定性的な目標の実現性を高めるには

思考力トレーナーの永江です。
先日、就職支援講座の一環として目標設定のしかたという講座をしました。

よく言われるSMART目標設定というのがあって、
目標は以下の項目に注意して設定するとよいです。

・Specific 具体的かどうか
・Mesuralbe 測定可能かどうか
・Achievable 達成可能かどうか
・Relationship 目的や理念との関係性
・Timed 期限が定められていること

なぜ、これらについて注意して目標設定をするとよいかというと、
目標の内容が客観的になり、明確になり、
そして、
出来たか出来なかったかという成否がはっきりと判断できるからです。

「近いうちに、優しい人になる」
なんていう目標は、それが出来たか出来なかったかの判断が難しいですよね。

 

講座やセミナーでこのことについてお伝えをする際には、
ほとんどの場合で簡単な目標設定を実際にやっていただきます。

あまり重いものだと時間もかかるので、
例えば
「趣味について簡単なもの」とか、
「家の掃除や、部屋の片付けなどについて」
という内容にします。

その場合に、ときどきうまく設定できない人が出る項目が、
Mesuralbe、つまり、測定可能かどうか、というものです。

 

この項目を特にビジネスにおける目標設定として説明すれば、
目標とする物事は数値化すべし、ということになります。

数値化しておけば、その目標が達成できたかどうかが明白だということです。

しかし、プライベートな個人のことで目標を設定するとき、
それが必ずしも数値化できるものとは限りません

例えば、
「もっと自分を好きになる」
とか
「家族との対話をもっと増やす」
ということを目標として書く人は、この数値化の部分で手が止まります。

 

こういう場合に私が次にお伝えをするのは、
それでもやっぱり数値化をしよう、ということです。

具体的にどうするかというと、
「もっと自分を好きになる」と設定する人には、
例えば
「1日に1回、自分の良いところを紙に書く。これを1週間つづける」
という目標にしてみることなどを提案します。

「自分を好きになる」という目標をさらに短く刻んで、
そのゴールに至るマイルストーンとしての目標です。
ポイントは、
「やっぱり必ず数値化する」
ということと、それとともに
目標は手前に短く刻んでもいい
ということです。

短く刻むことで、取り組みの精神的ハードルも下がるので、これはオススメです。

 

なお、
「家族との対話をもっと増やす」という人であれば、
提案する内容はもう少しシンプルになります。

それは例えば、「対話の数や時間を記録する」ことから始めて、
その数や時間について、現状より少し大きな数字を設定するということです。

やはり、工夫して数値化をしてみることが大切です。

 

最後に、

具体的な内容になっていながら数値化が難しい目標設定は他にもあると思います。

どうしても数字で表現できない目標であったならば、
数値化のかわりに、次のことを確認してください。

それは
出来たか出来なかったの評価が明白かどうか」ということです。

 

もともと、そのための数値化ですから、
逆にいえば、これが出来ていれば数による表現は無くても良いかもしれません。

とにかく、
目標を設定するときには、
それが達成できたかできなかったを、ある時期に明白な評価ができるようにしましょう。

 


 


「講師のための反面教師」Amazonの電子書籍

思考力トレーナーでフリー講師の永江です。

Amazon KINDLE用の電子書籍にて、新たに出版いたしました。
↓こちらです。

 

自分が講師のお仕事をさせていただいているときに、
「こうはなるまい」と思いながらやっていることがあります。

他の講師の方がやられているセミナーに参加してみて、
「この先生はダメだな」と思うことがあります。

知り合いから
「◯◯さんっていう方の講座を受けたけど、良くなかった」
という話を聞くことがあります。

友達どうしで知っていることを教え合うなら、単に知っているだけでいいです。
しかし、
プロの講師または教師として人に教えるならば
教える内容とともに出来ていなければいけないことがあるはずです。

そういうことをお伝えできればと思って、
反面教師になりそうな事例を紹介しています。

 

「サクッと読める」とあるようにボリュームはそれほどではありません。
価格もマンガ単行本より安いレベルなので、気軽に読んでみてもらえればと思います。

 

それにしても、
電子書籍の出版は簡単に出来るものですね。
Microsoft の Word が少し使える人なら、
完全に他人の手を借りない状態で自分でできると思います。

問題があるとすれば校正をしてくれる人がいないことくらいなので、
それは信頼のできる身近な人に頼めばいいのかな、と思います。

こうやって自分の考えを世の中に残しておけるというのは
ありがたいことです。

ということで、以下の電子書籍、
ぜひ、いちど読んでみてください(しつこい)。

 


 


新しいことに挑戦する意欲

思考力トレーナーで、人材育成をしている永江です。

新しいことに挑戦する意欲は大切です。
チャレンジするということはいつになっても意識していいただきたい。

会社に入って仕事をしていて、
だんだん業務に慣れて評価もされて、
これまでの積み重ねの上に今の役割や報酬があるとします。
積み上げてきたものは大切なものなので、それを捨てることはなかなか出来ません。

でも、
新しいチャレンジも、できるだけしたほうが良いです。

 

新たに何かに挑戦をするとき、
普通は、新しく何かを学んでいると思います。
その分野に関する勉強をして、先に知っている人に教えてもらって、
さらに、今まで出来なかったことが出来るようになっていく。

これは、自分の成長でもあるし、
年齢によっては衰えをカバーしていくことでもあります

 

そのときに、会社の立場によっては何かを捨てることになるかもしれません。
これが躊躇の原因になります。

しかし、新しい挑戦に、必ずしも「捨てる」という行為が付いてくるわけではありません。

うまく工夫をすれば、新しく得られるものは単純にプラスになり、
これまでのキャリアをさらに磨いてくれるものになるかもしれません。
理想としては、「捨てずに、得る」です。

 

もちろん、理想的な状況ばかりではありません。
例えば、会社の中での新しいチャレンジとして新規プロジェクトに参加するとします。
このときに、一旦はこれまでの業務から離れることになり、
自分が離れている間にその業務にはいろいろな変化があるかもしれません。
プロジェクトが終わって戻ってきた時に、その変化についていけなくなる可能性だってあります。

それでも、自分が新たに挑戦したことによって得るものがあれば、
プラスマイナスで、大きなプラスを作れます。

 

新しい挑戦をしないと、
何かに慣れていった脳がどんどん衰えていきます。
単純に脳トレやボケ防止を考えた場合でも、やはり新しいことに挑戦したほうが良いです。

 

闇雲になんでもかんでも手を出すのは良くないですが、
目の前にチャンスがあるのであれば、それに挑戦するほうが良いのです。

 

やらないことが無難と考える人が少なくないと思いますが、
実は、挑戦することが無難な場合が多いのではないかと思います。

数学で途中計算の書き方、普通のメモにも言えること

思考力トレーナーの永江です。
石川県加賀市の片山津地区で、学習指導の教室(塾)を運営しています。

数学の学習方法というか、
算数のレベルでも言えるような計算の書き方の注意について書きます。

このことは子供の勉強の仕方というレベルだけじゃなく、
大人が考え事にメモを活用するときにも言えるような
普遍性のある要素を含んでいます。

 

私が中学生だったときの数学の先生に教わったことで、
問題を解いていくときの注意事項です。

先日、
大学受験を題材にしたある漫画を読むことがあって、
その中で説明されていることにも同じようなことがありました。

ちょうど加賀市内で行っている学習指導で
中学生にちょっとしたコツとして教えていたことでした。

 

下の画像を見てください。
2つの計算問題に対して異なる書き方で解答を導き出しています。

計算問題の解答、書き方

上の例だダメなもので、
下の例が理想的な計算の書き方です。

違いがあるのは
・符号や数字と計算の経過を丁寧に書いてあるかどうか
・縦に並べて書いてあるかどうか
という2点です。

 

思考の途中経過を書き出しているものなので、
丁寧に書かないとミスにつながります。
符号が見づらかったり数字の書き方が乱雑であれば、
次の計算に進むときに間違った結果を生んでしまいかねません。

縦に並べるのは、
その方が途中経過のそれぞれのパーツが
きれいに上下に比較できるように並んで
やはりミスを減らせるようになるからです。

 

端的に言えば、
メモは分かりやすく丁寧に書く、ということになります。

 

頭の中で分かっているからと
いいかげんなメモの書き方をすると間違いを起こしやすくなります。

人間の頭の中なんて自分で思っているほど整理整頓されていませんから。
目に見えるものを使って美しく並べかえてあげないといけないのです。

 

数学の計算問題では、丁寧にきれいに縦にならべて、

その他のどんなメモ書きも、
分かりやすく丁寧に書きましょう。

 

最後に、
私が指導のときに使っている問題集です。
出版の事情には明るくないのですが、もしかしたら新刊としての発行はもう無いのかもしれません。
Amazonでは中古品の出品のみになっているようです。

ただ、指導要領に沿った形でわかりやすく単元が区切られていて、
問題量としても無理なく進められるものだと思います。


中1数学 (学研ニューコース問題集)

 


 


見える化には「図示」を活用、箇条書きでは不十分

思考力トレーナーの永江です。

見える化という言葉も随分と一般的になりました。
個人においては自分のアタマの中で考えていることを明確にして
次の思考をスムーズで質の高いものにするために、
組織においては所属するメンバーどうしの認識を共有して
同じ目標に向かえる誤解のない議論を行うために活用されます。

上記にあるのは事例であって、
もちろん他に活用できるシーンも想定されます。

とにかく思考を助けてくれるのが見える化です。

 

単に見える化というとホワイトボードや紙に書き出すことを言いますが、
本当に有効に活用するためには、その書き方が問題になってきます。
そして、この記事のタイトルにあるように、
いろいろな記号を使ったりして図示することが理想的で、
単なる箇条書きでは情報の羅列にすぎず不十分なのです。

下の図では、
上の方が箇条書きで、下の方は囲みを使った分類をして、
買い物メモが書かれています。

上の例では出来ない思考が下の例ではなされていて、
それは、なんらかのカテゴライズによる分類です。

買い物メモの例その1

買い物メモの例その2

同じメモ書きとして使用するならば、下の方がだんぜん良いですね。

 

このように図示といってもそんなに大げさなものでなく、
ちょっとした囲みや矢印などを使って簡単に出来るもので十分です。
でも、箇条書きにはない表現によってより多くの情報を見える化でき、
大変に便利なのがこの手法です。

 

情報を見える化するときには、
ぜひ、箇条書きではなく図示を活用するようにしてください。

 

文章を図示するワークも用意したWeb講座が好評です。
思考力アップの脳トレ講座(デキる塾編)

この講座では、思考力アップにつながる脳トレをたくさん用意しています。

 


 


「抜け・漏れ」を防ぐために必要なことは書き出しておく

思考力トレーナーの永江です。

今日は週のはじめでした。
私の場合は週末だからといって仕事をしないわけではなく、
多くの個人事業主さんと同様にプラベートとの境目はあいまいです。

それでも、対外的な業務や役所・公共施設さんと関係する事柄は
週末に発生した事案であっても月曜まで待つほかないことがあります。

ということで、
今日はいくつかの訪問と役所への書類提出をこなしました。

この種類の業務は「抜け・漏れ」があると自分が困るだけではなく
相手方にもご迷惑をお掛けすることになります。
事前にチェックが必要ですね。

私の場合は必ず紙に書き出すようにしています。
メモとして持ち運べるものとは限りませんが、
必ず「見える化」します。

ちょっと複雑だったりやることが多い場合は
マインドマップに描き出します。
これで「抜け・漏れ」はほとんどありません。

みなさんも、必要なことはアタマの中だけでなく、
いちどアウトプットして「見える化」しましょう。

 


 


資料作成中

「ネクストリーダー研修」 の投稿で書きましたが、
10月に石川中央労務研究所の主催で開催されるセミナーで講師を務めさせていただきます。

そのための資料を作成しているのですが、
例によって(?)プレゼンのシナリオなどを考えるために
マインドマップを使っています。

今日はカラーボールペンでさらさらっと。
メニューを考えながら、10分くらいで描いたものです。

これから、これを元にパワーポイントを作成していきます。

 

関連投稿:「ネクストリーダー研修」