小学生の勉強方法 算数

思考力トレーナーの永江です。

小学生の算数では、
数と図形の概念について基本的な理解をすることと、
簡単な応用ができるようになることが目標になっています。

算数は将来の数学につながるものとして、
理系的、左脳的、論理的な思考が必要だと考えられがちですが、
小学生、特に低学年で身につけるべきなのは、
むしろ右脳的な感覚で理解する能力です。

 

たとえば、
1という数と2という数の関係性は、
同じ大きさの2つの物体を並べることによって説明でき、
これの理解は明らかに感覚的なものだと言えます。

「あ、同じものがもう1つあると『2』になるんだ」
ということは、理論ではなくて感覚で腹落ちさせます。

同じように、
加減乗除(足す、引く、掛ける、割る)という四則演算は、
低学年の間に理論で説明しても分かりづらく、
絵や図形で示したほうが納得できるはずです。

だから、小学生の教科書には、
絵やイラストを頻繁に使用してあります。

 

したがって、
小学生の算数の勉強には感覚的な要素を取り入れるべきで、
数字と記号だけをならべた計算式ばかりを見せていては、
できない生徒をどんどん増やしていく結果になりかねません。

例えば九九をおぼえるために暗唱させるのは良いのですが、
ちゃんと縦横に並んだイラストなどを意識させて、
掛け算というのはどういうものかを感覚で理解させましょう。

 

そうはいっても計算の練習問題などは、
ひたすら数字と記号が続いていきます。
このときにどういう勉強方法が相応しいのかといえば、
計算の過程や答えの書き方に注意をするのです。

数字の桁をそろえるとか、
記号の位置が縦にそろえるように書くとか、
そもそも数字や記号を丁寧にきれいに書くとか、
きれいであることを感覚的に好むようにしていきます。

つまり、
計算練習における「手習い」「習字」のようなイメージです。

 

小学生、特に低学年の算数の勉強には、
見た目の形、美しさを意識した、
感覚的な能力を鍛えるような勉強方法が良いのです。

 


 


加賀市の学習指導 こほく寺子屋は…

思考力トレーナーの永江です。

小学生の子供にとって、
家庭で自然に勉強できることはとても大切です。

これを呼んでいる人で小学生のお子さんをお持ちの方は、
家庭学習の時間をうまく作れているでしょうか。

 

私は、石川県の加賀市で、子供向けの学習指導も行っています。

子供の学力を向上させることにおいては、
特に重要なのは低学年のうちの国語と算数の勉強です。

どちらも、
ひとつのルールをおぼえていくことで、
無限にありえる問題を解決していく能力を身につけられます。

 

とくに算数は分かりやすいでしょう。
足し算、引き算のルールをおぼえた後に出される問題は、
桁数を気にしなければ、その可能性は無限にあります。
解答をおぼえておくことは有効ではありません。

九九をおぼえることや、面積の公式などを記憶しておくことも必要ですが、
これらはあまり多くはありません。

どれを使えばいいのか選び出し、
適切なルールを当てはめることで解答が得られます。

 

その能力を養うために有効な事が実は家庭の中にあって、
ちょっとした会話の中でいろいろな質問を投げかけて
普遍的なパターンと応用に気づいていかせることで、
学校での勉強にも役立つアタマの使い方が身につきます。

 

本当は家庭学習だけで小学校の間は十分なはずですが、
共働きで忙しい家庭も多いので、なかなか難しいのも事実です。

だから、学習塾のような施設が必要になってきます。

 

私が住まう地区はとても田舎な方なので、
人口が少ない分だけ、学習塾の類もあまりありません。

こほく寺子屋は、専業の事業ではないので、
やたらと生徒を増やす必要がなく、ほとんど個別の指導形式で、
じっくりと丁寧に、その子に合った指導をしていきます。

 

なるべく家の近くで、
なるべく自然な学習習慣を身につける。
それも、できるだけ楽しい時間として。

そういう指導を心がけています。

 

学習指導についての詳細は以下のリンク先で紹介しています。
石川県加賀市の学習指導 こほく寺子屋

地区会館の和室を利用しての教室です。

 


 


ニュートン算

りんごオフィスまなぶきでは、
さまざまな方にアタマの使い方をお伝えしたいと思っています。

そんな中で、いわゆるアタマの体操のようなもののネタを探したりしますが、
ちょくちょくお世話になっているサイトで見つけたのがニュートン算

 

詳しくは下記のページをご覧ください。
学びの場.com ニュートン算(基礎編)


簡単に言うと、同時に減ったり増えたりするものが
一定の値に達するまでにかかる時間などを求める計算方法です。
このページにある問題がなかなかほどよいアタマの体操になります。

 

明日からお仕事再開のみなさん、準備はいいですか?