簿記検定は就職に有利なのかどうなのか

思考力トレーナーの永江です。

私は職業訓練の講師もやっているので、
就職活動のための資格や検定についても相談を受けることがあります。
やりたい仕事のためにはどんな資格が必要なのか、
どんな検定を取得していれば就職に有利となるのか、など。

 

メジャーな検定としては簿記がよく知られています。
社会人が受けるとしたら日商の検定が一般的でしょうか。
よく知られているので、受けてみよう、取得しようと考える人も多く、
これが就職に役立つかどうかは、本当によく訊かれます。

結論を言ってしまえば、「行きたい会社による」です。
業種業態や職種によるんじゃなくて、会社によるんですよね。
もちろん、職種として経理関係には大いに関係性がありますが、
それも有利になるかどうかは会社によります。

 

そもそも、
どんな業種や職種にも通用するオールマイティな資格や検定はありません。
だから、簿記検定で級を持っているからといって
直接的にどんな就職先に対しても有利になるわけではないのです。

また、
やりたいことや、行きたい企業が明確になってもいないのに、
「万能」のパスとしての資格や検定を求めるのも順序が違うように思います。
まず先にやりたいことや目指す自分像があって、
それを実現するのに必要であれば資格や検定にチャレンジするのが
本来の正しい道筋なのではないでしょうか。

 

とはいえ、
確率論としては、簿記検定の級が有利になる可能性は高いです。
なぜならば、どんな会社組織であっても「会計」からは逃れられず、
知識を持っていることによって組織に貢献できる可能性が上がるからです。

また、簿記の勉強をしてみると分かるのですが、
ふだんの正確の中で考えているお金の概念と企業会計の考え方は、
微妙な違いがあります。
家計簿との相違といってもいいかもしれません。

その違いを、検定のための勉強の中で経験しているはずなので、
級を持っている人は、そうでない人よりも役に立つと、
採用担当者が考えたとしても不思議はありません。

 

ところで、日商の簿記検定には1~4までの級があります。
学生さんを含めて受検者数が多いのは3級だそうです。
就職のためにと考えるとならば、どこまでの級を目指すとよいのか、
これはちょっと悩ましい判断かもしれませんね。

私の経験からいうと、
出来るならば2級までチャレンジしてもらいたいと考えています。
2級の勉強をすると、「工業簿記」というものに触れることになります。
この「工業簿記」というのは、別に「工業」に携わる人だけに必要なものではなく、
「原価の計算」の考え方を学ぶ機会になってくれます。
その考え方はサービス業であっても活かせるものですから、
理解していて損のない知識といえるでしょう。

 

繰り返しますが、
簿記の検定を取得していることが就職に有利になるかどうかは、
あなたが行きたいと思っている会社によります。
けれども、簿記の検定対策で勉強する内容は、
企業というものを理解するために有効な武器になるものです。
そして、さらに、
単に検定の合格証を受け取るためだけでなく、
それを使うとどういうことが理解できるのかということを
強く意識して勉強することをお勧めします。
そうすれば、検定料やテキスト代の何倍ものリターンを得られるでしょう。

 

3級であれば、市販のテキストと問題集で十分に対応できます。
2級でも、しっかり勉強する時間を確保すれば、人に教わらなくても大丈夫です。
ただ、上手に教えてくれる人に教えてもらうと時間短縮にはなりますので、
財布の中身とスケジュールを見比べて検討するのがいいでしょうね。

就職活動に活かせるかどうかはあなたしだいですが、
チャレンジしてみる価値はあると思います。

 

簿記の分かりやすい検定対策テキストをご紹介しておきます。

スッキリわかる 日商簿記3級 第6版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第7版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 第4版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

 


 


数学は「数」だけじゃなく「図形」も扱う

思考力トレーナーの永江です。

石川県の加賀市というところで、小中学生の学習指導を行っています。
近所の地区会館という施設の一室をお借りしての、
個別指導の学習塾のようなことをやっているのです。

特に私が力を入れて教えているのは算数・数学と国語ですが、
今日はこのなかで「数学」についての雑記を少し綴ってみます。

 

数学という名前、あるいは算数という名前ですが、
必ずしも「数」の概念だけを扱っているわけじゃないんですよね。
分かりやすく言うと「図形」つまり「形」の概念も扱います。
図形の中にも角度や長さといった「数」が登場しますが、
本来なら「形」とは純粋に「形」としてこの世に存在するのです。
それを、人類みんなが共通の認識として処理していくために
数字を使うことが便利だというだけなんですね。

だから、図形を見て感覚的に思考することも大事です。
多角形の角数が増えれば、その角度の合計が増えるというのは、
計算しなくても感覚的に分かってほしいものです。

相似の概念は、数字を当てはめた理論で説明できなくても、
なんとなく、見たらそう思うような感性も必要だと思います。

 

受験や試験のテクニックでいうと、
図形の問題に示される図は、角度や長さの記述がなくても、
問題どおり、ほとんど正確に描かれている場合がほとんどです。
ということは、感覚的にその図から読み取れることが分かれば、
正解を導いたり、自分の答えが正しいかどうかの確認をしたりするのに
とても有利になるのです。

受験テクニックだけじゃなく、いろんな仕事の実務でも、
理論的に説明できることも大切ですが、
感覚的に納得や理解をするということも必要です。

理論と感性は両方あったほうがいいんですよね。

 

数学のカリキュラムでは、数の計算はもちろんですが、
「形」の概念についても図形の問題などで取り組むようになっています。
この感覚は意外と社会に出てからも有用なので、
ぜひ、楽しみながら取り組んでもらえたらと思っています。

もちろん、子供だけじゃなく、大人もね。

 

加賀市内、小中学生のための学習指導「こほく寺子屋」の詳細はこちら

 


 


金沢市でオープンするコラーニング・スペースについて

思考力トレーナーの永江です。

先日の、コラーニングという考え方という記事で書きましたが、
金沢に新しい形の学びの場がオープンします。
机カフェという名称のそのスペースは、
教育事業を行うパトリさんが運営しています。

コワーキング・スペースと学習塾、
そしてセミナー・イベントなどの会場が一緒になっていて、
子供からお年寄りまでが、お互いに学び合える空間です。

 

本質的な「学び」というものは、
誰がどんな立場であっても双方向に発生しうるものだと思います。
おじいちゃんが孫に教えることもあるし、
孫から学べることもある。

学校の先生は生徒に勉強を教えるけれども、
生徒たちから学ぶことだって大いにあるはずだと思います。
私も、子供たちの学習指導をしている中で勉強になることもあるし、
セミナーの参加者さんから教わることも多いです。

それは、具体的な知識や知恵であることもあるし、
漠然とした心がまえのようなものであることもあります。
どんな形であっても、次の自分を成長させる糧にできますね。

 

コラーニングという考え方は、
オフィスまなぶきとして持っている理念に近いように思います。
一方向ではなく双方向に学びを発生させる取り組み。
人が集まれば集まるほど、そこに生まれる「学ぶ」ということが、
階乗的に増えていくのではないでしょうか。

 

パトリさんのコラーニング・スペースに関する情報は、
『「机カフェ」開設準備日記』で紹介されています。

 

その後に、パトリさんのサイトで
コラーニングスペース『机カフェ』を紹介するページが出来たようです。
こちらもぜひ、ご確認ください。

 


 


数学にセンスは必要なのか

“思考力トレーナーの永江です。

石川県の加賀市で学習塾のようなこともやっています。
近くの地区会館の一室をお借りして「こほく寺子屋」とうたい、学習指導を行っています。

加賀市にはほかにも塾があると思いますが、
どうやら私の住んでいる地域にはあまり十分ではないようです。

 

それはさておき、
ここでは主に数学・算数と国語・作文を教えているのですが、
そのなかでふと「数学にセンスは必要か?」ということを考えます。

 

必要かどうかで結論をいえば数学にセンスは必要です。
ほんとうの意味での数学的センスもそうですが、
特に中学生くらいのころは、学校の授業やテストで出てくる問題に対して
それを頭の中でどう処理するのかというセンスが問われます。

ただ、
センスというとまるで生まれついてのもののように捉えられ、
才能という言葉と同じように理解されるかもしれませんが、
少なくともセンスはトレーニングによって向上できます。

運動能力が低い子供であっても、
わかりやすい指導を受けると見違えるように走るのが上達したりしますね。
数学的なセンスについてもこれと同じようなことがいえます。

 

では、どういうトレーニングが数学的センスに良いのかというと、
いくつかの方法が考えられます。

ひとつには、
家庭内にある数えられるものや量をはかれるものをつかって、
その値が変化することについて話をするのです。
「ここにパンが6個あるけど、お母さんが1つ食べたら何個になるかな?」
といった簡単なものから始めればよいです。
できれば加減計算だけじゃなく乗除の計算も含まれるといいですね。
これは数の概念のセンスにつながります。

 

次に考えられるのは、図形や空間把握のセンスです。
たとえば家の見取り図(間取り図)を描いてみる。
近所の地図を描いてみる。
そういったことをするだけでもセンスは必ず磨かれます。

特に小中学校の算数と数学は、
数と図形が一緒になって教科がつくられているので、
両方をバランスよく鍛えましょう。

 

最後に、
そうはいってもなかなか具体的なことが思いつかないという人は、
学校で指定されている教科書を調べてみましょう。
上で紹介したようなちょっとしたトレーニングのヒントが
実はたくさん書かれています。

教科書は専門家が何人もかかって勉強のために編纂したものです。
書き方が悪いなんていうことはありませんし、
まして社会に出て役に立たないなんてものではありません。
数学や算数が直接的に社会に出てからの役に立たないように思われますが、
思考のセンス、それも数学的なセンスが身につけば、
生きるための考える能力も成長していきます。

ほんのちょっとでいいので、
数学的センスを鍛えるトレーニングを考えてみましょう。”

 


 


中学生の勉強方法 国語その1

思考力トレーナーの永江です。

中学生のお子さんがいて、
その子の成績が勉強時間のわりに伸びないという人は、
ちょっと勉強方法をみなおしてみてはいかがでしょうか。

 

中学生になると、
おぼえるべき漢字の数が一気に増えます。
義務教育の最後になる3年間なので、
中学生の間におぼえた漢字に小学生でおぼえたものを合わせると、
これで、いちおう社会に出て恥ずかしくない状態になる、という設定です。

しかし、
この大量におぼえなくてはいけない漢字の勉強方法が、
相変わらず、何度も同じ字を繰り返して書くという
昔ながらの書き取りドリルが中心になっているように思われます。
これは好ましくありません。

 

中学生というのは、
すでにあるていどの国語力を身につけていて、
自分の頭で文章を組み立てるようになっています。

作文が苦手な子供でも、
普段の会話では大人と同じように日本語を使い、
書くのが苦手なことはあっても、
そもそも言語表現はかなりの能力を身につけているのです。

 

せっかく身につけた言語表現を
国語の勉強に使わないというのはもったいない。

漢字をおぼえるためにも、
積極的に文章という形態を使いましょう。

 

具体的には、
長めの文章のなかでおぼえる漢字を使った文章を読みます。
なるべく音読がいいですが、周囲が気になるのなら無理はしません。
そもそも教科書にはその漢字を使った文章が載っているので、
文章をおぼえてしまうくらいに何度も読みましょう。

さらに、
現代ではインターネットを使って、
その漢字を使った文章を簡単に見つけて来られます。
読み方が復数あるものについてはそれぞれの読み方で、
いろいろなパターンでの使われ方に触れられます。

 

それらをたくさん読んで使い方を理解したならば、
次は自分で文章を考えてその漢字を実際に使ってみます。

より実践的に使っていくために、
たくさんたくさん、作文をしていくのが理想的です。

 

そもそも漢字をおぼえたいのは日本語教育の一環なので、
ちゃんと前後の脈絡のなかで勉強した方がいいのです。

だから、いっぱい読む。
そして、たくさん書く。

 

学校で行われている指導では、
書く機会と書いたものをきちんと評価される機会が少ないので、
なるべく意識して文章を書く時間を設けると良いでしょう。

 


 


小学生の勉強方法 国語

思考力トレーナーの永江です。

普段のコミュニケーションで使われる言語、
日本人なら日本語=国語の読解力がなければ、
他のどんな勉強できません。

したがって、
小学生の勉強のなかで特に重視すべきなのは実は国語です。

 

国語の勉強方法といえば、
漢字の書き取りなどに多くの時間を割かれていたり、
専用のドリルやノートも多く市販されていますが、
いちばんに国語力を上げる勉強方法は、
「声に出して読む」ということです。

 

これは、特に小学生の低学年の間に言えることですが、
成長の度合いによっては、
まだまだ「考える」ということが上手くできない子もいます。

だからこそ、
あまり考える必要のない漢字の読み書きをひたすら覚えさせる
という主張もあるのですが、
それよりも日本語のリズムやパターンを、
感性で身につけさせることの方が後で必ず役に立ちます。

分かりやすい文章、
いわゆる美文といわれるような正しい文章、
そういうものを「音」で何度も体験させるのです。

 

もちろん、
漢字の書き取りも必要です。

でも、
好きな本や物語の中で触れていく方が、
ひたすら前後の脈絡なく書き取りをするよりも
はるかに漢字をおぼえられるし、
いちどおぼえた物を忘れにくくもなります。

これは、ことわざをおぼえる為にも有効で、
何か物語性を持ったストーリーの中で登場することわざが、
ただ単に意味だけをおぼえようとするよりも
はるかに脳に残って記憶として引き出しやすくなります。

 

とにかく、
国語力を上げるのであれば、
きれいで正しい文章をたくさん声に出して読むことです。

ある程度の力がついてきたら、
ちょっと読みにくい文章に挑戦していってもいいと思います。

 


 


「わかった」だけでは勉強にならない

思考力トレーナーの永江です。

これは、子供の学習にも言えることだし、
大人が何かを学ぼうとすることにも言えることでもあります。

誰かの説明を聞いて「わかった」としても、
教科書を読んで「わかった」としても、
それは説明に対して納得できたということに過ぎません。

本当に身になるのは、それを自分で使えたとき。
そして、繰り返して何度も使えるようになったときです。

 

例えば、学校の数学の授業であれば、
先生が教科書や黒板を使って授業をして、
そのあとで、何度も何度も演習問題をしていきます。

ワークブックやドリルの宿題が出されますが、
あれにはちゃんと意味があるのです。

 

だから、私がやっている学習指導でも、
大人向けのセミナーでも、
説明と演習を組み合わせた内容になっています。

 

でも、単発のセミナーや企業内での研修の場合は、
演習や練習の時間が十分ではないんですよね、どうしても。

説明をしたあとの実践は、
参加した人それぞれに任せるしかないのですが、
これは正直に言えば、非常にもどかしく感じるものです。

私が提供しているサービスでいえば、
繰り返し演習の場を提供して実践的に身につく方法は、
学習指導のこほく寺子屋か、
大人向けであればデキる大人の家庭教師のどちらかになります。

 

もちろん、単発のセミナーも意味はあるのですが、
参加した人には、ぜひ、セミナー後も家に帰って、
あるいは仕事の現場において、
何度も繰り返して実践してほしいのです。

 

どんなことをどれくらい繰り返せば身につくのか

思考力トレーナーの永江です。
加賀市で学習指導の塾のような教室を主宰しています。

小学校でも中学校でも
学習・勉強の過程で同じことを繰り返す反復というのは必ずあります。
スポーツの練習でもあります。

これは、とりあえず一度できたことを、
今後も確実にできるようになるために、
脳や筋肉にしっかり記憶させる効果を期待してのことです。

もちろん、期待どおりの効果が実際に確認できますよね。

 

しかし、
たとえば野球のバッターとしての素振りのように、
何も考えずに漫然とブンブンと振り回すよりも、
ちゃんとバットの軌道を考えながら素振りをした方が
より良い結果につながる、ということもあるのではないでしょうか。

 

学習や勉強の場面での反復練習といえば、
思いつくのは、漢字の書き取り、基本的な計算問題の演習、などです。

例えば「永」という漢字の書き取りのときに、
子供が何も考えずに頭の中を空っぽにしてただ繰り返しているよりも、
「なが~い、ながい。てんをうって、カクっ!しゅー…」
などというふうに、
意味や形についての情報を頭の中で思い浮かべながら取り組んだほうが、
しっかりと記憶に役立つ、つまり、学力につながるはずです。

学力という指標を持ち出すと嫌悪感を持つ人もいますが、
どうせやるなら何らかの効果を効率的に得られなければ、
その時間が無駄になるのだから大変です。

 

書き取りでも計算演習でも、
書いた結果が紙の上に残っていきます。

特に問題があるのはこの部分であり、
ぼーっとしながらやっていても
なんだか勉強した気になってしまうということです。

覚えるために書いているのに、
書いたことが目的化して安心してしまう。
これではせっかくの時間がもったいないですね。

 

知識や技術を自分の体や頭に定着させるための反復は、
しっかり考えながら行うようにしましょう。

 

教科の中身だけではなく、
勉強の仕方や学習方法についての指導も行っています。

石川県加賀市の学習指導 こほく寺子屋

生徒さんは随時、募集をしています。

 


 


陽明学から、事上磨練(じじょうまれん)

思考力トレーナーの永江です。

私が行動規範として勉強している陽明学に関する内容です。

「事上磨練」という言葉をご存知でしょうか。
陽明学という教えの中に出てきます。
陽明学は王陽明という人が説いた儒学(儒教)の一派ですが、
それが日本にも伝わってきて、人の行動の規範や道徳として広まりました。

 

【事上磨練】じじょうまれん

王陽明は、
普段の生活にある実践を通じて「良知」を見い出すことを説きました。
「『事』の『上』で『磨』き『練』る」という記述のこの言葉は、
あれやこれやと頭の中で考えることで理想を求めるのではなく、
日々の暮らしの中にある行動によって修練を重ねていこう
という教えを表したものです。

仏教には「作務(さむ)」という言葉があります。
ことさらに肉体に負荷をかけて修行をするのではなく、
炊事や掃除などの日常の仕事をこそ修行とする考え方です。
そういえば、作務衣(さむえ、または、さむい)は日常の作業着ですよね。

だから、目の前にどんなことが起きたとしても、
それは自分が「良知」に至るための修行だと考えられるので、
起きた出来事に対してひたすらに向かっていけば良いのです。

なぜそのような出来事になってしまったのかと考えることも大切ですが、
考えることで立ち止まってしまうようなことなく、
引き続き行動をしていくようにしましょう。

王陽明の話の中には、事上磨練について注意すべき点も語られています。
それは、修行をすることを目的として事に当たるのではなく、
ただ目の前の事に当たる中に修行があるのだ、というものです。

未来を予見できないことは怖くもなんともないが、
いま起きたことを受け止められないのは畏れるべきことだとも言います。
このあたりの考え方は、
近年になって西洋から入ってきた考え方とは違うように感じています。

頭でっかちにならずに、
起きた出来事を淡々と受け止め、
それに当たって、成すべきことを成す。

なるほど、そう考えると、
人を羨む必要なんて全くないことが改めて分かりますし、
寝ても覚めても感謝でいっぱいです。

事上磨練

 

王陽明について興味を持たれた方には、こちらの書籍がオススメです。

私が勝手に尊敬している吉田和男先生が書かれたもので、
これから陽明学に触れていこうという人には分かりやすい内容だと思います。

また、陽明が提唱したいろいろな言葉についても、知ることができます。
ぜひ、手にとって読んでみてください。


日本人の心を育てた陽明学―現代人は陽明学から何を学ぶべきか (カルチャーフロンティアシリーズ)

 


 


加賀市の学習指導 こほく寺子屋は…

思考力トレーナーの永江です。

小学生の子供にとって、
家庭で自然に勉強できることはとても大切です。

これを呼んでいる人で小学生のお子さんをお持ちの方は、
家庭学習の時間をうまく作れているでしょうか。

 

私は、石川県の加賀市で、子供向けの学習指導も行っています。

子供の学力を向上させることにおいては、
特に重要なのは低学年のうちの国語と算数の勉強です。

どちらも、
ひとつのルールをおぼえていくことで、
無限にありえる問題を解決していく能力を身につけられます。

 

とくに算数は分かりやすいでしょう。
足し算、引き算のルールをおぼえた後に出される問題は、
桁数を気にしなければ、その可能性は無限にあります。
解答をおぼえておくことは有効ではありません。

九九をおぼえることや、面積の公式などを記憶しておくことも必要ですが、
これらはあまり多くはありません。

どれを使えばいいのか選び出し、
適切なルールを当てはめることで解答が得られます。

 

その能力を養うために有効な事が実は家庭の中にあって、
ちょっとした会話の中でいろいろな質問を投げかけて
普遍的なパターンと応用に気づいていかせることで、
学校での勉強にも役立つアタマの使い方が身につきます。

 

本当は家庭学習だけで小学校の間は十分なはずですが、
共働きで忙しい家庭も多いので、なかなか難しいのも事実です。

だから、学習塾のような施設が必要になってきます。

 

私が住まう地区はとても田舎な方なので、
人口が少ない分だけ、学習塾の類もあまりありません。

こほく寺子屋は、専業の事業ではないので、
やたらと生徒を増やす必要がなく、ほとんど個別の指導形式で、
じっくりと丁寧に、その子に合った指導をしていきます。

 

なるべく家の近くで、
なるべく自然な学習習慣を身につける。
それも、できるだけ楽しい時間として。

そういう指導を心がけています。

 

学習指導についての詳細は以下のリンク先で紹介しています。
石川県加賀市の学習指導 こほく寺子屋

地区会館の和室を利用しての教室です。