不完全な存在である我々だからこそ、最後まで諦める必要がない

人材育成コンサルタントで
思考力トレーナーの永江です。

私たちは、
どうしたって不完全な人間です。

完全に良い施策を思いつくのは難しいし、
何かの作戦を思いついても、
それは、
その時点で比較的に良いとしか言えないわけです。

でも、
だからこそ、
逆説的に言えることがあります。

それは、
ギリギリまで諦めずに
最後まで良策を考えることに意義があるということです。

完全な存在ではない。
完璧な存在ではない。

だから、
ある時点で思いついている施策が
それで最高のものとは限りません。

ということは、
もし時間的な期限にまだ到達していないならば、
最後の最後まで考え続けたら、
最後の最後のタイミングで
今よりもっと良い施策を思いつくかもしれない、
と言えるわけです。

実際に、私たちが直面する課題には
それを解決するための施策に期限があります。

やっぱり、その期限までに
最高の策を思いつかないかもしれません。

でも、それは、そのタイミングになるまで分からないし、
タイミングが訪れても分からないかもしれません。

でも、
最後まで考え続けることに価値が無いとは、
少なくともその時点までは、言えないはずです。

私たちは、完全で完璧な存在ではない。

だからこそ、
最後の最後まで
諦める必要がないんです。

論理的思考の敵は「思い込み」

思考力トレーナーの永江です。
論理的な思考をするときに、敵となるのは「思い込み」です。

思い込みのいろいろ

まず、「思い込み」にはいろいろなパターンがあることを書いておきます。認知療法の勉強などをされた人はご存知かと思います。

たとえば物事の一部分だけを情報として受け取り、そこから非論理的に全体についての判断をしてしまうことがあります。全体のことを考えるときに使っているのが先入観であったり決めつけであったりし、過度の一般化や過大評価につながります。逆に、過小評価をすることも思い込みの1パターンとしてあるし、無理矢理に白か黒かといったステレオタイプに分類しようとすることもあります。

「思い込み」となる思考には、感情や感覚が不用意に入り込んでいると私は思います。本来なら論理的にとらえるのが良い事柄であっても、感覚で「こうだよね」と決めつける。その感覚が理論に裏打ちされたものなら良いですが、そこまでに達するにはその分野の経験を豊富に積まないといけません。

思い込みを排除するには

おそらく人が自然に身につけているのが「思い込む」という能力です。だからそれを排除するのはラクではないのですが、できないことではありません。それにはまず、「自分のこの考えは、思い込みではないのか」と疑うように注意することから始めましょう。定義や定理ではない事柄については、まず思い込みに注意をするように心がけます。

そして、思い込みに陥らないためには、なるべくたくさんの情報を集めて、それらの全てに対して平等に接し、事実だけを、淡々と、受け取るようにしましょう。思い込みをもった状態は、情報の一つ一つを平等に扱わずに、非論理的に勝手に評価をしてから受け取ってしまいます。これをしないようにして、ある意味では機械のように情報に接します。

「べき論」に注意する

「◯◯はこうあるべき」「△△はこうでなくてはならない」というような「べき論」は思い込みであることが多いです。世の中はとても複雑であって、そうでない場合でも成立するのに、こうであるべきだと他を否定するのは正しいことではありません。結果的に自分の選択肢を少なくしてしまい、求める結果が得られないことにも繋がります。論理的な思考のためにも、「べき論」には注意しましょう。

敵をやっつける武器は「冷静さ」

本当に論理的に思考をする人は、傍で見ているとすごく冷静に見えます。ときには冷淡に見えることもあるかもしれません。それはおそらく、論理的思考の敵である「思い込み」が感情から生まれたものであって、熱を伴うからかもしれません。その熱を持っていないから冷静あるいは冷淡に見えます。

これは別に悪いことではなくて、ロジカルに考えるのがふさわしい場面で冷静さが求められるのは、ほとんど異論の出ないところだと思います。やっぱり、ロジカルシンキング=論理的な思考に必要なのは冷静さであって、「思い込み」という敵をやっつけるための武器になるものだと思います。

 

自社の人材育成レベルチェック(簡易版)

 
 

人材に関する問題や、考えることの課題を解決するためのメールマガジン

 

 

オフィスまなぶきへのご連絡は、お問い合わせフォームからお願いします。
オフィスまなぶきお問い合わせフォームはこちら




経営する人と「占い」とのつきあい方について 〜 判断のためにもうひとつの軸を持つ

思考力トレーナーの永江です。
私は占いをちょくちょく見ます。テレビでやっている「◯◯うらない」とか、雑誌に掲載されている星座のものとか、特に何を、というわけではなく、いろいろなものを見ます。

占いを盲目的に信じるのは危うい

いろいろな占いを見ていますが、言われていることをそのまま信じたりはしていません。まず、ふつうに考えて非科学的ですし、当たる人もいれば当たらない人も居るだろうと思えますからね。そんなものを本気で信じてるとしたらやめたほうが良いし、盲目的に信じてしまうのは本当に危ういと思います。だから、知り合いの人が占い師さんの言うことをベッタリと信用してたりすると心配になるわけです。

他に判断の軸がなくて、どっちに転んでも大差ないなら占いで

では、なぜ占いをよく見ているかというと、他に判断の軸や基準がないときに、「えいや!」と決める材料にするために見ています。たとえば、昼食にラーメンが食べたければ食べますが、ラーメンとカレーとで迷っているとします。本当にどっちでも良いという状況なら、朝のテレビの占いでラッキーカラーが「黄」だったからカレーにする。それくらいのレベルです。

経営者の人でもけっこう占いを活用している人がいらっしゃいます。これも、占いに頼って経営をしているというよりは、いろいろロジカルに考えた結果として、もう、どっちに転んでも期待値に違いはないと考えられるときに「えいや!」と決める材料にしていらっしゃるようです。もちろん結果の違いはあるかもしれませんが、それはパラレルワールドの話になってしまうので分かりません。

論理のほかに、もうひとつの軸を持つ

経営や運営という事柄は、基本的には論理をもって分析や判断をするべきです。論理こそが万人にとっての「共通言語」ですから。でも、実際の世界はとても複雑で、どう考えても判断つきかねることがあります。あるいは、時間の制限があってこれ以上は考えることができないということもあるかもしれません。そういうときに判断の材料とするために、もうひとつの軸を持っていると良い場面があります。

もうひとつの軸は占いとはかぎらないです。たとえば信頼できる参謀。座右の銘としている言葉。メンターの意見。名著にある言葉。さまざまです。占いもそのひとつ。基本的には論理で考えて進めるのですが、ほかにもうひとつの軸を持っていると行動しやすくなったりします。


 



思考を上手にするための3要素

思考力トレーナーの永江です。
自分のアタマでちゃんと考えられる人を増やしたい!

ということで、思考を上手にするための3要素についてお話をします。

考えようとする意思

まず最初に必要なのは、意思です。自分でちゃんと、しっかりと、自分のアタマで考えようとする気持ちです。これが無い人は、分からないことがあったり難しい問いに出会ったりすると、すぐに人を頼ります。それはそれで可愛らしく感じるシーンもあるのですが、少なくとも「考えられるよう」にはなっていきません。まず意思を持つことから始まります。

考えるための基礎となる知識

次に必要なものは考えるための基礎となる知識です。たとえば、「数」というものについて考える数学の世界では、最低限の数の定義と仕組み、そして演算のルールなどを知らないと前に進めません。だから、数学を学ぶための入口として、小学校で算数を習います。そこには数学的なことを考える基礎となる知識を身につけ、少しずつ考えることを進めていきます。

基礎となる知識が必要なのは経営やマーケティングなどについても同じです。たとえば最低限の会計のルールを知らないと、企業経営を正しく思考することはできません。単なるお金の四則演算ではないということを、ちゃんとやっている人なら知っています。おおよそなんの分野であっても基礎の知識は必要となるので、これがあってから3つめの要素を使っていくことになります。

うまく考えるための技術

3つめの要素が、いわゆる「思考法」などのエリアになってくると思います。上手に脳みそを働かせて、効率よく、問題解決に近づくための思考技術です。技術のためには道具がセットになっていることもあって、フレームワーク思考などはそれに該当すると思います。どれほど上質な素材であっても技術が稚拙だと悲しい結果になりなるので、やはり思考の技術も持っているのが良いのです。

 

単に技術だけを学んでも、基本的なことを知らないと、おかしな思考になってしまいます。そして、意思がなければそもそも考えようともしません。意思があり、知識がある状態で、技術を駆使する。そうすると、上手な思考ができるようになります。

 


 



何かを得ようとするなら、何かについての覚悟が必要になる

思考力トレーナーの永江です。
今日のお話は、「覚悟も持たずに◯◯するな」というテーマでお送りします。
ただし、ほんのひとにぎりの「天才」のある人は該当しないかもしれません。

覚悟という言葉の定義

まず「覚悟」という言葉の定義を確認しておきます。言葉の定義、というか、言葉から感じるニュアンスは人によって異なり、そこにズレがあると話の内容もズレた受け取られ方をしますので。

この記事でいう「覚悟」とは、「もしかしたら不利益または不快であると予想される事柄を、あらかじめ知っておいて、受け入れること」とします。ジュースを買ったらお金が減るけど、今はジュースを飲みたいから、お金が減ることをあらかじめ分かったうえで受け入れる。これは、お金が減るということに対しての覚悟を持っているということです。

ちゃんと努力をする覚悟

ネットの記事で見かけたので真偽は未確認ですが、卓球の水谷選手がおっしゃっていたそうです。「どうしたら卓球がうまくなりますか」という質問をされるのがイヤだと。おそらく、この質問をされるのがイヤになる経緯があったのでしょうね。何度も何度も訊かれたんだと思います。そして、その質問の裏にある真意が「簡単に卓球が上手になるコツを教えてよ」ということにあると気づいたんでしょうね。そして、そんな近道なんて無いということをご自身が知っていらっしゃるので、その質問がイヤになっていったんだと推察します。

私はパソコンのキーボードでのタイピングが人より速いです。もちろん私よりさらに速い人もたくさん居ますが、平均よりは随分と速いという自信があります。だからたまに訊かれるんですね。「どうやったら速くタイピングができるようになりますか?」と。いちおうコツ(?)として指使いを自己流にせずセオリーどおりにやるというのがありますが、それより大切なのは、セオリーを守ったうえですごくたくさん練習することです。簡単にできるようになるコツなんてなくて、とにかくたくさん練習するしかありません。それがイヤなら、タイピングが速くなることは諦めるしかありません。

何かについて上手になるには、そのための努力をたくさんする覚悟が必要です。考え方はシンプルであっても、その道は決してイージーではありません。ちゃんとしっかりと努力する覚悟がないなら、それほど上手にはなれないということを知っておきましょう。

なにかを捨てる覚悟

我々のような凡人=普通の人は、いろいろな制約の中で行きています。時間は有限だし、能力面で出来ることは限られているし、なんでも自由にできるわけではありません。あ、お金も限りありますよね。そうすると、今の生活を変えて新しい何かを得ようと思ったら、捨てる覚悟が必要になります。

たとえば、フルタイムで働くサラリーマン。さらに残業もして忙しいです。でも、その分だけ給料は良いとします。自由に使える時間がほしい。もっと休息をしっかりとりたい。そうするためには、働く時間を減らすことが必要で、残業代が減るとか、転職をして給料が下がるとか、覚悟をしないといけないかもしれません。逆に年収アップの転職をしようと、資格やその他の勉強をするのもいいですが、そのためには一時的にさらに寝る時間を削ってでも勉強するという覚悟が必要だったりもします。ゆっくりした将来の時間を得るために一時的であっても何かを捨てる覚悟ですね。収入を捨てるか、一時的な時間を捨てるか。

たとえば、専業主婦の人。あるときふと参加したセミナーに参加して、素敵な講師の先生にあこがれを持った。私も同じようになりたい!でも、その先生に相談したら、SNSで顔出しをしたほうがいいと言われた。私はネットに顔出しなんてしたくない。今までの平穏な生活を維持したまま、先生のようにあこがれられる存在になりたい……。
ネットにおける顔出し効果の大小は置いておいて、人前に出る仕事がしたいのに、顔が広まるのはイヤだとか、おそらく両立しませんよね。片方を諦めるしかありません。

プロが持つべき責任と覚悟

趣味でやっている卓球やパソコンならば、覚悟がなくて、それで諦めるのもいいと思います。でも、プロとしてお金をもらう以上は諦めたらいけないことがあるはずです。それは、仕事によって違ってくるけど、少なくとも労働集約型のお仕事をしているのであれば、自分の時間を差し出す覚悟は必要ですよね。サラリーマンならなおさらです。たとえば私たちのような仕事であれば対人的な覚悟がいろいろと必要です。100%ではないとしても、相手の都合にあるていどは合わせる覚悟。お伝えすることに関して勉強や学習をする覚悟。場にふさわしい服装を整える覚悟。マルエーで買い物をしているときに「◯◯先生!」と声をかけられる覚悟、とか。

お金をいただいてやる以上は、そこに責任がともないます。少なくともいただくお金と等価の価値を相手に提供する義務が発生します。そのことを受け入れるというのもある意味ではひとつの覚悟といえるでしょう。「わたし、そこまで出来ないわ」というのであれば、お金をいただくのをやめて、プロの舞台には上がらないようにすべきです。

物事には陰陽のバランスがあるのです

タイピングが速くなるために私と同じだけの努力が必要とはかぎりません。顔出しをしなくても人気講師になれる方法もおそらくはあるでしょう。でも、今とちがう自分になるとか、今は持っていない何かを持つようようなるとか、何がしかの変化を求めるのであれば、その分、別のところで何かの変化を生みます。物事には陰と陽があって、それは必ずしも悪いことと良いこととの対比ではないかもしれないけれども、他をまったく変えずに、欲しいところだけ変えるというのは普通は無理なんだと思います。だから、何かがどうかなる覚悟は、それがなければ諦めるしかないということはあるのだろうなと思います。

あっちを立てると、こっちが立たない。もどかしいけど、世の中は、何かのプラスと、別の何かのマイナスで成り立っているのです。

 


 



細かな部分のことを考えながら、全体も見る

思考力トレーナーの永江です。
あることについて考えているとき、集中していると、逆にそのことだけしか見えなくなっていないでしょうか。

たとえば自動車を運転しているときに……

たとえば自動車の運転をしていて、少しさきに横断歩道があるとします。とうぜん、横断歩道を誰かが渡ろうとしないかと注意します。でも、横断歩道に注意をしながらも、それ以外の場所にも気を配らなくてはいけません。何かの物陰、交差点、路地がないか、道路標識など視界に入るものすべて、さらにいえば、視界に入っていないものにも「かもしれない運転」で注意するのが理想です。

自動車を運転するときに、想定される危険はさまざまなところにあります。また、窓の外だけでなく、車内にあるメーター類にも目を向けなくてはいけません。つまり、何かひとつのことに集中してしまうのは危険だということです。「運転に集中しよう」という言い方をしたりもしますが、「運転する」ということを全体的にみてみたら、何かに集中するのは良くないです。

アリさんの目、トリさんの目

思考の視点をどう持つかということで、アリさんの目、トリさんの目、というような話をよく聞きます。私も社員研修などを担当させていただくときに話すことがあります。アリさんの目は対象のすぐ近くにあって、細かく詳細に対象のことを捉えます。一方のトリさんの目は遠くから全体を俯瞰して眺めます。アリさんは物事の一部しか見えないけれど細かいことまで分かり、トリさんは細かいことは分からなくても全体の中でその一部がどうであるのかを分かります。

視点のこの話はどちらが良いとかいうことではありません。いずれの持っていて、適宜に使い分けるのが良いということです。考えるべき対象の詳細を知ることも必要だし、全体の中でそれがどうあるのかということも考えなくてはいけないのです。アリさんの目で見る、次の瞬間にトリさんの目に切り替える。行ったり来たりしながら考えられるようにしましょう。

リアルに描かれたウサギの絵

私が高校生くらいのときに、ある新聞の記事があり、その切り抜きを長く財布に入れていました。その記事は、あるリアルなウサギの絵を紹介するものです。とにかくリアルに描かれたウサギは、毛の一本一本に至るまで細かく描写されています。もちろん毛のほかにも、ウサギのまわりの地面などもたいへんリアルに細かく描いてあります。でも、その絵がウサギの絵として成立するには、細かい描写だけではダメで、全体としてしっかりと躍動感あるウサギになっているわけです。細かい部分についてしっかり丁寧に描かれていることと、全体としてバッチリとウサギであるということ、その両方があってリアルなウサギの絵が成立している。「両立が重要」ということを主張した記事であったと記憶しています。

 

細かい部分について考えることも大切です。でも、同時に全体のことも大切です。局所を見ていると、それが素晴らしくうまくいっていると思っても、全体の中では何かバランスが悪いこともあります。私たちがなにか事にあたるとき、細かな部分のことを考えながら、全体も見るという視点を持っているようにしましょうね。

 


 



考える余地や 工夫の余白

思考力トレーナーの永江です。
子どもが発明したというものをテレビ番組で紹介していました。いくつか紹介されていましたが、どれもすごく考えられていて素晴らしい。

今あるものをもっと良くしたいという思いがきっかけ

ある発明では、もともと世の中に存在していて、広くみんなのまわりにあるもを改良してよりよいものに変えていました。まず、今あるものに着目し、みんなが「そういうものだよね」と思っていることに対して「もっと良く」と考える思考が素晴らしいと思います。そして、「もっと良く」と考えたときに、どうしたら良くなるのかを徹底的に研究したようです。時間をかけて、あきらめずに、いろいろな工夫や、他からヒントを得たアイデアを組み合わせて、とても素晴らしい発明品を作っていました。

常に工夫を考えて、ちょっとした発明をいくつも

また別の発明をした子は、これまでにいくつもの発明をしてきたということでした。その発明はどれもちょっとしたもので、生活の中で本当にちょっとした便利さを生むものです。おそらく多くの人にとっては必要なくて、それがなくてもなんとかなるものです。でも、自分の暮らしの中で常に工夫を考えて、自分の身の回りがちょっと良くなるというものです。ここでは、常に工夫を考えているという思考の継続性に感心させられました。

「こんなものだよね」と諦めないことの大切さ

大人になってくるといろいろなものを見聞きしてきます。だから、「これは、こんなものだよね」という諦めの思いを持つことはたくさんあります。でも、この番組を観ていて思ったのは、何からの考える余地や工夫の余白は無くならないということです。もちろん、その工夫をしている間に次のことをしてしまったほうが良い場合もあります。スピードも人生の中では考慮すべき要素ですから。でも、ただ単に「こんなものだよね」と諦めるのではなく、考える余地や工夫の余白はきっとあるという意識は持っていると良さそうに感じています。

 


 



セミナーや説明文章における「嘘も方便」

思考力トレーナーの永江です。
私はセミナーの中で、あるいは何かを説明する文章の中で「事例」を挙げることがあります。

事例によって具体的なイメージを持ってもらえる

ざっくりいうと、何かを説明するときには全体のまとめを伝え、そのあとで具体的なことを伝えると伝わりやすいです。たとえば……、

僕の宝物は家族です。家族はお父さんとお母さんとお兄ちゃんです。お父さんは◯◯をしていて、……

こういう構成の文章だと伝わりやすいです。だから、私のセミナーでのお話や、何かを説明する文章では、これから話す内容の要約を先に伝え、そのあとでだんだん内容を細かくしていき、いちばんに具体的なことを伝えるときに「事例」を紹介したりします。要約としてまとめた言葉は普遍的な意味を持ちますが、具体的な事例があると実際のイメージがリアルに持てます。抽象的な要約と、具体的な事例の、両方があるとよいので事例を使ってお話をします。

かならずしも、事例は事実でなくてもよい

具体的なイメージを持ってもらうのが事例の目的であれば、その目的を達成するためにはかならずしも本当の事実である必要はありません。事例が事実であるかどうかなんて相手には分からないことが多いし、本当に伝えるべきことが抽象的な普遍性の部分であれば具体例はイメージを持ってもらうための手段にすぎません。だからその場の創作でもなんら問題はありません。

この話をある人にしたときに「でも、やっぱり、嘘はよくない」と入れました。事実でないものは嘘になるんですね。おそらくこの人は、何が目的で何がそのための手段なのか切り分けができていないと思います。そのときに達成すべきものは何なのかと考えるとわかるはずだと思うのですが……。

 

「嘘も方便」というと、悪い事のいいわけをしているみたいに受け取る人もいるかもしれません。でも、そもそもぜんぜん悪いことはしていないのです。伝えるべきことを伝えるために、いろいろな手段を使う。そのうちの1つにすぎません。

 


 



シンプルであってもイージーではない

思考力トレーナーの永江です。
セミナー等を開催すると、あるいは開催されているほかのセミナーを拝見して感じること。

イージーを求めてセミナーを渡り歩く

私もたまに見かけるし、同じようにセミナー講師をやっている人からも話をききます。「セミナー・ジプシー」と呼ばれる人たち。いろいろなセミナーを受講して、「なるほど、そうか」「勉強になった」と思って、でも、また別のセミナーに参加する。そして「◯◯だけで△△できる!」という謳い文句に誘われてまた別のセミナーを探していく。で、けっきょく、何も自分の中で変化を起こせずに、とりあえず「学んだ!」という気持ちになるだけでなんとなく満足したような気になっておわり。

こういう人たちって、「簡単に△△ができるようになりたい」と思っていて、その「簡単」というのをイージー(easy)という意味でとらえているんですね。でも、できない何かをできるようになるのに、イージーに済ませられることなんてまずありえないです。

シンプルという意味の簡単さならありえる

でも、一方で、シンプル(simple)という意味での簡単さで何かができるようになるのはありえます。たとえば、私は食事制限をする「だけで」他の生活習慣を変えずにダイエットしました。あるいは、私の生徒さんは、毎日かならずSNSに投稿しつづける「だけで」起業当初のスタートダッシュに成功しました。また、毎日ぜったいに数学の学習時間を1時間以上これまでより増やすという「だけで」成績をアップさせた塾生さんもいます。やっていることは非常にシンプルです。

これらの取り組みはシンプルなので、そういう意味で「簡単」といってもいいかもしれません。一回一回のどれをとっても、別にその人にとっての難しいことをやっていません。やろうと思ったら絶対にできることです。それをきっちり続けることで効果をあげています。そういう意味での簡単さであれば、自分のなかでのなにか大きな変化を起こすこともじゅうぶんに可能です。

魔法みたいにパッと変化を得られるはずがない

セミナー・ジプシーの人たちは、怠け者です。魔法のように、あるとき、あることを知っただけで、パッと突然に素晴らしい自分になれると期待しています。そんなこと絶対にないです。自分が今までも自分とかわって、何か変化を得た存在になるには、やっぱり普通は努力や工夫や、そして継続が必要です。何かの道具を得て急にうまくできるようになることはあっても、でも、その道具も上手に使えるようになるには練習や勉強が必要だったりもします。甘えていないで、ちゃんとしっかり勉強し、工夫し、それを継続して、自分に変化を起こしましょう。

 


 



「波に乗る」ということ

思考力トレーナーの永江です。
思考力がどうこうとか、自分で考えられるようにとか、偉そうなことを言っていますが、「カン」に頼ったほうがいいこともあったりします。

たとえば「モテ期」というものについて

世の中には「モテ期」という言葉があります。人生のなかで何回かあるそうで、理由がわからないけど、たまたま異性にモテる時期です。思い返せば私にも何回かあって、わけがわからないけど女性からアプローチを同時期に複数から受けました。こういうときにどうするか。なぜモテているのか考えてもわからない。どう対応をするのがいいか考えても考える材料が思い当たらない。けっきょく、「カン」にたよって反応します。

世の中で「モテ期」という言葉が使われるときも同様に、なんだかわからないけどモテている、という文脈で使われているようです。つまり、理由が明確にはわからないということです。だから対応についても論理的に考えることができずに、「えいや!」とカンで動くことになります。なんとなくアプローチを受ける。勢いに任せてつきあうことにする。良くも悪くも論理的ではない対応をします。

突然に訪れる人生の転機

これも私自身のことですが、人生の転機といえる岐路が何回かありました。そのたびにどうするかの判断をしています。でも、自分のまわりにある環境がどうしてそうなっているのか分からないんです。さっぱりわかりません。だから、モテ期のときと同様に「カン」にまかせて人生の選択をしてきました。

もちろん、大切な大切な自分の人生のことですから、時間をかけて考えはします。でも、論理的考えるには材料が不十分です。だから、とても大切なことであっても「えいや!」と腹をくくって「カン」を頼って判断するわけです。それが良い判断だったのか悪い判断だったのかはわかりません。「きっと良い判断だったのだ」と思うことくらいしか後からは出来ません。とりあえず今のところはひどく悪い判断はなかったように思います。

自分では作れない波に乗る

「波に乗る」というときの「波」は、自分ではどうしようもない周辺状況の変化の中で、自分にとって良いものだと言えます。でも、状況が怒ったときに、それが良いものか悪いものかを論理的には判断できないこともあります。そのときは「えいや!」とカンだよりで判断するしかありません。

とはいえ、一生かかってもその「波」を読める(=良いか悪いか判断できる)ようにならないかというと、けっこう経験値で出来るようになるように思っています。「カン」が鋭くなるという言い方もできるかもしれません。論理的に冷静に判断できなくて、カンに頼っていくしかないこともありますが、いざというそのときのために、そのカンを磨いておくように意識をしておくことは大切なのかもしれません。波は自分で作ることができないけれども、良い波ならばぜひ乗っておきたいですからね。