マインドマップとフレームワーク思考

思考力トレーナーの永江です。

みなさんはフレームワーク思考をご存知でしょうか。
いろんな物事について考えるときの枠組みになるヒントです。

主にビジネスシーンで活用できるフレームが知られています。

例えば「SWOT分析」や「3C」などのフレームを使えば、
漏れがないように組織や個人の状況を分析することが出来て便利です。

どんなフレームがあるのか、どのような場面で活用できるのかは、
ネットで調べたり書籍で学んだりすることが出来ます。
ここではフレームワーク思考を使うときに
可視化するための「描き方」について考えます。

 

フレームワーク思考を使って情報を集めたり考えたりするとき、
多くの場合で、紙やホワイトボードなどに枠を用意して書き出します。
まさに「フレーム=枠」を活用するわけです。

SWOT分析の場合だと、田の字型に4つの枠を設けることが多いですし、
3Cだと3つの大きな楕円を描くことが多いように思います。

この描き方でももちろんフレームを活用できるのですが、
描き方としてはマインドマップを使うのが私のオススメです。

 

マインドマップを使う場合は、
中心から最初に伸びるメインブランチがフレームの枠になります。

あとは自由に枝を伸ばすことが出来るので、
あらかじめ四角や楕円で枠が用意されているよりも、
思考が自由で柔軟になると考えています。

3つ、あるいは4つという予め設定された枠があると、
その枠いっぱいに書きだしたときに安心してしまうこともあるように思います。

 

フレームワーク思考を活用されているみなさん、
もしまだであれば、ぜひマインドマップで描いてみてください。

マインドマップでSWOT分析

 


 


ロジカル・シンキング基本中の基本「モレなく」

おはようございます。
思考力トレーナーの永江です。

私が主宰を務めている【デキる塾】シリーズには
基本となるメソッド(考える方法)があります。
そのいちばん最初にある「あつめる思考」は
モレなく情報を集めて、思考のテーブルに並べようというものです。

この「モレなく」という言葉は
ロジカル・シンキングの分野などで使われるMECEから来ています。

ロジカル・シンキング(論理的思考)は、
社会の中で効率的で効果的な思考と行動をしていくために必要であり、
それはビジネスに限らずふだんの生活でも活かされます。

その中にあるMECEは、
「ミーシー」とか「ミッシー」などと読まれますが、
モレなく、ダブリなく、という意味になります。

複雑なことがらをそのままの状態で考えるのは難しいので、
それに関する情報を細かく集めて整頓していきます。
そのときに、「モレ」があっては不十分な思考になってしまうし、
「ダブリ」があっては非効率な思考になってしまいます。

このうち「ダブリ」についてはそれに気づけるような工夫をします。
例えば情報が一覧になっていれば気づきやすいです。
しかし「モレ」については注意が必要で、
漏れているものは見えないので気づきにくいのです。

「モレ」に気づいた瞬間にそれは「モレ」ではなくなるので、
漏れているものは気づいていないものになります。
気づいていないものを無くしていこうというのが「モレなく」なので、
これは注意しなくてはいけません。

常に「モレがないか?」とチェックする心構え。
これがロジカル・シンキングのスタートラインになります。

モレなく

 


 


思考するためには情報収集を

思考力はいろんな場面で必要です。

思考力

 

私が住んでいる加賀市では今日が選挙投開票日です。
市長選と市議会選が同時に行われています。

どの人に投票しようかな、といろいろ考えるわけですが、
考えるためには元になる情報が必要です。
候補者の為人(ひととなり)
掲げるビジョンや制作
支持する団体などの理念
などなど。

正直にいってしまえば、
すべての情報を網羅するのは不可能に近いとは思いますが、
それでも少しでも多くの情報を元に真剣に考えたいですね。

そして、
投票行動にかぎらず「考える」ということの元には
情報が必要になってきます。
必要な情報を正確に集めることも思考力の向上には必要です。

 

さて、毎月最終日曜の【デキる塾】ですが、
今回はいつにも増して、たくさんのお申し込みを早くからいただいています。
スペースには限りがあります。
レイアウトを工夫して出来るだけ多くご参加いただけるよう工夫をしますが、
お申込み多数の場合には事前に締め切ることもございます。
予めご了承いただければ幸いです。

デキる塾の詳細とお申込み