ノートの書き方、メモのとり方

思考力トレーナーの永江です。
以前にもブログ記事として書いたことがありますが、ノートの書き方はなんでもいいというわけじゃないというお話。

たとえば中学生のノートの個性

たとえば中学生の学習ノートを見ると、書き方はその子の性格も反映してか、本当にさまざまです。ビッチリ隙間なく埋めている子もいれば、自由奔放にあっちこっちに文字が踊っているものもあります。特に、板書用ではなく自分が自由に使えるものだと、その違いはむしろ見るのが楽しくなるほど大きいです。

大人が仕事で実施するメモとりも様々

仕事で電話をとることがある人は、メモをとる機会も同時にあると思います。あるいは、上司からの指示を聞きながらメモをとるということもあると思います。そのときもやはり人によって個性があります。中にはあとで見るとさっぱり分からない状態になっている人もいます。逆に、他人が見てもすごく読みやすく、キレイな文字で読みやすく書かれているものもあります。とにかくメモ取りもさまざまです。

どうでもいいわけじゃない

中学生のノートにしても、社会人のメモにしても、何かの目的があって書いているはずです。目的に合うように紙と筆記用具を使うなら、目的に合うような使い方があるはずです。そのときに「書く」ということをのみ目的としてしまっては適切でない状態になります。そのときに耳にしていることをしっかりに認識するためなのに出来ていないとか、あとで読む必要があるのに読めない文字になっているとか。そんなことにならないように、常に、ノートも、メモも、書き方には注意をしたほうが良いです。

少し具体的なことを書いておくと、文字があとで読めるレベルで書かれていること、どういうふうに紙の上にレイアウトしていくのかを感がていること、縦横の並びを意識すること、などが基本的なものとして有効です。これらのことにちょっと注意しながら書くようにすると良いかと思います。

経営に役立つ数学の考え方

人事系コンサルタントで思考力トレーナーの永江です。
私がコンサルタントとしてお手伝いするジャンルは人事に関係することです。とはいえ、経営そのものと切り離すことはできないし、経営は数字を切り離すことができません。ということで、今回は、経営に役立つ数学の考え方についてです。

基本的な計算は絶対に必要

まず、足す、引く、掛ける、割る、という四則演算は絶対に必要です。電卓やコンピュータで計算ができる現代であっても、基本的な計算はできなくてはいけません。計算することそのものもそうですが、なにか事にあたるときに、自分で計算式を作る能力も必要です。だから、足すことの意味、引くことの意味、掛けることの意味、割ることの意味、それらを正しく認識し、それぞれの違いも分かっていないといけません。

また、掛け算や割り算は、結果の概数を感覚的に捉えられるとなお良いです。「一ヶ月でこれくらいだから、これが一年すると……」というのは掛け算ですし、「これだけの業務を7人でやるとどれくらいの時間が……」というのは割り算です。これを電卓で出してから数字を見て考えるよりも、なんとなく概数の感覚で捉えられると素早い判断にもつながります。

因果関係を含めた論理的な説明力および読解力

数学の証明問題などは、論理的にものごとを説明するための練習だと考えられます。基本となる定義や定理があって、それをもとにするから、どうなるということを書いていきます。因果関係がしっかりしていることと、それによって説明できるということが必要です。

一方で、問題そのものが(わざと)わかりにくく書かれていることもあります。そういう場合は頑張って読み解く必要があります。読み解くときにも、とうぜん、書いてあることを論理的に理解していかなくてはいけないので、読解力につながります。わかりやすい文章を書くことは重要なのですが、難解な事象にあたってそれを論理的に紐解くことは経営をしていれば頻出事項ともいえます。そういう意味で、数学の中にある、論理的な説明をすることや読解をすることは経営に必須だといえます。

 


 



困難な問題にぶつかったとき、他者からの支援と自力解決とのバランス

思考力トレーナーの永江です。
考えるチカラを高めるためには、ちょっとした注意や心構えも必要です。

自力で解決できない問題にぶつかったときの違い

学習塾で指導をしていると、生徒さんが自力では解けない問題にぶつかっている様子を見ることがあります。ドリルやワークといった課題で、数学系や物理系理科などでよく見かけます。そういうときに、本人の性格が現れているのでしょうか、講師である私に頼ってくるタイミングに違いがあります。

分からないと感じたとたんにすぐにどうしたらいいか訊いてくる子。あるていどの時間を自力で考えることに充てたあとで、断念して質問をしてくる子。ひたすら自力での解決にこだわって、こちらから手を差し伸べようとしても拒否する子。さまざまです。

極端であることは避けて支援者を頼る

あまり早々にあきらめてしまうのも良くなくて、何かというと他者に頼ってしまうクセがついてしまう可能性があります。愛嬌があったりするとそれはそれで処世術として成立しそうですが、思考力を鍛えることにはつながりません。一方で、いろいろと自力で考えるものの結局は解決できない子の場合は、限られた時間の中での効率的な成長がしにくいといえます。

なにごとも極端であることには注意が必要であるように、この場合も、中間あたりにベストがあるように思います。もちろん、その子の能力や成長の度合いによってその中間点のベストも違ってきますが、とにかく、どちらかの極端を避けたいところです。あるていど考えても解決しないときは、講師=支援者を頼るのが良いです。

適度に考え続けることをヒントによって促す

自力で考えることをほどほどにして、塾であれば講師の私を頼ってもらうのが良いです。しかし、ここで講師=支援者である私のほうにも注意が必要となります。それは、答えや解法をそのまままるごと教えてしまっては思考力=考えるチカラを鍛えることにならないということです。相手の状況なども考慮しながらヒントを与えるていどにします。

ヒントを与えて、また考えてもらう。そのときもそれまでと同様に、あるていど考えても分からなければ次のヒントを出します。そうやって、生徒の様子をみながら、ていどの調整をしながら、常に考えつづけるように促します。

他者からの支援と自力解決とをバランスよく

これは塾での指導にかぎったことではなく、たとえば会社で教育係たる上司が部下に接するときにも考えられます。もちろん、学校で先生が生徒の指導にあたるときにも考えられます。育成ということを目指しているなら、考える機会は存在しつづけさせるのが良いでしょう。

しかし、ちょっと面倒なのが自力解決にこだわるタイプです。この場合はヒントをもらうことを拒否してきます。そういうときに、とにかくヒントを出すからという言い方ではどうどうめぐり。その問題を考えることを一旦停止させて、場合によってはヒントだけなら受け取るほうが自身のためにも、まわりの人のためにも良いのだということを諭すようにするのが良いと思います。

 

適度な自力解決志向と、適度な他者からの支援。
このバランスをとることが思考力アップのひとつのポイントです。

 


 


苦手なこと、できないこと、細かく分解して考えてみる【加賀市 片山津 学習塾】

思考力トレーナーの永江です。
加賀市片山津地区にある湖北地区会館で「こほく寺子屋」という学習指導の塾をやっています。

「分からない」ということの細分化

たとえば算数の指導をしていると、生徒さんが「分からない」と言ってくることがあります。そうするとどこが分からないのか確認して教えようとするわけですが、このときに注意していることがあります。それは、「分からない」ということの細分化を考えるということです。

割り算が分からないと生徒さんが言っているとします。割り算を普段から何気なく使っている我々は、このときに「割り算がわからない」という大きなくくりでそのことを捉えてしまいがち。でも、子どもが分かっていないところ、理解できていないところは、もっと細かな、「割り算」というものを構成するひとつの要素だけかもしれません。

物事を構成する細かな要素

たとえば「割り算」は、数の概念があって、大きな数の中に小さな数があるという考え方があって、その小さな数を大きな数の中で何回繰り返せるか、という考え方で進んでいきます。さらにいえば、数の概念の定義ももっと細かくできるだろうし、数の大小の比較や、小さな数をくりかえすときに同じ大きさとしてくりかえさなければいけないことなど、アタマで理解したり覚えておかなてくてはいけないことは実はかなりたくさんあります。

どんな事柄でもそうですが、あるひとつのことは、それを構成する細かくてたくさんの要素からできています。そして、その全体のことが分からないという結果にいたる理由として、どこかひとつの要素だけが分からないということも考えられます。その、小さなひとつが理解できることで、いきなりパッと全体の理解ができることも実際にあります。

何が苦手で、何が分からないかを掘り下げる

とかく我々は「数学が苦手」とか「英語が分からない」と大きくまとめてしまいがちです。でも、数学のなにが苦手なのか、英語のなにが分からないのかと掘り下げる必要があります。さらに、数学の計算系が苦手だったとして、数そのものの理解が苦手なのか、四則演算なのか、正負の考え方がよくないのか、そして、それらを考えたあとにもっともっと細かく分解して、どの要素に課題があるのかを確認していったほうがいいです。

「分からない」ということや苦手なことを克服したり解決したりするならば、対象をどんどん掘り下げましょう。掘り下げて細分化し、できるだけ細かくて小さな単位にしてから、その部分の克服や解決を考えます。そうすると苦手なことだけじゃなくて、分かっていること、できていることも見えるようになってきます。

タスク管理と子供の勉強の話【加賀市 片山津 学習塾 】

思考力トレーナーで、こほく寺子屋を運営している永江です。
昨日、ある事業所さんでの講座を担当させていただき、ビジネススキルのひとつとしての「タスク管理」についてお話をしました。

タスクの優先順位

ビジネススキルとしてタスク管理を考えるとき、タスクの優先順位について考えることになります。いくつかのタスクが自分に課せられているときに、どれから手を付けると良いのかということです。その場合、ふたつの基準軸で考えるのが良いとされていて、それは、重要度と緊急度です。

優先度のマトリクス

上の図はフレームワークいろいろのページに掲載してあるものです。優先度のマトリクスというフレームで、何を優先してやればよいのかを考える指標のようなものです。重要で緊急なものは先にやります。次に優先したくなるのが緊急度が高いということで3のエリアにあるものなのですが、緊急性が低くても重要である2のエリアにあるものを優先しましょうという注意をしましょう。

時間の管理について

昨日の講座では、タスク管理と時間の管理についてお伝えをしました。受講された方々も特に遅刻があるわけではなく、とりあえず社会人として時間を管理する意識が持っていらっしゃいます。でも、より有効に、効率的に、自分のための時間も最大限に確保できるような生活ができているかというとそうでもなさそうです。とりあえず、やらなければならない仕事や約束について自分を律することができているというだけです。

仕事を含めて他者との約束の時刻や期日をしっかり守れていれば、社会人としての時間管理はできているように思われます。多くの人はそれで「よし」とされています。でも、本当はもっと有効な時間の使い方ができて、もっと自分のための時間が確保できて、もっと楽しい人生になるのかもしれません。その可能性は否定しないでいちどチェックしてみても良いのではないかと思います。

子供の勉強に当てはめて考えてみる

ところで、我々が子供の頃や、大人になってからやっている勉強について、はたして有効な時間活用ができているのでしょうか。「とにかくやらなきゃいけない」という思いでやっているとどこか効率の悪い時間の使い方をしているかもしれません。特にお子さんの自学においては効果的なタスク処理の優先度や、時間の使い方を考えているとは思えません。たまに賢い子が上手に時間を過ごしているのを見聞きすることがありますが、極めて少数派なんだと思います。

塾で学習の指導をしていると、その間の1時間とか2時間については比較的に有効な時間使いをさせられます。こちらがあるていどの主導権を握っていますから。でも、家での勉強は本人または親御さんが主導です。当たり前ですが私が関与できるのは「宿題を出す」ことくらいです。このあたりがちょっともどかしいのですが、宿題を出すにしても、時間の使い方までアドバイスできたら良いなと考えました。今後はそこまで含めた指導を模索していきたいです。

 

こほく寺子屋は、加賀市の湖北地区会館で開催している学習塾です。小中学生を対象としてマンツーマンでの学習指導を行っています。ご興味のある方は下記のページにて詳細をご覧ください。
こほく寺子屋 http://manabuki.com/terakoya

 


 


勉強の量と質の話【加賀市 片山津 こほく寺子屋】

加賀市湖北地区会館で小中学生むけの学習塾をやっている永江です。
勉強をして知識を身につけるときに、その量と質は気にしたほうが良いです。もちろん、小学生くらいだと理解しにくいことですし、中学生でも誰もが腹落ちして理解できるかというとそういうことはないと思います。

意識しないと量を重視しがち

たとえば、漢字をおぼえるために何度も繰り返して書く練習をします。市販の漢字練習帳などは同じ漢字を短時間に繰り返して練習するために利用されています。そして、子供が自分で「勉強をやった!」という気になるのは、あるていど量を書いたときです。まわりの大人も「お、今日はこんなにたくさん練習したのか。えらい!」と言って量をこなしたことを褒めがちです。

今のところ、我々の身の回りにあるいろいろなものや仕組みが、学習において量をこなすことを良しとしがちになる気持ちを作り出しています。「何ページやった」「何問やった」とかが、こども自身や、まわりの大人たちの満足度になります。実際に量が有効である事柄もあるので悪いことではないですが、ちょっと注意が必要だとも思います。

量と質を両立させる

勉強や学習をなんのためにしているのかというと、知識を身につけるためです。あとで役立つかどうかその時点では分からないけれども、何かの役に立つならなおよいです。ということは、とりあえず脳のどこかに蓄積されないと時間がもったいないので、脳に残りやすいかどうかで考えます。

たとえば漢字練習帳では、同じ文字を短時間でいくつも書きます。10回の練習ができる枠があるとしたら、最初の1回や2回はちゃんと形を意識しますが、そのあとは、ぽわーんと他のことを考えていても書けてしまいます。しかも、その後に、他の漢字、他の漢字、他の漢字、と、これも短時間にたくさんの漢字を練習したとして、どれだけ記憶に残りやすいかというと非常に疑問です。実際に、記憶に関する学術的な書籍にあたると、こういう練習は効果的ではないようです。

漢字というものは形が命ですし、一方でそれぞれに音や意味を持っています。だから漢字を記憶するにはそれらがセットになった脳の使い方をするのがよくて、そのためには「漫然と量をこなす」のは時間がもったいない。ちゃんと、形を意識して、音を読んで、意味を考えられる学び方が望ましいです。その学習内容によって有効な質をちゃんと保った状態で、あるていどの量を持つのが良いです。

質を持った勉強の仕方

ちゃんと質を持った勉強のしかたはどういうものかというと、これは学習内容によります。ただ、一般的にいえるのは、ちゃんと内容を意識しながら読むなり書くなり考えるなりすることになるのではないでしょうか。私が高校生のときに、単に受験のためだけに世界史の勉強をしました。それはもうあっという間に忘れてしまいました。数学や物理は、それが身の回りの何かに当てはめて考えたときにどうなるかと想像しながら勉強したりしていたからか、いまでもちゃんと覚えています。忘れていたと思ったことも、ちょっと説明文を読んだらすぐに思い出せます。これは、その勉強をしていたときの、勉強の質が良かったからだと思います。

英単語などは、「繰り返し読むと覚えられる」と言われます。それはたしかにそうなのですが、それこそ無意識でただ発声している状態じゃなくて、ちゃんと意味というか、その言葉のイメージをアタマに浮かばせた状態で繰り返し読むほうが良いはずです。やっぱり量だけではダメです。人間は、ごく限られた単体の情報を記憶するよりも、複数の情報が関連しあってつながった状態で記憶するほうが脳に定着させやすいそうです。だから、質を持った勉強というのは、もともと学ぼうとすることは有機的にたくさんの情報が集まったもののはずなので、それらを分断することなく、つながりをもってインプットやアウトプットをしていくことなのだと思います。

 

こほく寺子屋は小中学生むけの学習塾です。
原則としてマンツーマンで個別指導を行います。
お子さんの学習が効率のよいものになり、本来のチカラを最大限に発揮できるようになることを目指しています。
こほく寺子屋についての詳細は下記リンク先のページからご覧ください。

加賀市片山津 学習塾 こほく寺子屋のページ

 


 


中学校数学、正負の計算でつまづく子【加賀市 片山津 学習塾】

思考力トレーナーとして学習塾での指導をしている永江です。
加賀市の湖北地区会館で、小中学生むけの学習塾「こほく寺子屋」をやっています。

正負の計算でつまづく

中学校に入って数学でつまづく子。初期の段階でのそれは、正負の計算に対してであることが多いです。プラスとマイナスの符号の扱い。言ってみたら、足し算と引き算の話です。数を扱ううえでの基本ともいえるところですから、ここでつまづくと後にずっと響きます。

たとえば、
5 ー 3 = 2
これなら小学校のときからやっていて出来ている。そして、
3 ー 5 = ー2
これも大丈夫。でも、
ー5 ー 3 = 
これになると分からない、あるいは間違うという子がときどきいます。私が指導した生徒の中にも、何人かいました。

プラスとマイナスが分からない理由

ダメな先生は、「この場合はこうなる」 「なるんだから、そう覚えろ」とか言っちゃったりするようです。でも、ちゃんと理由も説明しないとその計算のやり方が身につかない子も多いんですよね。だからそういう言い方はダメです。

正負の足し算や引き算が分からないとか、分かりにくいとなる原因は、プラスとマイナスの符号の意味にあります。小学校までの教え方だと、プラス符号も、マイナス符号も、「前の数に対して、後ろの数を◎◎する」という意味で使われます。たとえば、
5 ー 3
というときの「ー(マイナス)」は、「(5)から(3を)ひく」という意味の記号だと説明されます。つまり、前の数と後ろの数の間にあって意味を持っていると脳にインプットされるわけです。

中学校以降での符号の理解

その教え方は別に間違いではないのですが、中学校に入ってくると
ー5
というふうに、数と数の間ではなく、数の前に符号がある状態を意識しないといけなくなります。そして、これ以降、基本的にその考え方で数式に向かうのが望ましくなります。つまり、
ー5 ー3 = ー8
という計算は、前の数から後ろの数を引くという考え方よりも、最初に「マイナス5」があって、さらに、「マイナス3」がある、あわせてどうなるのか?と考えるわけです。

だから学校の授業でも、こういう書き方の計算をやります。
(ー5) + (ー3) = ?
この意味は、「マイナス5 と マイナス3 を、そのまま合わせると?」というものです。マイナス方向への5があって、さらにマイナス方向への3が合わさると、合わせてマイナス方向への8となるわけです。

ちゃんと意味を理解して伝える

正負の符号のことでいえば、他にも、マイナスとマイナスの掛算がプラスになる、という話なんかもつまづきの要因になったりします。これも、符号に「足し、引き」の意味だけではなく、「そのままの方向に(+)」とか「反対の方向に(ー)」という意味もあるからややこしいんです。でも、やっぱり中学校からは、ちゃんとそれぞれの意味を理解して覚えるのが良いです。

意味を理解してもらうのが良いと思っているので、私は、ちゃんと意味を理解してもらえるように説明をします。だから、生徒によってはその部分で時間をとられてしまうこともあります。でも、もし親御さんが「覚えさせてくれればいいです」と言ってきたら、しっかり覚えて使えるようになるために理解してもらう、そのために時間をかけてでも説明するということを話します。

 

加賀市湖北地区会館で小中学生むけの学習指導
こほく寺子屋

説明会や無料体験は、いつでも個別にお受けいたします。

こほく寺子屋についてはこちらのページに詳しい説明があります。

 


 


加賀市、こほく寺子屋での指導内容

加賀市の片山津温泉ちかくの湖北地区会館で学習塾をやっています。
小中学生を対象とした塾です。

学校の教科指導

どんな塾なのかというと、基本的には学校の教科についての指導です。小学生なら国語と算数がメイン。中学生なら国語と数学、それに英語です。特別にかわった指導方法があったり、特殊な教材を使ったりはしていません。私の強みは指導がわかりやすいという一点です。

学校の成績に満足をしている子はここに来る必要はありません。勉強についていけていないとか、授業は問題ないけどもっと上を目指したいとか、なにかしらの課題を持っている子はぜひ来てください。

算数や数学は、単にやり方を覚えるのではなく原理や理屈から分かるようになります。だから、中学校レベルなら公式を忘れても自分でそれが作れるようになります。なんとなく国語の読解問題に臨んている子は、明確な理由と説明をもって解答が書けるようになります。英語は、受験対策をしながらも将来の役に立つ言語として身につけられます。

作文指導について

教科でいえば国語に含まれますが、作文の指導をやっています。こちらも対象は小中学生ですが、特に「何もかけない」と悩んでいる小学生のお子さんがだんだんと書けるようになっていきます。基本的に小学校の低学年なら、自発的に作文ができるようになることを目指します。小学校の中高学年になってきたら、読んだ人に伝わりやすくなる書き方を学びます。

中学生の作文指導は、読解力や他の教科にも役立つものを目指します。論理的な文章の書き方や、論述的な作文などです。なんだかんだいって全ての教科書が日本語で書かれている以上は国語力が重要であり、読解力を身につけるために実は作文力も必要です。特に要約練習などは読解問題の地力をつけるのに効果があります。

小学生の英語

生徒さんや親御さんからのご要望をいただいて、小学生むけにも英語の指導をはじめました。今のところ高学年を対象にしています。小学生の英語については文法的な説明をなるべくしないで、日常にある言葉を英語にして、英語の音やリズムを楽しんでもらおうと考えています。

英語というものそのものに抵抗がない状態になっていれば中学校に入ってからの英語もスムーズに学習できると思います。最初はそれこそアルファベットを覚えたりローマ字を復習したりすることもあると思いますが、とにかく「ことばの楽しさ」を感じてもらいたいと思います。

 

こほく寺子屋は小中学生むけの学習指導の塾です。
こほく寺子屋のページから詳細をご確認いただき、お気軽にお問い合わせください。

 

作文指導とお絵描き【加賀市 片山津 こほく寺子屋】

思考力トレーナーで、小中学生むけの学習指導をしている永江です。
私の塾では、作文指導をしていますが、特に小学生のための指導の場面では「お絵描き」を併用しています。
それはなぜか。

言語は左脳的、お絵描きは右脳的

右脳と左脳のお話はみなさんもご存知だと思います。脳の右側と左側では役割がちがうということです。厳密にいうとどうなのかは置いておいて、言葉を使うことは左脳的な脳の活動だといわれます。

一方で、絵を描くこと、というか、図形的な感覚や形状認識などは右脳の働きだといわれていて、どちらかというと感性的なものは右側がやっているそうです。また、絵を描くといっても内容を論理的に考えるとすれば左脳の活動によるし、音を重視して文章を書くなら右脳も同時に使っているということになります。

左脳も右脳もバランスよく

実際に右と左にハッキリ分かれて動いているわけでもないようなのですが、たしかに、脳の活動の種類としては左脳的なものと右脳的なものの違いはありそうです。作文は言語を論理的に組み立てていくものなので、どちらかというと左脳的な活動だと考えられます。特に学校の学科系の勉強で書く作文や読む文章は、そういうところを意識してやるのが良いと思います。

とはいえ、作文をするときに必要なことが左脳的なアタマの使い方だけかというとそうではありません。たとえば日記のような作文をするなら、今日あったことをアタマの中にイメージできたほうが書けます。このイメージは右脳的な活動です。あるいは、何かを説明する文章の場合でも、文章全体の構造は、図形的にグラフィカルにイメージできたほうがうまくいきます。結局、左脳的な要素も右脳的な要素も、両方を使うのが作文能力の向上につながると考えます。だから、右脳的な活動を促進するために「お絵描き」を併用しています。

 

こほく寺子屋での作文指導については、こほく寺子屋作文指導のページをご覧ください。
無料体験を実施していますので、お子さまの国語教育に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

こほく寺子屋作文指導のページはこちら

分からないことを分かるように教える分解思考【加賀市 片山津 学習塾】

思考力トレーナーの永江です。
加賀市の湖北地区会館で学習指導の塾をやっています。小中学生が対象です。

「どこが分からないか分からない」

「どこが分からないか分からない」という話は、学習指導の場面やお勉強ごとのシーンでよく耳にします。たとえば先生が「どこが分からないのか言ってごらん?」と生徒に問いかけても、生徒から返ってくる返事が「分かりません」だったり。教える先生も、どう伝えたら分かってもらえるのか苦悩する。こういうお話は珍しくありません。

私も塾の指導をしていたり、大人むけのお伝えごとをしていたりすると、「んー??? わからない」という反応に出会うことがあります。そんなときに、さっきと同じ話をもういちどしてもやっぱり分かってもらえないので違った言い方を考えます。このときにポイントになるのが「どこが分からないのか」ということなのですが、ご本人はそれが分かりません。

事象は意外と複雑で、複数の要素から成り立っている

たとえば我々が、自分では分かっている事柄として、算数の足し算があります。
3 + 5 = 8
3と5を足したら8になるという計算はすぐに出来ます。でも、これが分からないという人が居たとして、「そうなるんだから、そう覚えておけ」という指導はしたくありません。なぜ、3と5を足したら8になるのか。

この計算が分からない人は、何が分からないのでしょうか、と考えたときに、この単純に思える計算すらが、複数の要素から成り立っていることが分かります。3という数字が表現する数の大きさ。5という数字が表現する数の大きさ。「+」や「=」という記号の意味。そして、それらがこの順番で並んだら何をしたらいいのか、という記述の定義。いろいろなことの理解があってこの問題の正解が出てきます。

分解思考で「どこが分からないのか」をつきとめる

だから、もし
3 + 5 = 8
という計算が分からないという生徒がいたら、3という数字の認識は正しくできているか、5という数字の認識はどうか、足し算の記号の意味や、等号の意味は分かっているのか、というふうに細分化して確認をしていきます。

細分化していく分解思考を使って何が分かっていないのかを知ることができれば、その点について理解してもらえるような伝え方の工夫ができます。子供の分からないところを指導するということも、けっきょくは「原因の追求」であったり「その解決策を探る」ということなのだから、大人が「なんでこれが分からないのか」と言ってしまうのは思考停止であり、教育に良くないです。分解して考えたらおそらく分かります。