言い訳の多い人

逃げる何かをお伝えする仕事の中で、
「こういうコトを、こういう風にやってくださいね」と指導することがあります。

すると、
ときどき、聞いていらっしゃる人の中にこういう発言をする方が現れます。

「しかし、先生、 あの~・・・」
そして、
主張の要点を得ない話が続きます。

 

要点を得ない物言いなのですが、
こちらは、言いたいこと心理状態に気づいています。

 

すなわち、
「こうやってくださいね」と私が言った内容に対して、
実行する自信がないんですね。

 

そして、なんとか逃れよう、許してもらおうと、言い訳がクチをつきます。

 

さらにいうと、
実行する自信とともに、
言い訳を論理的に納得させる自信も無いんですね。

だから、あれこれと思いつきで言い訳を並べて
主張の要点がわからない話になってしまいます。

 

自信がないのはしょうがないです。
でも、出来ないからこそ「やってください」と言っているんです。
私の仕事は教育や訓練ですから。

言い訳しないで、まずはチャレンジしてみましょうね。
それが昨日よりちょっと成長した今日の自分につながります。

 

 

一緒に成長する

人に何かを伝えるお仕事をしています。
もっている最大限をお伝えするように努力しています。

一方で、
訓練やセミナーの受講生の方から教えられることも多いです。

尊敬できる努力家
感心させられる考え方を持っている人
自分が持っていない知識や知恵を持っている人
すばらしいアイデアを提供してくれる人
考え方のヒントをくれる人

 

そういう人たちと触れ合うことで、
お伝えしているこちらも一緒に成長しているんだと思います。