フレームワーク的な図示みたいに目で見えるものが思考を助けてくれる

思考力トレーナーの永江です。
われわれ人間は、特に現代人は、日本の現代社会に生きるものは、職業人は、職業人じゃなくても生きていくためには、とにかく考えるということから逃げるわけにはいきません。毎日、毎日、考えることの連続です。だから、考えることが上手になったほうが幸せな人生を送りやすいと思っています。

ただ考えるだけというのは難しい

考えるということを純粋に独立させて、それのみを行うとします。つまり、体を動かさずに、目を閉じて、閉じなくてもいいですが、ただ脳みそのみを活動させて考えます。それで考え事が捗るということはあるでしょうか。私は無いと思います。

でも、ときどきいらっしゃいます。考え事をするときに、腕を組んで、目を閉じて、じっと座った状態で「うーん」と考えている人が。あるていど以上の年齢の男性に多いようなイメージです。「わしはこのスタイルなんだ!」と言われそうですが、あれは良くないと思うんですよね。

私は、腕を組んでただ脳みそのみを活動させて思考をしたことがあります。一方で、いろいろと工夫をして体をなにかしら動かして思考したこともあります。体を動かすにもいろいろありますが、思考とは直接に関係ない動きもあれば、思考を助けるために紙に書き出すような動きもあります。思考するときにどういうのが良いか比較できるわけですが、比較してみるとやっぱり体を動かすのが良いです。比較してみれば、ただ考えるだけというのは上手な思考ができないといえます。

体(手)を動かして視覚化もする

2019年の今になってみればあちこちで言われ尽くしたことですが、視覚化するのは思考にとって非常に重大な助けになります。ビジネスをやっている人なら「視覚化せよ」と言われたことがある人は多いはず。ビジネスをやっていなくても、視覚化によって「お!」と思った経験のある人もいらっしゃるでしょう。思考のときに体を動かすのが良くて、さらに、どうせ体を動かすなら、手を使って視覚化をすると良いのです。

ただし、視覚化をするといってもどのような視覚化が良いのかということがあります。それを知らない状態では、あまり効果が高くない視覚化をしてしまう可能性が高いです。どうせ体を動かすなら手を動かして視覚化をする。そして、どうせ視覚化をするのであれば、より効果を期待できる視覚化の方法をとるのが良いです。

効果の高い視覚化の方法

効果の高い視覚化の方法を目指すとき、そこにちょっとアタマを使ったり、工夫をしたりする必要があります。アタマを使うというのは、視覚化をする対象をどのようにレイアウトするのかを考えることです。縦横の位置を気にしたり、囲みを使ったり、線や矢印でつなげたりします。これらは工夫の一貫でもあるのですが、さらに使える工夫としてフレームワーク的な考え方を用います。

思考の話をするときのフレームワークとは、考える対象となる物事を、考えやすくするための枠組みです。たとえばどういうものがあるかというと、フレームワークをいろいろまとめたページがありますので、こちらをご覧ください。これらは先人たちが考え出してくれた非常に便利な枠組みです。この枠組を使うと、われわれが出会うであろういろいろな問題を考えやすくなります。特に、図示やイラスト、グラフィカルな表現を意識して手を動かすと、より思考がスムーズになります。まだ経験のない人はぜひ試してみてください。

 


 



ノートの書き方、メモのとり方

思考力トレーナーの永江です。
以前にもブログ記事として書いたことがありますが、ノートの書き方はなんでもいいというわけじゃないというお話。

たとえば中学生のノートの個性

たとえば中学生の学習ノートを見ると、書き方はその子の性格も反映してか、本当にさまざまです。ビッチリ隙間なく埋めている子もいれば、自由奔放にあっちこっちに文字が踊っているものもあります。特に、板書用ではなく自分が自由に使えるものだと、その違いはむしろ見るのが楽しくなるほど大きいです。

大人が仕事で実施するメモとりも様々

仕事で電話をとることがある人は、メモをとる機会も同時にあると思います。あるいは、上司からの指示を聞きながらメモをとるということもあると思います。そのときもやはり人によって個性があります。中にはあとで見るとさっぱり分からない状態になっている人もいます。逆に、他人が見てもすごく読みやすく、キレイな文字で読みやすく書かれているものもあります。とにかくメモ取りもさまざまです。

どうでもいいわけじゃない

中学生のノートにしても、社会人のメモにしても、何かの目的があって書いているはずです。目的に合うように紙と筆記用具を使うなら、目的に合うような使い方があるはずです。そのときに「書く」ということをのみ目的としてしまっては適切でない状態になります。そのときに耳にしていることをしっかりに認識するためなのに出来ていないとか、あとで読む必要があるのに読めない文字になっているとか。そんなことにならないように、常に、ノートも、メモも、書き方には注意をしたほうが良いです。

少し具体的なことを書いておくと、文字があとで読めるレベルで書かれていること、どういうふうに紙の上にレイアウトしていくのかを感がていること、縦横の並びを意識すること、などが基本的なものとして有効です。これらのことにちょっと注意しながら書くようにすると良いかと思います。

考えるために必要な時間の過ごし方

思考力トレーナーの永江です。
人は何かを考えるときに、ゼロ・タイムというわけにはいきません。いくらかかの時間は必要で、その長さは人によって、考える対象によって異なります。

考えるのに時間がかかる人

この記事を書くきっかけになった出来事があります。学習塾の生徒さんで、作文を書こうとするときに、えらく時間がかかる人がいます。それは、もう、ものすごく考えることに時間を費やし、書くための時間確保に苦労するほどです。そして、この生徒さんの成果物としての作文は、だいたいが、比較的に短いものになってしまいます。

子供だからというわけでもなく、大人でも考えるのに時間がかかる人がいます。実は私もどちらかというと時間がかかるほうで、すばやくパッと物事を判断するのは苦手です。だから、すぐに決断しなくてはいけない案件はどうも苦手で、そういうのはなるべく回避させてもらうようにしています。

考えている間になにをするか

ただ腕を組んで考える時間を過ごすのはもったいないように思います。私の場合は、紙に何かを書きながら考えたりします。あるいは、部屋の中を歩き回りながら考えることもあります。この場合は、考えていることと体の動きに直接の関係はありません。あるいは、いったんそのことを忘れて、他のことを考えるようにしてしまうこともあります。

私自身が意識をしていることは、ただ考えるだけの過ごし方をしない、ということです。積極的に思考を進めたいときには紙に書くなどのアウトプットを一緒にやることにしています。アタマの血流を良くする目的で体のどこかや全体を動かすこともあります。他のことを考えるようにしてしまうのは、いったん時間をおける場合であって、後でフッと良いアイデアが浮かんできたりします。

無為な時間を過ごさないこと

いずれにしても、考える時間が無駄になるのがイヤなんですね。だから、考える時間をどうするのかも考える。ただ考える、つまり、ただ脳だけを活動させる状況で良い思考にはならないと考えています。

 


 



継続するときのひとつのコツ=他者のチカラを借りる

思考力トレーナーの永江です。
何事も継続してこそ、だと思います。特に人材を育成するようなお仕事をさせていただいていると感じます。学習塾だとハッキリと分かりますね。地味な演習を継続した子は成績につながりやすいし、そうではい生徒さんは「それなり」でしかありません。

だいたい、みんな、継続は苦手

大人になってから何かを続けようと考えたことは何度もあります。その中にはずっと続けていられたこともあれば、あっという間に続かなくなったこともあります。こういうことは他の人にもあると思うし、私のまわりの人たちにもたくさんいます。前の記事でも書きましたが、多くの人は「続けるのは難しい」と言います。私もそう感じています。自身では、どちらかというと苦手な項目だと思ってもいるので、「できるよ」と言うために工夫も考えています。そして、この記事のテーマそのものですが、他人に頼って継続しやすくするというのもひとつのコツです。

一緒にやることで続けやすくする

たとえば、学生時代にジョギングを始めて、それを続けていこうと思いました。きっかけは友人の軽い一言だったのですが、その友人と他の友人もあわせて3人で始めることになりました。そうすると、たったひとりでやるわけではなく、「あいつらと一緒に走る」という行為になるので続けやすかったです。一緒にやる人がいるから、楽しみながらできるし、ジョギングに関して言えば会話もしながら走れます。仲間がいると続けやすいと感じたことの一例です。

逆に、たったひとりで始めることになるから続けにくいのが日記など。基本的に他人に見せるものではないので続かなくなることが多いです。子供の頃から数えたら、日記や小遣い帳は、おそらく10本の指で足りないくらいの回数で三日坊主をやらかしています。

監視してくれる人を設定する

仕事面でいえば継続しないと問題があることがあって、それが継続できないとヤバいというものがいくつかあります。会社員であれば上司がチェックしてくれると継続しやすいです。他者が頼りというとちょっと情けない感じもしますが、うまく使えるものは上司といえば使えばいいです。

現在の私のような個人事業主だと上司がいません。そういう場合にはクライアント=お客様が監視役になることがあります。また、コンサルタントやコーチを雇って監視役をしてもらうことも考えられます。帳簿が苦手な知り合いが、それでも自社の会計をちゃんと把握するために、税理士さんを監視役にしているという話を聞いたこともあります。

自分だけだと弱いのが人間

人間は基本的に弱い生き物だと思います。自分ひとりだと本当にそう。だから、誰かを頼るというのはぜんぜん情けないことではなくて、一方的に頼り切るとしたらちょっと考えたほうがいいというていどのことです。他人を頼ること自体は悪くありません。

それは、継続するということについても同じなので、他者のチカラを借りるということも、継続のために考えていいのではないかと思います。

 


 


継続するときのひとつのコツ=「自分は得意だ」と言ってしまう

思考力トレーナーの永江です。
「思考力のアップ!」を目指すなら、どうしても継続が必要です。なにかちょっとしたことで魔法のように明日から思考力が向上することはありえません。トレーニングになること、練習になることを継続する必要があります。

「続けるのが苦手」という人は多い

わたし自身がそうですが、「なにかを続けるのは得意ですか?」と質問をされると、「あまり得意ではない」という人は多いです。「苦手です」という人も多いです。胸を張って「大の得意です!」という人はそれほどいないのではないでしょうか。経験がなければ身近なお友達なんかに質問してみましょう。継続ができていそうな人でも「あまり……」という人はけっこう多いと思います。

「継続が得意」と言ってしまう

謙遜が美徳である日本人だからなのかもしれませんが、自分を褒めるような言葉を他人に言うことはみなさん控えます。言葉は他者に対して使うことが多いですから、謙遜がクセになっていれば「得意だ!」というより「得意ではない」と発する機会のほうが多くなります。でも、これではその言葉によって自分に暗示をかける結果になってしまいます。

言葉は意味をもって自分に返ってきます。「得意じゃない」と言っていれば本当に得意じゃなくなります。「ああ、自分は継続が得意じゃないんだ」と思い込んでしまいます。だから、逆に「自分は継続ができるよ。得意だよ。」と言ってしまいましょう。うそでもかまいません。心の中で「それは違うよ」と思っていてもいいから、何度も言ってしまいましょう。

内容についても「得意だ、好きだ」と言う

同じように、続ける内容についても「得意だ」とか「それが好きだ」と言ってしまいましょう。紙に書いて貼っておいてもいいかもしれません。たとえばダイエットのためにウォーキングを始めようと考えて、そのときに「続けられるかな?」と声に出してはいけません。「続けられるよ。続けるのは得意だし。」と言いましょう。そして一緒に、「だって歩くのは得意だし。歩くのは大好きだし。」と言いましょう。

得意で好きなことをやるのだとしたら脳は「嬉しい」という感情とその行為をセットにして記憶します。そうすれば、続けたら良いと思っていることが、好きなことで気持のいいことになってきます。そうなったらしめたもので、単に好きなことを好きだからやるというだけになります。何かを継続するときには、まず継続が得意であると言ってしまい、あわせて、その内容についても、得意で好きであると発言しましょう。

 


 


困難な問題にぶつかったとき、他者からの支援と自力解決とのバランス

思考力トレーナーの永江です。
考えるチカラを高めるためには、ちょっとした注意や心構えも必要です。

自力で解決できない問題にぶつかったときの違い

学習塾で指導をしていると、生徒さんが自力では解けない問題にぶつかっている様子を見ることがあります。ドリルやワークといった課題で、数学系や物理系理科などでよく見かけます。そういうときに、本人の性格が現れているのでしょうか、講師である私に頼ってくるタイミングに違いがあります。

分からないと感じたとたんにすぐにどうしたらいいか訊いてくる子。あるていどの時間を自力で考えることに充てたあとで、断念して質問をしてくる子。ひたすら自力での解決にこだわって、こちらから手を差し伸べようとしても拒否する子。さまざまです。

極端であることは避けて支援者を頼る

あまり早々にあきらめてしまうのも良くなくて、何かというと他者に頼ってしまうクセがついてしまう可能性があります。愛嬌があったりするとそれはそれで処世術として成立しそうですが、思考力を鍛えることにはつながりません。一方で、いろいろと自力で考えるものの結局は解決できない子の場合は、限られた時間の中での効率的な成長がしにくいといえます。

なにごとも極端であることには注意が必要であるように、この場合も、中間あたりにベストがあるように思います。もちろん、その子の能力や成長の度合いによってその中間点のベストも違ってきますが、とにかく、どちらかの極端を避けたいところです。あるていど考えても解決しないときは、講師=支援者を頼るのが良いです。

適度に考え続けることをヒントによって促す

自力で考えることをほどほどにして、塾であれば講師の私を頼ってもらうのが良いです。しかし、ここで講師=支援者である私のほうにも注意が必要となります。それは、答えや解法をそのまままるごと教えてしまっては思考力=考えるチカラを鍛えることにならないということです。相手の状況なども考慮しながらヒントを与えるていどにします。

ヒントを与えて、また考えてもらう。そのときもそれまでと同様に、あるていど考えても分からなければ次のヒントを出します。そうやって、生徒の様子をみながら、ていどの調整をしながら、常に考えつづけるように促します。

他者からの支援と自力解決とをバランスよく

これは塾での指導にかぎったことではなく、たとえば会社で教育係たる上司が部下に接するときにも考えられます。もちろん、学校で先生が生徒の指導にあたるときにも考えられます。育成ということを目指しているなら、考える機会は存在しつづけさせるのが良いでしょう。

しかし、ちょっと面倒なのが自力解決にこだわるタイプです。この場合はヒントをもらうことを拒否してきます。そういうときに、とにかくヒントを出すからという言い方ではどうどうめぐり。その問題を考えることを一旦停止させて、場合によってはヒントだけなら受け取るほうが自身のためにも、まわりの人のためにも良いのだということを諭すようにするのが良いと思います。

 

適度な自力解決志向と、適度な他者からの支援。
このバランスをとることが思考力アップのひとつのポイントです。

 


 


理解の仕方を変えてみると

思考力トレーナーの永江です。
学習塾で小中学生の指導もしています。

正負の計算に関する理解

小学生から中学生にかけての勉強のうち、算数・数学の大事なポイントのひとつに正負の数の計算があります。プラスとマイナスを足したり引いたり、掛けたり割ったりするやつです。「プラスになるの?」「マイナスになるの?」「数はどうなるの?」と、なかなかうまく理解できないお子さんも珍しくありません。

理解できないときのよくあるパターンとしては、「+(プラス)」の記号と「ー(マイナス)」の記号の意味がわかっていないというものがあります。小学校で算数の勉強をしてきたとき、それぞれ、加算と減算の意味で教わってきました。でも、正負の数で考えるときには、「どちら向き」ということを理解できないとキツいです。一般的な数直線上で、「+」は右向き、「ー」はその反対向きという理解、掛け算や割り算の場合には特に「絶対的な方向性」ではなく、「相対的に逆むき」という意味での理解も必要です。このあたりの理解ができていないと、「符号が同じ掛け算はプラス!」と、ムリにでも覚えておくだけのダメな勉強の仕方になってしまいます

物事は複数の意味を持つことがある

つまり、「+」にしろ「ー」にしろ、ひとつの記号を複数の意味で理解しておいて、そのときに相応しい意味がどちらなのかを選択しないといけないということです。なんか、めんどうくさそうですが、繰り返して練習をしていくとなんとなく腹落ちして理解できます

そして、実はこの「ひとつの文字や言葉が複数の意味を持つ」ということは意外とどこにでもあります。ふだん使っている言語の中にもあるし、誰かの行動の意味について考えてもやっぱりあります。たとえば「ごはん」という言葉は、白米を炊いたものという意味でも使うし、食事全体の意味でも使います。会社の新人A君がいつもより元気に挨拶をしてきたのは、本当にその日は元気が満ち溢れていたのかもしれないし、本当や嫌なことがあってそれを振り払おうとしているのかもしれません。ちゃんと背景や経緯を知らなかったら誤解してしまうかもしれないことはたくさんあります。

あえて理解の仕方を変えてみる

我々は、なにかの事柄に当たったときに、「あ、これはこういうことだな」と理解をします。でも、その理解は、なんらかの情報としての背景や経緯を見落としている可能性もあります。もし見落としている背景や経緯や、その他の関係性があったら、本来なら正しくはない理解をしてしまうかもしれません。お仕事であれば、その後のアクションにつなげる判断を間違ってしまうかもしれません。

なんとなく過去の経験に照らして「こうだろうな」と思えることは同じように判断をしがちです。でも、どこかに「そうではない」情報が潜んでいるかもしれません。だから、しっかりとした思考をしていくためには、あえて違った理解の仕方をしてみると良いかもしれません。ひとつの理解にこだわりすぎないようにしたいですね。

 


 


説明がわかりやすい、教えるのがうまい

思考力トレーナーの永江です。
わかりやすい説明をすること、上手に人に教えること。
これらは私が常に心がけていることです。

わかりやすい説明に必要な2つのこと

私の仕事からいえば自慢にならないのですが、「説明がわかりやすい」と評価をいただくことが多いです。自慢にならないと書きましたが、実際には自慢のひとつであって、つまり、講師業をやっている他の人より説明が上手です。同業の人たちより私の説明がわかりやすいみたいです。セミナーに参加する人や塾の生徒さんは、何がどうなって分かりやすかったのかは分からないことが多いですが、とにかく「わかりやすかった」「これまでわからなかったことがわかった」と言われます。たまに同業の人にも何かの講義をする機会がありますが、そこでもわかりやすいという評価をいただきます。

私が講座やセミナーで心がけていることはいくつかあって、そのうちのひとつが「大きなことから順番に伝える」ということです。抽象的な概要やまとめを言ってから、細かく具体的な話をしていきます。「まとめ→事例、具体的な説明」という順です。
それから、話の論理性にも気を使っています。「◎◎だから、▼▼なのです」という説明をするときに、途中のステップを省略せずに、理論の飛躍がないようにお伝えをします。究極的には、この2つのことが出来ていればあるていどわかりやすい説明になると思います。

上手に教えるための工夫

説明をわかりやすくするための工夫とは別に、うまく教えるということのためにしている工夫もあります。それは、相手によって、あるいはそのときどきによって、伝え方や教え方を工夫することです。具体的にどんな工夫をするのかは相手によるしそのときの状況によります。とにかく、固定化した教え方をしないということです。

固定化した教え方をしないとなれば、いろいろな引出しを持っている必要があります。あるひとつのことを説明するのに、3つとか4つの説明パターンがあると良いです。そうすれば、Aという説明で腑に落ちなかった人に対して、別のBやCという説明を試してみて、その人に合った説明を探ることができます。さらに、言葉での説明が理解しやすい人もいれば、図にすると納得しやすい人もいます。そういうときのために、言葉の説明も、図示による説明でもできるようにしておきます。なるべく多くの人に対応するために自分の引出しを多く持っておくのです。

難しいことを簡単に説明できるか

「難しいことを簡単にわかるように説明できることが理想」だと思います。「難しいことをわかりやすく説明してくださってありがとうございます」と言われることもあります。とても嬉しいお言葉です。でも、極端に難しい内容については、やはりそう簡単には説明できないということもあります。物理学などの難解な分野の説明は、やはりそんなに簡単ではありません。土台となる知識もあるていど必要でしょうし、やっぱり難しいものは難しいです。

とはいえ、我々のような「フツーの人」が知っておくべきことや学ぶべきことは、それほど難解とまではいかないことばかりです。私のような仕事をしている人が、プロとしての努力と工夫をすれば、あるていどうまく分かりやすく伝えることはできるはず。まだまだ工夫の余地はあるとも思うので引き続き精進します。

 


 


フレームワーク思考のセミナーやります

思考力トレーナーの永江です。

こんどの【デキる塾】はフレームワーク思考のワークショップです。

ロジカルに、効率的に、良い感じに考えをまとめていくのに、
フレームワーク思考が便利です。

フレームワークとは何かといえば、
考えるための入口になるヒントです。

あるいは、
考え方の枠組みを教えてくれる先生です。

あるいは、
考えることを手伝ってくれるアドバイザーです。

 

いろいろな言い方ができると思いますが、
仕事や暮らしがちょっと便利になるようなツールだと言えますね。

そんなフレームワークをいくつかご紹介しながら
頭の体操をしていただきたいと思います。

9月の「デキる塾」 
仕事と暮らしに使えるフレームワーク思考
Facebookのイベントページで受付をしています。

 


 


デキる塾、で、仕事術

4月11日、オフィスまなぶきの創立記念日に
「デキる塾」を開催しました。
会場は金沢のコラーニング・スペース机カフェさんです。

創立記念日といっても特別なことはせずに、
粛々と日中のお仕事と、セミナー開催をいたしました。

 

今回のデキる塾のテーマは「仕事整理術」。
モワモワっと目の前にあるタスクを整理整頓して、
きっちりと効率的に進めていくための方法論です。

キモになるのは、やっぱり「分解」と「再構築」。
タスクが抽象的なままだといけません。
抽象的なままだと、
何から手を付けていいか分からない、とか、
結局、積み残しがあってズルズルと引き伸ばしてしまう、とか、
とても弊害が多いです。

そんなことにならないように、
しっかりと分解(細分化)して、具体化して、
取り組みやすいものとしてタスクを整理整頓します。

 

今回は、週アタマの平日夜ということもあって少人数のご参加でしたが、
今後も継続できる練習ワークとして、タスク整理の方法をお伝えしました。

ワークでは、実際にご自身が抱えている課題をもとにして、
やるべきタスクを細かく書き出し、
そして、優先順位を合理的に、効率的に設定していっていただきました。

「わかりやすい!」
「なるほどと思った」
「考え方の練習を続けます」
などと感想をいただき、
良いお伝えが出来たと、こちらも実感しております。

デキる塾の様子

 

次回の予定は未定ですが、5月に開催できればいいなと思っています。
また、予定が決まりましたら、お知らせしますね。

よろしくお願い致します。