自己紹介をフレームワーク思考で組み立てる

思考力トレーナーの永江です。

昨日は
女性の活躍を支援する「かなふ」さんの主催セミナーで
「やさしい自己紹介のコツ」というお伝えをさせていただきました。




自己紹介については
わたし自身が課題としていろいろ考えたことです。
どんな自己紹介をすればいいのか。
何を言えばいいのか。
名前はもちろん言うとして、
他には、
仕事のこと、趣味のこと、性格、活動エリア、過去の実績、etc……

自分を構成する要素のうちの
何を伝えると、良い自己紹介になるのだろうかと、
試行錯誤した時期もありました。

 

そして、
その試行錯誤の過程で
フレームワーク思考を使って準備をしておけば、
自己紹介もラクに出来ると気づいたわけです。

 

人間は、
漠然とした全体をいきなり考えようとすると出来ないけれど、
ちょっとした枠組みを自分に与えるだけで、
すぅっと考えやすくなるものなのです。

そして、
フレームワーク思考で自分を「分解」することと、
いくつかの想定されるパターンに「再構築」することで、
相手によって臨機応変に変えられる自己紹介が作れます。

「分解と再構築」については
ロジカルシンキングの中でお伝えしていることでもあります。

フレームワーク思考とあわせて
いろいろな思考シーンで活用できる考え方。
参加された方にも、
「よく理解できた」
「なるほど、納得した」
と、おっしゃっていただきました。

 

今回の講座は
「かなふ」さんの
「ビジネス・セルフ・プロデュース講座」の一環として行われたのですが
次回、4月15日の開催でも私が講師を務めます。
こちらは
「めざせ説明美人」というお題で、
伝えるべきことを、
わかりやすく
誤解のないように伝えるにはどうしたらいいのか、
というお話をさせていただきます。

もろもろ、
以下のリンクから詳細をご確認いただけます!

こころを育むぶんか教室 かなふ

Facebookイベント★女性限定★ めざせ説明美人 ビジネス・セルフ・プロデュース

 


 


女性向けセルフ・プロデュース講座

思考力トレーナーの永江です。

金沢にて
日本文化を大切にしながら女性の活躍を支援している
「かなふ」という集まりがあります。

そこの主催で開催される
「ビジネス・セルフ・プロデュース講座」は、
シリーズとして催され、
働く女性を支援していこうと企画されたものです。

そして、
私が、
そのシリーズの第1回と、第2回を担当させていただくことになりました。

女性の活躍を支援する

かなふ(かなう)さんの主宰は女性なのですが、
ご自身もビジネスや社会活動をしながら、
同時にそこで課題を抱えている人を応援したい
という思いを持っていらっしゃいます。

また、着付けやお花といった和の文化に親しんでおられ、
障害者向けの支援事業の中で、
水引などの製作を活用したワークショップなどもやっていらっしゃいます。

そういう方がシリーズ化した女性向け講座を開催されるということで、
そこのお声がけをいただいたのは、とてもありがたいことなのです。

第一回は自己紹介

最初の開催となる3月24日の講座では、
自己紹介をテーマにしたフレームワークの活用をお伝えします。

これから何かを始めて活動していこうという女性にとって、
どのように自己紹介をすればよいのかが課題になることも
少なくないとうかがいました。

とっさにパッと思いつく人はそれでよいのですが、
いざその場面になったらあたふたすることもあるそうです。

そこで、
私が得意とするフレームワーク思考を応用して、
自己紹介の準備をしておくための内容を用意しています。
あらかじめ準備をしっかりしておくことで、
あるいは、準備のしかたを理解しておくことで、
いざというときに役立てていただこうと思います。

第二回は説明が上手になる講座

第二回の開催は4月15日を予定しているそうです。
「そう」というか、基本的には確定ですが……。

これはロジカルシンキングの講座をやるときにも耳にするのですが、
論理的にわかりやすく説明するのが苦手という方がいらっしゃいます。
論理的な説明が実際に苦手だという方は男女どちらにもいそうですが、
ご自身で自覚してその解決を図ろうとされるのは
女性が多いように思います。

一般的にもそういわれることが多いですかね。
私自身はどちらともいえな気がしますが。

ともあれ、
ビジネスのシーンで活躍をしようというのであれば、
論理的でわかりやすい説明は不可欠です。

4月に開催される第二回では、
「たったひとつの心がけで分かりやすくなる」を目指して、
講座を担当させていただく予定です。

どちらの開催も女性限定ということです。
また、会場にはお子さんが遊べるスペースがあって、
託児というわけではありませんが、
お子さん連れでのご参加も可能ということです。

私は、準備にがんばります。

 

かなふ主催「ビジネス・セルフ・プロデュース講座」のご案内ページはこちら

Facebookイベントはそれぞれ下記になっています。
急に紹介されても大丈夫になる自己紹介の準備セミナー  3月24日
たったひとつの心がけで説明が分かりやすくなるセミナー 4月15日

 


 


フレームワーク思考の「守破離」を考える

思考力トレーナーの永江です。

フレームワーク思考の活用が好きで、
今度の【デキる塾】というセミナーでもそのお話とワークをやります。

 

フレームワークというのは考えるための枠組みのようなもので、
有名なところでは、以下のようなものがあります。

SWOT分析
5Forces
PDCAサイクル
PPM分析
マーケティングの4P
マーケティングの[4C
などなど……

 

それぞれの説明はここでは省略しますが、
一部について、フレームワークいろいろのページで簡単な説明をしています。

 

フレームワークとして紹介されるものの多くはビジネスで利用することを目的としており、
経営の中でスマートを思考をめぐらすための道具として知られています。
ビジネスマンであれば必須の知識という人もいて、
どちらかというと「仕事で使うもの」というイメージがありますね。

 

しかし、
そもそもフレームワークとは考えることを助けてくれるツールなので、
考えることがあるのであれば、その対象はなんでもいいのです。

たとえば、
今日の晩ごはんは何にしようかと考えるときにも使えるし、
年末の大掃除の段取りをするときにも使えます。
パートナーとケンカしたあとに仲直りするときにも、
ママにお小遣いをねだるときにも使えるものだと考えています。

 

ただし、もともと経営のシーンで使うことを想定されたものについては、
それをそのまま普段使いするには、ちょっとした工夫も必要です。
私をそれをして、活用の範囲を広げていきたいと思っています。

今回の【デキる塾】でやりたいのもそういうことです。

 

例えば、
会社の経営資源を洗い出すフレームワークがあり、
ヒト・モノ・カネ、そして、顧客、ブランド、情報、時間について
会社の状況がどうなのか分析するのに利用できます。

これを応用して、個人の持っているものや身の回りにあって使えるものに当てはめると、
その人が、何事かをなしとげたいときの成果の可能性を分析できます。
質や量の点で物足りないところがあれば、それを明確にできるのです。

 

フレームワークの本当の使い方は、自分でTPOに合った新しいフレームを作ること。
これが私の考えていることです。

したがって、
「守破離」の考え方でいえば、
誰か先人が考えてくれたフレームを使って思考をするのが「守」。
自分なりにそれを応用しようとするのが「破」。
そして、思考の場面に応じて自由にフレームを引用したり創造したりするのが「離」。
そう考えます。

 

今のところ私は、少し「破」の域に入ってきたところでしょうか。
生涯学習のようなものの一環として、フレームワークの「守破離」を達成したいものです。

 


 


フレームワーク思考のセミナーやります

思考力トレーナーの永江です。

こんどの【デキる塾】はフレームワーク思考のワークショップです。

ロジカルに、効率的に、良い感じに考えをまとめていくのに、
フレームワーク思考が便利です。

フレームワークとは何かといえば、
考えるための入口になるヒントです。

あるいは、
考え方の枠組みを教えてくれる先生です。

あるいは、
考えることを手伝ってくれるアドバイザーです。

 

いろいろな言い方ができると思いますが、
仕事や暮らしがちょっと便利になるようなツールだと言えますね。

そんなフレームワークをいくつかご紹介しながら
頭の体操をしていただきたいと思います。

9月の「デキる塾」 
仕事と暮らしに使えるフレームワーク思考
Facebookのイベントページで受付をしています。

 


 


フレームワーク思考の枠組みをまとめたページを作成

9月の【デキる塾】は「仕事と暮らしに使えるフレームワーク」というテーマで開催します。
思考の枠組みを上手に活用して、仕事と暮らしをちょっと便利にしてみましょう。

思考力トレーナーの永江です。

私はロジカルシンキングのセミナーで講師をさせていただいていますが、
その中では、フレームワークを使ったフレームワーク思考も活用しています。

フレームワークとは思考の枠組みのことで、
これを使うと、対象となる事柄がわかりやすく分解できます。

 

フレームワークいろいろ論理的にものごとを考えるためのコツの1つとして、
対象となる事柄を分解して考えるというものがあります。例えば、会社の事業について考察をするのであれば、ヒト、モノ、カネ、に分解し、さらに、ヒトであれば、役職や年齢、職種などヒトに関わるさまざまな要素で分解します。

もちろん、どのように分解して分類をしていくのかは、なんのために思考を進めるのかや、考える対象がどんなものなのかによって変わります。1つとして同じものがないのが当然なのですが、それでも考えるヒントになる枠組みがあるのです。
ヒントになるこの枠組みがフレームワークと呼ばれています。
それを使った思考がフレームワーク思考です。

 

ロジカルシンキングの講座でいろいろな事例を紹介しているのですが、
限られた時間の中ではそのすべてをお伝えすることができません。
そもそも、いろいろな人がいろいろな枠組みを開発して広めているので、
ぜんぶでいくつあるのかは、誰にも分からないと思います。
私も、自分が考えるために都合のよい枠組みをいくつか作りました。

講座やセミナーでは十分にご紹介できないので、
通常は冊子を用意してお渡しをしています。
その内容を、Webページとしてもご用意いたしました。

フレームワークいろいろ

上のリンク先に合計23個のフレームを並べました。
それぞれに簡単な説明を付けています。
このページを見ただけでは分かりにくいこともあるかもしれませんので、
その場合は、ページ内にある問合せフォームへのリンクをクリックして、
お気軽にお問合せください。

 

思考ツールとして活用して、
あなたが考えることをより上質なものにしていきましょう。

 


 


女性のためのロジカル・シンキング講座

石川で思考力トレーナーをしている永江です。
思考力といっても少し抽象的な表現ですが、
そこに含まれるロジカル・シンキングというとピンとくる人も多いようです。

公益財団法人いしかわ女性基金さんからのご依頼で、
2月に女性向けのロジカル・シンキング講座で講師を務めました。
なんと定員の倍を超えるお申込みがあったそうで、
残念ながら抽選の結果、参加できなかった人は半数以上です。

おかげさまで講座自体はご好評をいただく内容となり、
私自身も満足できる内容としてお伝えできたと感じています。

 

この講座の内容は、
「ロジカル・シンキングを利用して分かりやすく伝えることを学ぶ」
ということが、全体の目的として設定されていました。
理にかなった思考から、論理的で分かりやすい説明力を身につけたい。
そんな女性のご要望が、いしかわ女性基金さんを通じて私に届けられたということです。

このときにお伝えしたロジカル・シンキングの流れはこうです。

考える対象が意味合いとして持っている要素を細かく分解する。
そして、そこで出てきた要素ごとの関係性を確認しながら、
いろんな組み合わせによって目的に合った状態に再構築していく。
最後に、分かりやすい順番を意識してアウトプットしていく。

このことを、説明とワークを織り交ぜて講座として構築しました。

 

ロジカル・シンキングの手法はいろいろな人がお伝えをしていますが、
私の手法は説明だけを聴いてもあまり面白くないかもしれません。
ワークも、極端に楽しいものではありません。
ただ、前向きに取り組む人も、半信半疑な人も、
それなりに楽しめる内容から、ズバッと核心をついた説明をしています。

どうやったら考えることが上手になるのか。
どうやったら分かりやすく伝えられるのか。
そんなことのコツなんかもお伝えしています。

 

2月にやらせてもらったこの講座の第二弾が7月に開催されることになりました。
基本的には同じような内容の予定ですが、もっと「伝える」ことに重点を置こうかと考えています。
それは、女性基金さんに寄せられるアンケートやご要望などから、
女性からの要望として「伝達力」をアップする講座の需要が多く挙げられるとうかがったからです。

女性はコミュニケーション力が高いと言われますが、
かといって必ずしも論理的な説明が上手なわけではないそうです。
「~そうです」と書いたのは、
私がそう感じているわけではなくて、周りの女性の多くからそう伺うからです。

ならば、私は、持っているコンテンツを活かして、
そのような悩みを抱える女性のお手伝いをしよう。
それがこのお仕事を引き受けることの意義のように考えています。

 

また、同じようなロジカル・シンキングの講座は、
月ごとのシリーズとして北陸ガールズスクエアでも開催しています。
こちらは、3時間の内容を3回に分けて開催していて、
すでに4月にいちどやらせていただきました。

4月に参加していなくても、5月、6月、とされぞれ単独でも問題ない内容になっています。
Facebookイベントで募集をしていますので、よかったらご覧ください。

もう人間関係でイライラしないための〈ロジカルシンキング〉講座#2
〜感情に引きずられないための「考えるツール」〜

上記の5月開催は、フレームワーク思考をはじめとした思考ツールについて、
お伝えをして、そして実際に使ってみるワークを予定しています。

みなさまのご参加をお待ちしております。

 


 


フレームワークとしての「売上の5原則」

思考力トレーナーの永江です。

一般的に売上を上げるために必要な要素を
5つに分類したもが売上の5原則といい
売上が上がるか持続する理由はこの5つに集約できます。

<売上の5原則>

・新規顧客の獲得
・既存顧客の流出防止
・購買頻度を上げる
・購買数を増やす
・購買単価をを増やす

それぞれの値や精度を上げていくことが売上げアップにつながり、
強みを活かして機会を逃さないようにと、
SWOTなどによる分析を行ったうえで検討するとなお良いです。

 

売上の5原則は自分自身が関わるビジネスはもちろん、
他人の商売について考えてみるのも面白いです。

つまり個人事業なら自分の商売、
サラリーマンの人であれば勤めている会社の営業、
それらについて実践的に考えて活用していただきたいのですが、
他の対象を題材にするとフレームワーク思考の練習になるということです。

 

例えば、以下のような内容について脳トレワークとして考えてみてはいかがでしょうか。

・いちばん近所にあるコンビニの売上アップ策を考えてみる。
・最寄り駅にある売店の売上アップ策を考えてみる。
・自分が所属する企業の売上アップ策を考えてみる。
・身近にある観光地について、売上アップになる方策を検討してみる。

本来の使い道から考えれば、
これらを考えたあとにはちゃんと現実的な実行計画を考えるなどして、
単なる机上の空論にならないような実効性が必要なのですが、
単純に練習ワークとしてトレーニングにするのもいいですよ。

他の題材についても思いついたらやってみてください。

売上の5原則

 

マインドマップ公認インストラクター矢嶋美由希さんとのコラボセミナー
未来に活躍するビジネスパーソンのための
マインドマップR活用セミナー「フレームワーク思考への応用」

お申込み受付中です。

 

マインドマップとフレームワーク思考のコラボ

思考力トレーナーの永江です。

マインドマップって楽しそうだけど、どんな場面に使えばいいの?
という人にはコレ!

あるいは、
マインドマップを描いたりしているんだけど、
枝の伸ばし方、情報の分類の仕方がイマイチわからない……。
そんな人にもぴったり!

そんなセミナーを5月24日に東京で開催します。

 

思考ツールは道具です。
道具なのだから、上手に使える人とそうでない人がいます。
上手に使っている人からコツを教えてもらうと、
そうでなかった人も上手に使えるようになりますよね。
このセミナーはそういうことが狙いです。

 

フレームワーク思考というお薦めの思考方法があるのですが、
これをマインドマップで描き出すようにすると、
双方の良いところが増幅されて、本当に思考の整理整頓に役立ちます。

フレームワーク思考について勉強をしていくと、
ある問題というか課題にぶつかるんですが、
マインドマップを使うことでそれが解決したりもします。

 

残念ながら、地元の石川県での開催ではないので申し訳ないのですが、公認マインドマップインストラクターの矢嶋美由希さんとコラボして、東京での開催になっています。

あなたの隠れた天才思考を、東京でも引き出しますよ。

下のバナーをクリックすると、こくちーずの案内ページが表示されます。
そちらにイベントの詳細が記載されていて、お申込みができるようになっています。
ぜひ、ご覧ください。

未来に活躍するビジネスパーソンのための マインドマップ活用セミナー「フレームワーク思考への応用」

 

ロジックツリーとマインドマップ

思考力トレーナーの永江です。

ロジックツリーという思考ツールがあります。
フレームワークの一種と考えてもいいです。
木の枝が伸びて広がるように項目を書き出す手法で、
階層的な分類を行ったり、論理展開のつながりを確認したりします。

例えばこの図のようなものです。

ロジックツリー1

図1クリックで拡大(別ウィンドウ)


トーナメント表のようですね。
このように枝分かれしながら分類をしたり、
手段や原因・理由などの論理展開を書き表していきます。

 

しかし、このロジックツリーという「描き方」には都合の悪いところがあります。
それは、後で思いついたことを描き足しづらいという点です。

ロジックツリー2

図2クリックで拡大(別ウィンドウ)


図2の例では、
「SNS」の先をさらに分岐させて「Twitter」と「Facebook」を足したいのですが、
既に描き込まれたものが邪魔で描き足しづらいのです。

次の図3も同様で、
「バナー広告」の細分化項目として「クリック保障」を足したいのですが、
既に描かれた「表示保障」と「検索連動」の間が狭くて描き足しづらくなっています。

ロジックツリー3

図3クリックで拡大(別ウィンドウ)


 

私はロジックツリーが有効な思考シーンにおいては、
ぜひともマインドマップを使うようにお勧めしています。

この例の流れをマインドマップで表現していた場合、
いったん図4のように描かれたあとに追加をしたくなり、
図5のように描き足されることになります。

マインドマップ1

図4クリックで拡大(別ウィンドウ)


マインドマップ2

図5クリックで拡大(別ウィンドウ)


 

マインドマップは枝(ブランチ)を自由に放射状に描いていくので、
後で追加情報が出てきたときに便利です。

また、ロジックツリーでいったんきれいに並べて描いてしまうと、
その「きれいさ」に脳が安心してしまい、漏れがあっても気づかなる可能性が高くなります。
これではいけません。

思考力を高めて自由な発想をし、
項目や関連を漏れ無く挙げていくにはマインドマップが格好のツールです。

 

マインドマップは描かれた要素が揃っていない(整列していない)ので見づらい、
というのであれば、いったんマインドマップで描いたものを
ロジックツリーに清書をすればいいと思います。
(個人的にはこの清書は不要だと感じていますが)

ロジックツリー4

図6クリックで拡大(別ウィンドウ)


放射状に描くという形状のイメージから、
自由な発想に向いていると思われがちなマインドマップですが、
その自由な発想を誘導してくれることが漏れ無く情報を挙げていくことにつながり、
論理的な思考にもとても役に立つのです。

 

ロジックツリーについては、こちらの電子書籍でも取り上げています。
身近なことで思考の練習をしよう ふだん使いのフレームワーク思考 (オフィスまなぶき)
フレームワーク思考はロジカル・シンキングを助けてくれるとても便利なツールです。
ビジネスユースで紹介されることが多いのですが、
ふだん使いをしてこそ便利さが本当に分かるのではないかと思っています。

 

最後に、
マインドマップについての私の師匠である矢嶋美由希さんの書籍を紹介しておきます。
こちらは、マインドマップの描き方ルールや、「マインドマップとは」という内容のほかに、
なによりも、たくさんの方の活用事例が載っているのでオススメです。

ひとことでマインドマップといっても使い方は人それぞれ、
まさに千差万別のマインドマップがいろいろ紹介されているので、
マインドマップに興味ある人にはぜひ読んでいただきたい内容です。


ふだん使いのマインドマップ 描くだけで毎日がハッピーになる

 


 


マインドマップ活用セミナー開催@東京

思考力トレーナーの永江です。

公認マインドマップインストラクターの矢嶋美由希さん
コラボセミナーを開催することになりました!

矢嶋さんはプロコーチでもあり、
全国各地でマインドマップ関連のセミナーを実施している人です。

また、
普段の暮らしの中で使えるマインドマップ活用を紹介した著書が好評で、
セミナー受講者や本の読者のファンも多いです。

著書はこちら

セミナーでは、まず
矢嶋さんにマインドマップの基礎的な知識や描き方を伝授していただきます。
初めての人や自己流の人には確かな土台となるものを、
受講経験者の人には基本ルールを深める知識をご提供いただけると思います。

そして、後半で
マインドマップの実践活用としてフレームワーク思考への応用を私からお伝えします。

フレームワークは思考を助けてくれる便利な枠組みですが、
単純化しすぎて思考が陳腐化してしまうことがあります。
あるいは枠を意識することで途中で思考が止まることもあります。
情報を深堀りできなくなる可能性があるんですね。

この懸念を取り払ってくれるのがマインドマップというノートの描き方です。
自由な発想、関連性の理解、五感を刺激する楽しいアウトプット。
マインドマップで得られる色んな要素が刺激になって、
フレームワーク思考の良い面をさらにレベルアップしてくれます。

開催は5月24日(土) 東京です。

詳しくは下記のリンク先からご案内をしていますので、
ビジネスにマインドマップを活用してステップアップしたいという方は是非ご検討ください。

未来に活躍するビジネスパーソンのための
マインドマップ®活用セミナー「フレームワーク思考への応用」

未来に活躍するビジネスパーソンのための マインドマップ活用セミナー「フレームワーク思考への応用」