自分のことは他人に訊く

思考力トレーナーの永江です。
キャリアコンサルタントとしてのお仕事の中で感じること。

自己理解や自己分析

進路やキャリアについての相談を受けると、自然と自己理解や自己分析の話になることが多いです。過去や現在についての自分を振り返ってもらって、そこから未来のプランを考えたりします。また、私自身も一人の事業者として自己分析をするし、その結果をもとに事業の計画を立てたりもします。これは、いちどやったらそれでいいものではなく、折に触れて、あるいは意識的に機会をもうけてやるとよいです。人は常に変化をしますから。

自己理解や自己分析というのは言葉のとおり、自分のことを知って分かっておこうとするものです。働くということに関連するものなら、経験や能力、実績などの棚卸しをします。そして、自分の性格や価値観、好みの傾向なども分析をして、どういう仕事の選択をすれば幸せな人生になるかと考えたりします。漫然と人生の選択をするよりも、やはりあるていどしっかりと考えておくのが良いと思います。

「自己」によることの限界

自己理解も自己分析も、とうぜんですが自分で自分に対して行います。でも、自分のことは自分が一番に分かっているかというとそうではありません。意外と分かっていないのが自分というものであり、そこにはどうしても限界があります。ときどき「自分のことなんだから、自分でよく分かっていますよ」という人がいらっしゃいますが、比較して一番かもしれませんが、それで十分に正確であるということもなさそうです。

また、考えてみたら分かることですが、職業として発揮すべき自分というのは主観で見えている自分ではありません。あなたが職業の中で活躍させるべきあなたは、他人から見たあなたです。あなたを評価し、あなたの活動に感謝をし、あなたの能力や人柄に惹かれて報酬を用意してくれるのは他人です。他人から見られたあなたでしか仕事は成立しません。そういう意味でも、やはり「自己」による理解や分析の限界も知っておくのが良さそうです。

インタビューを受けて得た気づき

先日に、とあるインタビューを受けました。ある媒体に掲載をしていただくためのものですが、ライターさんが私にインタビューをして、私を紹介してくださる記事を書いてくださいます。その中で「つまり、永江さんは◯◯なんですね。」と言われてハッとしました。たしかに、言われてみればそうだ。でも、自分で意識することはあまりなかった。しかし、他人から見える私はそうなんだな、と。

個人事業主としての私は自分で自分を評価することが多いです。一方でクライアントさんなどから評価をされているはずですが、客観的に言えることを明確に伝えてくれているとは限りません。むしろ遠慮をされて、感じていることでも言ってもらえていない可能性もあります。実際に、インタビューによって客観的な自分の一部を知ることができました。こうやって他人に自分を掘り下げてもらうのは非常に価値のあることだとあらためて感じた出来事でした。

コンサルティングを受けるということも、今回の私がインタビューを受けたことに似た価値があります。自分では気づかない自分のことに気づかせてもらえるチャンスとなります。自分のことは自分が分かっているとは断定せずに、自分が気づいていない自分に気づくために、他人に訊いてみることをお勧めします。

 


 



成果を出すには素直さが大切

永江です。
加賀市で学習塾をしながら、金沢でも学習塾の講師をやり、思考力トレーナーとして個人むけのコンサルティングもやっています。今日は、その中で感じることについてのお話です。

成果が出やすい人とそうでない人

企業組織をクライアントとするコンサルティングとは違って、学習指導や個人コンサルティングは、まさに個人が相手です。そうすると、私がやっていることの成果は、その個人がどう変化するかに現れます。学力が上がったかどうか。資格試験に合格したかどうか。思い描いたような就職ができたかどうか。収入を増やすことができたかどうか。

いろいろな人の成果の上がりぐあいを比べてみるとやはり傾向が見られます。数値として統計をとっているわけではないですが体感として分かります。基本的に、私がアドバイスをしたことを素直に受け入れる人は成果が出やすく、そうでない人はそれなりです。やっぱり、素直さというものは大切だと思います。

アドバイスを受け入れる素直さとは

素直であるということは、なんでもかんでも言うとおりにするということではありません。コンサルティングを受けたり、学習指導を受けたりする場合であれば、アドバイスを実行せずして否定しないということになります。「◯◯をやってみてはどうですか」と伝えたときに、やる前からそれを否定するのかしないのか。素直な人は、まず、とりあえずやってみる行動力があります。

やらない理由はいくらでも言えるのですが、とにかくやる前から否定する人は成長もしないですね。やってみて、頻度や回数、レベルなどの点で言ったとおりにはできないこともあります。それでも、否定してやらないよりは格段に違いがあります。やってみることではじめて見える景色がありますからね。

そもそも何かの相談ごとに来るとか、コンサルティングを受けるとか、学習塾で勉強をするとか、いずれの場合も課題があるから来ているわけです。課題がある状態を改善するためには、これまでの自分のどこかを変えないといけません。つまり、改善したければ変化が前提となるわけです。

変化が前提なのに、人からの助言を受け入れずに、とにかく言い訳をならべて実行しない。もちろん、私が伝えることが必ず正解とは限りません。私のアドバイスに沿って実行をして、うまくいかない可能性はあります。でも、成果を出す人は、助言どおりにやってうまくいかなくても、まず文句などを言うことはありません。前向きに、次のチャレンジに向かいます。こういう姿勢が、課題を克服する変化につながるのでしょうね。

 


 



継続するときのひとつのコツ=他者のチカラを借りる

思考力トレーナーの永江です。
何事も継続してこそ、だと思います。特に人材を育成するようなお仕事をさせていただいていると感じます。学習塾だとハッキリと分かりますね。地味な演習を継続した子は成績につながりやすいし、そうではい生徒さんは「それなり」でしかありません。

だいたい、みんな、継続は苦手

大人になってから何かを続けようと考えたことは何度もあります。その中にはずっと続けていられたこともあれば、あっという間に続かなくなったこともあります。こういうことは他の人にもあると思うし、私のまわりの人たちにもたくさんいます。前の記事でも書きましたが、多くの人は「続けるのは難しい」と言います。私もそう感じています。自身では、どちらかというと苦手な項目だと思ってもいるので、「できるよ」と言うために工夫も考えています。そして、この記事のテーマそのものですが、他人に頼って継続しやすくするというのもひとつのコツです。

一緒にやることで続けやすくする

たとえば、学生時代にジョギングを始めて、それを続けていこうと思いました。きっかけは友人の軽い一言だったのですが、その友人と他の友人もあわせて3人で始めることになりました。そうすると、たったひとりでやるわけではなく、「あいつらと一緒に走る」という行為になるので続けやすかったです。一緒にやる人がいるから、楽しみながらできるし、ジョギングに関して言えば会話もしながら走れます。仲間がいると続けやすいと感じたことの一例です。

逆に、たったひとりで始めることになるから続けにくいのが日記など。基本的に他人に見せるものではないので続かなくなることが多いです。子供の頃から数えたら、日記や小遣い帳は、おそらく10本の指で足りないくらいの回数で三日坊主をやらかしています。

監視してくれる人を設定する

仕事面でいえば継続しないと問題があることがあって、それが継続できないとヤバいというものがいくつかあります。会社員であれば上司がチェックしてくれると継続しやすいです。他者が頼りというとちょっと情けない感じもしますが、うまく使えるものは上司といえば使えばいいです。

現在の私のような個人事業主だと上司がいません。そういう場合にはクライアント=お客様が監視役になることがあります。また、コンサルタントやコーチを雇って監視役をしてもらうことも考えられます。帳簿が苦手な知り合いが、それでも自社の会計をちゃんと把握するために、税理士さんを監視役にしているという話を聞いたこともあります。

自分だけだと弱いのが人間

人間は基本的に弱い生き物だと思います。自分ひとりだと本当にそう。だから、誰かを頼るというのはぜんぜん情けないことではなくて、一方的に頼り切るとしたらちょっと考えたほうがいいというていどのことです。他人を頼ること自体は悪くありません。

それは、継続するということについても同じなので、他者のチカラを借りるということも、継続のために考えていいのではないかと思います。

 


 


GoogleのWebマスターツール

Web活用コンサルタントで、思考力トレーナーの永江です。

今日の午前中は県内の某所で
Google Webマスターツールの個人レッスンをしていました。
自社で運用されているホームページを
もっとビジネス上の戦力にしようと考えいているクライアントさんのためです。

 

GoogleのWebマスターツールでは以下のことができます。

1.自社で運営するサイトがGoogleにちゃんと登録されるようにする
2.自社サイトがGoogleからどういう評価を受けているか知る
3.自社サイトがどういう検索キーワードとマッチングしているか知る

3についてはAnalyticsにも同じような機能がありますが、
Googleがセキュア化されたことによって不十分になっています。
それを補完できる機能としてWebマスターツールを活用するのが良いでしょうね。

 

Webマスターツールの機能そのものは複雑ではありません。

自社サイトを登録する
Googleでのインデックス状況を確認する
検索クエリなどを確認する
サイト上に問題があったら知らせてくれる
問題に対応した後で改善を確認する

大きな枠組みではこのていどです。

ただ、それらの機能や情報をどう使っていくのかということに、
あるていどのノウハウがあるんじゃないかと思います。

結局は、Webサイトを運営することの目的からしたら、
そのずっと手前にあるのがこのツールですからね。
場合によっては使うまでもないかもしれません。

 

とはいえ、
便利な道具であるのは間違いないので、
無料ということもありますから、使える人は使ったらいいと思います。
手間はそれほどかかりませんから。

「わかった」だけでは勉強にならない

思考力トレーナーの永江です。

これは、子供の学習にも言えることだし、
大人が何かを学ぼうとすることにも言えることでもあります。

誰かの説明を聞いて「わかった」としても、
教科書を読んで「わかった」としても、
それは説明に対して納得できたということに過ぎません。

本当に身になるのは、それを自分で使えたとき。
そして、繰り返して何度も使えるようになったときです。

 

例えば、学校の数学の授業であれば、
先生が教科書や黒板を使って授業をして、
そのあとで、何度も何度も演習問題をしていきます。

ワークブックやドリルの宿題が出されますが、
あれにはちゃんと意味があるのです。

 

だから、私がやっている学習指導でも、
大人向けのセミナーでも、
説明と演習を組み合わせた内容になっています。

 

でも、単発のセミナーや企業内での研修の場合は、
演習や練習の時間が十分ではないんですよね、どうしても。

説明をしたあとの実践は、
参加した人それぞれに任せるしかないのですが、
これは正直に言えば、非常にもどかしく感じるものです。

私が提供しているサービスでいえば、
繰り返し演習の場を提供して実践的に身につく方法は、
学習指導のこほく寺子屋か、
大人向けであればデキる大人の家庭教師のどちらかになります。

 

もちろん、単発のセミナーも意味はあるのですが、
参加した人には、ぜひ、セミナー後も家に帰って、
あるいは仕事の現場において、
何度も繰り返して実践してほしいのです。

 

自己分析はタイミングと程度に注意が必要

思考力トレーナーの永江です。

自己分析とは、
何か課題や問題にあたっているときに行われることが多く、
自分自身の特性を洗い出すことで、
本当の自分を知ろうというアクションのことです。

この自己分析をするときの注意点について、
2つの軸から考察をしたいと思います。
それは、「タイミング」と「分析の程度」のことで、
「分析の程度」は「深さ」と置き換えてもいいかもしれません。

 

まず自己分析を行うタイミングについてですが、
これは、なんでもない普段のとき、
あるいは何も問題が起きていない状況が望ましいです。

現にトラブルが起こっている状況や、
大きな問題を抱えているような場合では、
冷静な分析が出来ないおそれがあります。

そもそも自分自身のことを冷静に判断すること自体が難しいので、
客観的な視点を持てる時期が理想的です。
それは、課題を抱えて心拍数が上がっているときではなく、
落ち着いて考える時間をつくれる普段のときなのです。

また、人間は外面も内面も常に変わっていくものです。
自己分析も、定期的に繰り返すようにしましょう。

 

次に、程度または深さについてですが、
これは、どの程度まで自己分析を深めていくのかということになり、
基本的に、じっくり時間をかけて深く深く自分を掘り下げることが大切です。

例えば、
自分が得意なものはなんだろうと考えて、
そうだ、スポーツだ、という結論を得たとします。
では、体を動かすことが得意なのだから、
力仕事が向いているだろう、と判断するのは適切でしょうか。

スポーツといってもいろいろなものがあり、
肉体のパワーをものすごく必要とするものもあれば、
柔軟性に長けていることが重要なものや、
持久力で勝負するようなものもあります。

マラソン選手には重い荷物を平気で持てる体形の人が少ないように、
スポーツが得意だといっても、さらにさまざまな特性があることに
きちんと目を向けなくていけません。

スポーツが得意だ。
では、どんなスポーツなのか。
さらに、そのスポーツの中でもどんな場面が得意なのか。
身体能力のうちで、特にレベルが高いのはどの部分なのか。

というふうに、
どんどん深く掘り下げていって、
自分の特性をピンポイントで明らかにしていく。
これが本当に必要な自己分析のありようです。

 

「人と接することが好きだから接客業に就きたい」
一般的によく聞かれるような話ですが、
単に人と接することだけなら他の職種でもたくさんあります。
工事現場の監督は、現場で働くさまざまな職人さんと接します。
会社の総務スタッフなら、ほぼ全従業員との接点を持つかもしれません。

人と接することのどんな部分が好きなのか。
その中で感じるどのようなところが自分の欲求を満たしてくれるのか。

短絡的ではなく、じっくりと自分に向き合って、
冷静に自分自身を評価しましょう。

そうしなければ、間違った選択をしてしまうかもしれません。

自己分析の注意点
 


 


個人の方へ、大人の学びの家庭教師です

思考力トレーナーの永江です。

私が思考力アップのお手伝いをしているやり方として、
セミナー以外に個人セッションの形式もあります。

それがデキる!大人の家庭教師(思考力ワークの個人セッション)です。

じっくり自分にあったワークをやっていきたい。
特定の目的のために考えるチカラを伸ばしたい。
資格取得のために記憶する能力を向上させたい。

そんな人たちのお手伝いをしています。

 

なにか目標がある人は努力は惜しまないんですよね。
でも、ちょっと効率が悪かったりすることもあります。

上手にアタマが使えていればもっと素早く達成できるのに、
ということも多いようです。

そんな人のちょっとした手助けをしています。

 

くりーん!とアタマをスッキリさせて、
次の日からはいっそうバリバリと活躍していただきます。

お仕事だけとは限りません。
たとえば家事や友人関係をうまく維持していくのにも
考えるチカラが必要だったりします。

考えるチカラは適切なトレーニングワークで身につきます。
いっしょに「考え」ていきましょう!

デキる!大人の家庭教師(思考力ワークの個人セッション)

課題を持っている人はすぐにお申し込みください。

デキる君


 


自発的で自立的な解決アクションをお手伝いします

思考力トレーナーの永江です。

16日、金沢の「コミュニティ・プチカフェ コアラ」さんにて、
「ぷちデキる部」を開催させていただきました。

場所がらか、参加者は女性オンリー。
楽しく思考力ワークをやりました。

ぷちデキる部の様子

デキる塾や部に参加される方はみなさん前向きで意識が高いですね。

その反面、こういうセミナーごとに参加されるということは、何かしらの課題を持っていらっしゃることが多いのも事実です。

なにか課題や問題に当たった時に、誰かに助けてもらおうという考え方ではなかなか解決しません。一時的な解決が見られる場合であっても、根本的な問題解消が出来ていなくて再発することも多いと思います。

根本的な解決をするには、自発的で自立的な解決アクションが必要だと思いますし、
そのためにはスマートな思考が有効だと考えています。

私は、デキる塾などの事業を通して、
自分で自分の課題を解決したい人のお手伝いをしていきます。

 

近々の【デキる塾】シリーズの予定は、、、
1月26日(日) 18:30~ 【デキる塾】ITビジネスプラザ武蔵
1月31日(金) 19:00~ 「ぷちデキる部」小松駅前SWAN
2月20日(木) 13:00~ 「ぷちデキる部」金沢コアラ
となっています。

詳細はデキる塾シリーズのページでご確認ください。

 

個人セッションとして「デキる!大人の家庭教師」を始めました。
特定の目的や目標を持った人にはこちらがオススメです。

 


 


思考力トレーニングの個人セッション

思考力トレーナーの永江です。

おかげさまで思考力アップのセミナーシリーズ【デキる塾】は、
「ぷちデキる部」とも合わせて好評をいただいています。

ただ、どうしてもスケジュールの都合がつかない方があって、
これはなかなか解決できない問題です。

また、集合セミナーの場合は、
参加者さま個人の能力や状況には十分に対応しきれない可能性が大きい
という課題は、そもそも存在していたものでした。

そこで、

思考力アップのトレーニングワークを
個人セッションとして実施することにしました。

その名も「デキる!大人の家庭教師」。

家庭教師とは謳っていますが、
必ずしもご自宅にうかがうというわけではありません。

リラックスできる場所で実施することを旨としているので、
ご自宅はもちろん、カフェなどのご希望の場所でやりたいと思います。

コーチングのセッションに近いイメージですが、
内容は思考力のトレーニングワークです。

詳細は下記のリンクから。

デキる!大人の家庭教師(思考力ワークの個人セッション)

金沢以南、福井市以北へは無料で出張いたします。

 


 


発想:時には人の助けも借りる

思考力トレーナーの永江です。

発想力に自信が無いという方に、
マインドマップ等を活用したワークを実施すると
こんな状況になることがあります。

手が止まる、動かない
う~ん、と考えこむ様子

で、しばらく様子を見させてもらうのですが、
その後でお話をうかがうと
「思いつきはするけど、それを書いていいものかどうか……」
と、思い悩んでしまっている

こんなときに私がどうするかの一例を書きます。

発想のために、出来そう・簡単そうなことから手助けをする

まず徹底的にリラックスしていただけるよう工夫と配慮をします。
そして、テーマについての「当たり前の普通の説明」をしていただきます。
その内容を相手に見えるように私が書き出します。

手が止まらずに書ける人が書き出している発想のワードとは、
実はちょっとした説明の言葉にすぎないのです。
それと同レベルのことが発現しているので、
私が書き出した(ほんとはその人のアタマに浮かんだ)ワードを見ていただき、
「こんな内容でかまわないので書き出してください」と伝えます。

これで第一歩をクリアしました。
しかしとても重要なステップです。

だれでもアタマには何かが浮かんでいるので、
大事なことはそれに制限をかけないようにする、ということです。
これは発想のために第一に必要なことだと思います。
そのために、時には人の助けも借りればいいのです。

発想、アタマの中にあるものを書き出す