ロジックツリーとマインドマップ

思考力トレーナーの永江です。

ロジックツリーという思考ツールがあります。
フレームワークの一種と考えてもいいです。
木の枝が伸びて広がるように項目を書き出す手法で、
階層的な分類を行ったり、論理展開のつながりを確認したりします。

例えばこの図のようなものです。

ロジックツリー1

図1クリックで拡大(別ウィンドウ)


トーナメント表のようですね。
このように枝分かれしながら分類をしたり、
手段や原因・理由などの論理展開を書き表していきます。

 

しかし、このロジックツリーという「描き方」には都合の悪いところがあります。
それは、後で思いついたことを描き足しづらいという点です。

ロジックツリー2

図2クリックで拡大(別ウィンドウ)


図2の例では、
「SNS」の先をさらに分岐させて「Twitter」と「Facebook」を足したいのですが、
既に描き込まれたものが邪魔で描き足しづらいのです。

次の図3も同様で、
「バナー広告」の細分化項目として「クリック保障」を足したいのですが、
既に描かれた「表示保障」と「検索連動」の間が狭くて描き足しづらくなっています。

ロジックツリー3

図3クリックで拡大(別ウィンドウ)


 

私はロジックツリーが有効な思考シーンにおいては、
ぜひともマインドマップを使うようにお勧めしています。

この例の流れをマインドマップで表現していた場合、
いったん図4のように描かれたあとに追加をしたくなり、
図5のように描き足されることになります。

マインドマップ1

図4クリックで拡大(別ウィンドウ)


マインドマップ2

図5クリックで拡大(別ウィンドウ)


 

マインドマップは枝(ブランチ)を自由に放射状に描いていくので、
後で追加情報が出てきたときに便利です。

また、ロジックツリーでいったんきれいに並べて描いてしまうと、
その「きれいさ」に脳が安心してしまい、漏れがあっても気づかなる可能性が高くなります。
これではいけません。

思考力を高めて自由な発想をし、
項目や関連を漏れ無く挙げていくにはマインドマップが格好のツールです。

 

マインドマップは描かれた要素が揃っていない(整列していない)ので見づらい、
というのであれば、いったんマインドマップで描いたものを
ロジックツリーに清書をすればいいと思います。
(個人的にはこの清書は不要だと感じていますが)

ロジックツリー4

図6クリックで拡大(別ウィンドウ)


放射状に描くという形状のイメージから、
自由な発想に向いていると思われがちなマインドマップですが、
その自由な発想を誘導してくれることが漏れ無く情報を挙げていくことにつながり、
論理的な思考にもとても役に立つのです。

 

ロジックツリーについては、こちらの電子書籍でも取り上げています。
身近なことで思考の練習をしよう ふだん使いのフレームワーク思考 (オフィスまなぶき)
フレームワーク思考はロジカル・シンキングを助けてくれるとても便利なツールです。
ビジネスユースで紹介されることが多いのですが、
ふだん使いをしてこそ便利さが本当に分かるのではないかと思っています。

 

最後に、
マインドマップについての私の師匠である矢嶋美由希さんの書籍を紹介しておきます。
こちらは、マインドマップの描き方ルールや、「マインドマップとは」という内容のほかに、
なによりも、たくさんの方の活用事例が載っているのでオススメです。

ひとことでマインドマップといっても使い方は人それぞれ、
まさに千差万別のマインドマップがいろいろ紹介されているので、
マインドマップに興味ある人にはぜひ読んでいただきたい内容です。


ふだん使いのマインドマップ 描くだけで毎日がハッピーになる

 


 


5W3Hとは

思考力トレーナーの永江です。

みなさんは、5W3Hってご存じですか?
そう、それです。

ビジネスにおいては報告や連絡などをする際に漏れがないように、
あるいは色んな目標を設定する際にそれを明確にするために、と
さまざまな場面で活用できるフレームワークの一種だといえます。

この便利な5W3Hですが、
それが何かと調べると、次のような簡単な説明に出会ったりします。

When(いつ)、Where(どこで)、Who(だれが)、What(何を)、Why(なぜ)、
How(どのように)、How many(いくつ)、How much(いくら)

おそらく簡単に分かりやすくまとめたものだと思うのですが、
作文の指導に使うような言い回しになっていて不十分なんですね。

たとえば、
Whoを「だれが」としていますが、
事柄の内容によっては「だれに」や「だれと」などのように
主語ではなく目的語などに「Who」が必要なケースが考えられます。

他の項目についても同じようなことがいえます。
したがって、私のお伝えとしては、
「5W3Hを考えるときには「助詞」をくっつけないで考える」
というようにしています。

助詞をくっつけないでフリーな状態でそれぞれの項目を考える。

フレームワークを活用するメリットには「漏れ」をなくすというものがありますから、
助詞によって思考が限定されないようにしたいです。

5w3h

 


 


ロジカル・シンキング基本中の基本「モレなく」

おはようございます。
思考力トレーナーの永江です。

私が主宰を務めている【デキる塾】シリーズには
基本となるメソッド(考える方法)があります。
そのいちばん最初にある「あつめる思考」は
モレなく情報を集めて、思考のテーブルに並べようというものです。

この「モレなく」という言葉は
ロジカル・シンキングの分野などで使われるMECEから来ています。

ロジカル・シンキング(論理的思考)は、
社会の中で効率的で効果的な思考と行動をしていくために必要であり、
それはビジネスに限らずふだんの生活でも活かされます。

その中にあるMECEは、
「ミーシー」とか「ミッシー」などと読まれますが、
モレなく、ダブリなく、という意味になります。

複雑なことがらをそのままの状態で考えるのは難しいので、
それに関する情報を細かく集めて整頓していきます。
そのときに、「モレ」があっては不十分な思考になってしまうし、
「ダブリ」があっては非効率な思考になってしまいます。

このうち「ダブリ」についてはそれに気づけるような工夫をします。
例えば情報が一覧になっていれば気づきやすいです。
しかし「モレ」については注意が必要で、
漏れているものは見えないので気づきにくいのです。

「モレ」に気づいた瞬間にそれは「モレ」ではなくなるので、
漏れているものは気づいていないものになります。
気づいていないものを無くしていこうというのが「モレなく」なので、
これは注意しなくてはいけません。

常に「モレがないか?」とチェックする心構え。
これがロジカル・シンキングのスタートラインになります。

モレなく

 


 


MECE的な話

自戒をこめた投稿です。

 

ある事柄について対立する意見があるとします。
極端な対立じゃなく、意見のゆるやかな相違でもよいです。
相違は、AさんとBさんの間にあるとします。

Aさんの意見を聞く。
うんうん、なるほど、Aさんが言うのはもっともだ。
となる。

Bさんの意見を聞く。
いやいや、Bさんの言うのが正しいな。
となる。

こういうことってありませんか?

 

Aさん、Bさんの話の中に矛盾点や論理の飛躍はないでしょうか。
得られた情報に不足はないでしょうか。
まったく別のCさんの考えを聞くことも有効かもしれません。

 

しっかりと自分の意見や考えを持つためには、
きちんと情報収集しないと危ういことがありますね。