強します。」と言う。模試で志望校についての判定が悪く出ても「どれくらい頑張らないといけないか分かったので、それだけがんばります。」と言う。

実際に心の中がどうだったのかは分かりません。でも、常に前向きに考えて、悪い考えを口にすることなく、頑張って勉強をして無事に志望校に進学しました。

過去の失敗を笑って話せる人

経営者となるとなんでもポジティブに考えるわけにはいかないです。良くない未来も想定しておかないと、予想外の自体に対応できずに会社を潰してしまうかもしれません。だから私が尊敬しているある社長さんも、ネガティブな想定はしっかりとされています。でも、過去の失敗をあまり悪いこととして捉えていないような気がします。

あるていど経営をしていると失敗もあります。その人も失敗を何度かしています。でも、どの失敗もすごく明るく楽しく話してくれます。売上が下がったり損失が大きくなったりと数字においては悪い結果になったことでも、振り返って話してくれるときには笑い話になっています。失敗は失敗として評価しつつ、それを「勉強になった」と明るく話してくれる姿には、「こちらこそ勉強になります」と申し上げたくなります。

無意味なポジティブシンキングではなく、意味を持って前向きに考える

世の中には、ポジティブに考えるといいからと、とにかく意味もなくやたら「良いこと、良いこと」と考えようとする人がいます。こういうのは実際の経営や組織運営ではあんまり好ましくないと思います。やっぱり評価として「ダメだ」となる事象がありますから。でも、それを受けて、受け入れて、それに対して前向きに考えられるかどうかは大きいです。そこで論理的に、適正に、前向きに考えられるかどうかで、成果の大きさも変わってくることが多いように思います。

無意味にポジティブになれとは言いません。でも、良くない評価を下すべき場面にあって、それを前向きに捉える考え方も身につけていたら良いでしょうね。

 
=====
自分で考えられる人を増やすメルマガ
「オフィスまなぶき永江信彦からの手紙」
=====
 

 

自社の人材育成レベルチェック(簡易版)

 
 

人材に関する問題や、考えることの課題を解決するためのメールマガジン

 

 


 



経営する人と「占い」とのつきあい方について 〜 判断のためにもうひとつの軸を持つ

思考力トレーナーの永江です。
私は占いをちょくちょく見ます。テレビでやっている「◯◯うらない」とか、雑誌に掲載されている星座のものとか、特に何を、というわけではなく、いろいろなものを見ます。

占いを盲目的に信じるのは危うい

いろいろな占いを見ていますが、言われていることをそのまま信じたりはしていません。まず、ふつうに考えて非科学的ですし、当たる人もいれば当たらない人も居るだろうと思えますからね。そんなものを本気で信じてるとしたらやめたほうが良いし、盲目的に信じてしまうのは本当に危ういと思います。だから、知り合いの人が占い師さんの言うことをベッタリと信用してたりすると心配になるわけです。

他に判断の軸がなくて、どっちに転んでも大差ないなら占いで

では、なぜ占いをよく見ているかというと、他に判断の軸や基準がないときに、「えいや!」と決める材料にするために見ています。たとえば、昼食にラーメンが食べたければ食べますが、ラーメンとカレーとで迷っているとします。本当にどっちでも良いという状況なら、朝のテレビの占いでラッキーカラーが「黄」だったからカレーにする。それくらいのレベルです。

経営者の人でもけっこう占いを活用している人がいらっしゃいます。これも、占いに頼って経営をしているというよりは、いろいろロジカルに考えた結果として、もう、どっちに転んでも期待値に違いはないと考えられるときに「えいや!」と決める材料にしていらっしゃるようです。もちろん結果の違いはあるかもしれませんが、それはパラレルワールドの話になってしまうので分かりません。

論理のほかに、もうひとつの軸を持つ

経営や運営という事柄は、基本的には論理をもって分析や判断をするべきです。論理こそが万人にとっての「共通言語」ですから。でも、実際の世界はとても複雑で、どう考えても判断つきかねることがあります。あるいは、時間の制限があってこれ以上は考えることができないということもあるかもしれません。そういうときに判断の材料とするために、もうひとつの軸を持っていると良い場面があります。

もうひとつの軸は占いとはかぎらないです。たとえば信頼できる参謀。座右の銘としている言葉。メンターの意見。名著にある言葉。さまざまです。占いもそのひとつ。基本的には論理で考えて進めるのですが、ほかにもうひとつの軸を持っていると行動しやすくなったりします。


 



思考を上手にするための3要素

思考力トレーナーの永江です。
自分のアタマでちゃんと考えられる人を増やしたい!

ということで、思考を上手にするための3要素についてお話をします。

考えようとする意思

まず最初に必要なのは、意思です。自分でちゃんと、しっかりと、自分のアタマで考えようとする気持ちです。これが無い人は、分からないことがあったり難しい問いに出会ったりすると、すぐに人を頼ります。それはそれで可愛らしく感じるシーンもあるのですが、少なくとも「考えられるよう」にはなっていきません。まず意思を持つことから始まります。

考えるための基礎となる知識

次に必要なものは考えるための基礎となる知識です。たとえば、「数」というものについて考える数学の世界では、最低限の数の定義と仕組み、そして演算のルールなどを知らないと前に進めません。だから、数学を学ぶための入口として、小学校で算数を習います。そこには数学的なことを考える基礎となる知識を身につけ、少しずつ考えることを進めていきます。

基礎となる知識が必要なのは経営やマーケティングなどについても同じです。たとえば最低限の会計のルールを知らないと、企業経営を正しく思考することはできません。単なるお金の四則演算ではないということを、ちゃんとやっている人なら知っています。おおよそなんの分野であっても基礎の知識は必要となるので、これがあってから3つめの要素を使っていくことになります。

うまく考えるための技術

3つめの要素が、いわゆる「思考法」などのエリアになってくると思います。上手に脳みそを働かせて、効率よく、問題解決に近づくための思考技術です。技術のためには道具がセットになっていることもあって、フレームワーク思考などはそれに該当すると思います。どれほど上質な素材であっても技術が稚拙だと悲しい結果になりなるので、やはり思考の技術も持っているのが良いのです。

 

単に技術だけを学んでも、基本的なことを知らないと、おかしな思考になってしまいます。そして、意思がなければそもそも考えようともしません。意思があり、知識がある状態で、技術を駆使する。そうすると、上手な思考ができるようになります。

 


 



ロジカルシンキングを実行するために必要な3つ

思考力トレーナーの永江です。
私はロジカルシンキングのセミナーをコンテンツとして持っています。また、私自身が、物事を論理的に考えるように努力をしています。そんな中で、私が考える「ロジカルシンキングを実行するために必要なこと」は大きくわけて3つです。

考えようとする意思

最初に挙げたいのは論理的に考えようとする意思です。ロジカルに考えようとしなければ人は感性に頼る部分が大きくなります。また、論理的に考えることが日常的にできていないと、思い込みや偏見が思考にするりと入り込みます。こうなるのを避けるのがロジカルへの道なので、あえて「論理的に考えよう」と意思を持つのが良いです。

考えることの土台となる知識

2つめに挙げるのは、考える土台=ベースとなる知識です。いくら意思があっても、3つめに挙げる技術があっても、思考の対象となるものの基本部分となる知識がなければどうにもなりません。経営のことを考えるなら経営について最低限の知識は必要です。だから、たとえばコンサルティングをするときには対象となる存在についてのヒアリングを入念に行うのです。コンサルの対象となる存在についての基礎知識があってはじめて丁寧で論理的な思考ができます。

適切に考えるための技術

3つめに考えておきたいのが技術です。ロジカルシンキングというものがナチュラルに出来てしまう人には不要ですが、標準的な人、一般的な人は、技術を持つようにするのがよいです。技術はセオリーとして体系立てて学べるので、そのスジの書籍などで勉強できます。もちろん私の講座に参加していただいたりコンサルティングを受けていただくのも良いです。後天的に身に着けられる技術で、ロジカルシンキングのレベルをアップしましょう。

 


 



しだいに感覚のレベルを上げて成長していく

思考力トレーナーの永江です。
なにかの分野で成長していくときのお話。

たとえば自転車に乗れるようになるときの感覚

たとえば、はじめは自転車に乗れなかった人が、練習をして乗れるようになるとき。乗れないときはバランスをとること等いろいろなことを難しいと感じています。それが、なにかのタイミングでバランスがとれると、難しいという感覚は薄れて、「いける」という感覚を持つようになります。

さらにスピードを上げることができるようになると、バランスをとって速く進むことに慣れていきます。そしてあるときに気づくかもしれません。自転車に乗れなかったときの感覚と、乗れるようになってからの感覚が大きくちがっていることに。乗れる感覚を身に着けてしまうと、乗れることが当たり前のようにも思えてきます。

感覚が変わったときに意識しておく

おおよそ何の分野であっても、ある状態からひとつ上の状態に成長したときに感覚の変化はあると思います。そのときに、ステップアップしたあとの感覚の状態を意識してみることをお勧めします。できなかったことができるようになった感覚。前の自分とは違うという感覚です。

変わったあとの感覚を意識すると、できる自分が当たり前のように感じられます。それは、次の成長段階に進んだということであり、さらなる向上につながる新しい階段をのぼり始めたということになります。無意識でも悪いわけではないのですが、成長が感じられれば気分もよくなり意欲も増します。何かが出来るようになったときの感覚を意識して、そのレベルと段々と上げていくことで成長を実感していきましょう。