ウェブの施策【零細企業が人材を確保するために】

人事コンサルタントの永江です。
零細企業が人材を確保するためにできる施策について、今回は、人材確保の観点からウェブをどう活用するのかということを考えます。

まず大切な最初のポイントは、ウェブを使わないという選択肢はないということです。零細企業の社長さんは忙しくて、事業内容や仕事の内容からウェブから縁遠い人も少なくないと思います。電話とFAXで仕事はできるし、インターネットもたまに見るくらいで充分という方も多いはず。でも、今の時代に人材をしっかり確保しようと考えたらウェブは必須と思ってください。

落としどころはホームページ

やれFacebookだ、やれInstagramだ、と、いわゆるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の利用が盛んです。仲間内での連絡であれば、もはやE-メールすら古いものになりつつあります。ウェブを活用して云々というと、これらSNSの活用方法に目が行きがちな人もいるのではないでしょうか。でも、ウェブ活用で人材確保を考えるときに、最初にとりくんで構築していただきたいのは、独自ドメインのホームページです。

独自ドメインというのはインターネット上の住所のようなものを自社で持つということです。いまご覧いただいているウェブページなら「manabuki.com」というのが独自ドメインです。有名なところでは、「yahoo.co.jp」というのが日本のヤフー!のドメインですし、「toyota.jp」はトヨタのドメインです。

この独自ドメインは年間費用にして数百円ていどから持てるもので、インターネット上にしっかりと自社の「居場所」を確保することになります。たとえば学生さんがちょっと興味を持った企業を調べようとするとネット検索をするのは当たり前になっているので、そのときに「ちゃんとした会社」と思われやすくなるというメリットがあります。たとえば誰かにある飲食店を勧められたときに、そのお店の名前でネット検索をしたとします。お店の情報が、食べログとか、Hot Pepperとか、そういうところにしか掲載されていないよりも、ちゃんと自分のお店の独自ドメインで自社のホームページを持っているほうが、しっかりした経営・運営をしているような感じがするものです。それと同じで、インターネットで会社の情報を見てもらうなら独自ドメインのホームページを持ちましょう。

社長さんの思うとおりに情報を扱えるのが独自ドメインのホームページですが、これを持つのが難しいというイメージはまだ残っています。でも実際はそうではなくて、非常に簡単に自社のホームページが持てるようになりました。ほんとに便利な世の中になったものです。最低限の会社情報を掲載するだけなら、初心者でも半日もあれば大丈夫です。インターネットを使ってあなたの会社を調べた人が、最終的にたどりついて、なんなら問合せしてくれる窓口になるものとしてホームページを持ちましょう。

網を広げるのがブログ

ブログというのはネット上にある日記のようなものです。最初にちょっとやり方を覚えれば、簡単に会社に関する情報の記事をネット上に存在させることができます。そして、基本的にブログは1記事につき1つのウェブページとなります。たとえば1日に1記事を投稿したとすると、1年間で365のウェブページが追加されることになります。この数がインターネットの世界では有効になってくるのです。

将来あなたの会社に入社してくれるかもしれない人はネット検索で自分が興味を持っているキーワードについて調べています。会社の事業に関連ある言葉、福利厚生に関係ある言葉、所在地に関係ある言葉、いろいろな言葉で検索します。そのときに、インターネット上にページが多くあるほうが見つけてもらいやすくなります。イメージとしては、まさにインターネット上に網をしかける感じで、それをどんどん広げていくのがブログの役割ということです。そして、そのブログが独自ドメインの中にあれば、「なんとなくちゃんとしていそう」というイメージと、「見つけてもらいやすい」というメリットが同時に得られるようになります。

SNSでファンを醸成する

ファンといっても、熱烈な追っかけみたいなものではありません。そういうふうになってもらってもいいのですが、もうっちょっと軽い感じで、「なんとなくあの会社が気になる」という程度でいいです。私の経験と、私のまわりにいるたくさんの知り合いの経験から考えると、SNSで日頃のさまざまな行動を発信していると、自然と人柄を想像してもらえるようになります。それが悪いイメージのものだと良くないのは当然ですが、社長の人柄がネット上に印象として表現されていくということです。

ネット上に存在する社長の人柄のイメージは正確である必要はありません。もちろん正確なほうがいいのですが、狙って正確にするのも人によっては難しいです。それよりも、ちゃんと実在する人間として社長の人柄を「なんとなく」感じてもらって、「あの人、知っている」という状態になってもらうのがいいです。同じ情報であっても受け取り方は人それぞれで違いますから、どう受け取られるかは相手に委ねます。とにかく、「知らない人」から「知っている人」になって、ライトな「ファン」を醸成するのにSNSを使いましょう。

テクニックよりも心構え

ウェブ活用を有効に行っていくためのテクニックはいろいろとあります。私が使っているものもあれば、まだ知らずに活用できていないものもあると思います。でも、大切なのはそういったテクニックを知っていることではなくて、ウェブ活用で必要な心構えを持っているかどうかです。最初に書いたように、零細企業の社長が人材確保を考えたらウェブ活用は必須です。これが基本となる心構え。そして、どうせ社長として外部の人間に会ったりもするのだから、ネット上に顔出しをしていく覚悟を持つということも大切です。そういったもろもろの心構えがなければテクニックも無駄になってしまいます。ウェブ活用して人材確保をする零細企業社長としての心構えが、知識や技術よりも大切です。

地域支援セミナー、金沢湯涌、フェイスブック

フリー講師として、
インターネット活用や思考術などをお伝えしている永江です。

昨日、
金沢市湯涌地区のみなさんを対象とした
フェイスブック活用セミナーで講師を務めてまいりました。

 

以前からお付き合いのある方が湯涌地区にお住まいで、
そのご縁でお声がけをいただきました。

湯涌のみなさんはもともと
地域内での交流を活発にされている印象です。
その中で、
さらに日頃からの日常的な活動報告や情報交流をしようと
フェイスブックを使うことにされたそうです。

ただ、
フェイスブックを使ったことがない方や、
登録はしたけどほとんど見ていないというような方、
見ているけれども投稿はしないというような方、
いろんな方がいらっしゃいます。
もちろん、バッチリ使っている方もいらっしゃいます。

地域内で有効に活用するために、
登録の仕方から教えてくれないか、ということでいただいたお声がけです。

 

集まったみなさんはお世辞抜きにお人柄がよくて、
講師として、話がとてもしやすくかったです。

年配の方でも、ものすごく真摯で、
楽しく、真面目に取り組んでいらっしゃいました。

セミナー中の様子

実は、
フェイスブックに関する講座を開催することには
あまり積極的ではありません。

イヤだとかなんとかいうわけではないのですが、
自分の中でSNSに関する情報をお伝えすることは
優先度がそれほど高くないのです。

もっと他にお伝えしたいことや、
お手伝いしたいことがあるということですね。

 

それなのに、今回、
なぜ、こういうお仕事をさせていただいたかというと、
ご縁のある方からのご依頼だということもありますが、
地域支援になる、ということが大きいです。

ただ、なんとなく、感覚的に、ですけどね。

 

田舎の地域だからというわけではありません。
これが、街なかのほうでも同じです。

なんとなく、なんとなく、なのですが……。
「地域のお手伝い」ということをしてみたかった。

 

この講座の打合せを含めて、
これで湯涌には何度も行っているのですが、
まだ、「お泊り」をしたことがありません。

いずれは、湯涌のお宿でのんびりと。。。

 


 


Google Analytics の使い方講座やりました(加賀)

永江です。
コンサルタント業務の一環としてウェブ活用のお手伝いもしています。

今日は、
石川県南加賀にある企業クライアントさんからのご依頼を受けて、
Google Analytics(グーグルアナリティクス)の使い方講座をやらせていただきました。

クライアントさんの会社従業員が対象であり、
クローズドな講座で人数も少なかったです。
でも、その分、細かくつっこんだところまで質問をいただいたりして、
とても中身の濃いものになりました。

 

公開講座みたいな場合だと、
最初に設置の仕方から話を始めることが多いです。

今回はすでにホームページにAnalyticsタグを設置してある会社さんだったので、
「毎日、どこの数字から確認するのか」というようなお話からはじめました。

正直いって、それはどこでも良い、
というか、
会社によって違ってくるのですが、
「セッション数の増減」や「ページビュー数の増減」
「平均滞在時間の増減」などが中心となってきます。

ポイントは「増減」を見るということですが、
とにかく、「ここ最近の推移(増減)」に注意しましょう
というお伝えをしてきました。

 

アクセス解析とはホームページに訪れた人の数などを計測するものですが、
当然、設置をして、継続的に数字を記録していきます。
継続的に記録することの目的は、変化があったときにそれを捉えることにあります。

何かの打ち手を打った時に、
それによる変化があったのかどうかを確認することもあります。

また、
自分達は何もしていないけれども、
世の中の何かの出来事によってサイト訪問が増えることもあり、
その変化をちゃんと把握することも大切です。

 

基本的に Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを使う場合には、
このように「変化」を見つけることを集計や分析のスタートにします。

そして、変化を見つけたならば、
その変化がどういうものなのかを確認し、
それからその要因を推測・推理し、分析していきます。

たとえば、
ある日、ピョコっとセッション数が増えたとします。
その後、引き続き増えたままで推移しているとします。
そうしたら、突発的に起きた変化ではなく、
あるいていど常態化した変化によって
自サイトへの流入が増えたのだと判断して、
アクセス元の調査をします。

増えた前後でアクセス元の変化がないか探り、
新たに発生したアクセス元、あるいは、急に増えたアクセス元、
そういったものを探すことになります。

 

このようにしてアクセス解析を日常業務としてやる場合の、
「例え話」を中心として講座を進めさせていただきました。

これ系のお仕事もとても楽しくて良いものです。
(^o^)

 


 


石川の田舎にいたってGoogleAnalytics(アナリティクス)が使える

ウェブ業務のコンサルタントやお手伝いもしている、
思考力トレーナーの永江です。

今日はそういう立場からのお話。

タイトルは、当たり前といえば当たり前のことです。
GoogleAnalyticsというアクセス解析のツール(サービス)があるのですが、
これが非常にすぐれもです。

おそらく、ホームページを運用している人が欲しいと思う機能は、
すべて整っているのではないでしょうか。
そうでない機能もあるかもしれませんが、
私が考える範囲であれば、このアクセス解析ツールさえあれば、
他のものは必要ありません。

 

もともとインターネット業界でマーケティングを担当していたので、
石川県内でGoogleAnalyticsを使い始めたのは、かなり早いほうだったと思います。
当時の担当役員からも「ちゃんと勉強しとけ。しっかりやっておけ。」とハッパをかけられたものです。

当時もいろいろ調べて勉強しましたが、
どんどん新しい機能が追加されるので今での継続的に勉強しています。

そして、
Analyticsを使ったアクセス解析のアドバイザーやコンサルタントとしてのお仕事も
継続的に、石川県内、金沢や小松、加賀のクライアントさん向けにやっています。

 

ビジネスにホームページを活用するのであれば、
アクセス解析をするのは必須だと思います。
いろいろな会社・企業がウェブ上にホームページを設置しています。

そういう方々のお力になれるように、
これからも勉強しながら、かつしっかりとアウトプットもしながらやっていきたいと思います。

 


 


「講師のための反面教師」Amazonの電子書籍

思考力トレーナーでフリー講師の永江です。

Amazon KINDLE用の電子書籍にて、新たに出版いたしました。
↓こちらです。

 

自分が講師のお仕事をさせていただいているときに、
「こうはなるまい」と思いながらやっていることがあります。

他の講師の方がやられているセミナーに参加してみて、
「この先生はダメだな」と思うことがあります。

知り合いから
「◯◯さんっていう方の講座を受けたけど、良くなかった」
という話を聞くことがあります。

友達どうしで知っていることを教え合うなら、単に知っているだけでいいです。
しかし、
プロの講師または教師として人に教えるならば
教える内容とともに出来ていなければいけないことがあるはずです。

そういうことをお伝えできればと思って、
反面教師になりそうな事例を紹介しています。

 

「サクッと読める」とあるようにボリュームはそれほどではありません。
価格もマンガ単行本より安いレベルなので、気軽に読んでみてもらえればと思います。

 

それにしても、
電子書籍の出版は簡単に出来るものですね。
Microsoft の Word が少し使える人なら、
完全に他人の手を借りない状態で自分でできると思います。

問題があるとすれば校正をしてくれる人がいないことくらいなので、
それは信頼のできる身近な人に頼めばいいのかな、と思います。

こうやって自分の考えを世の中に残しておけるというのは
ありがたいことです。

ということで、以下の電子書籍、
ぜひ、いちど読んでみてください(しつこい)。

 


 


パソコンで出来ることの範囲

思考力トレーナーの永江です。

私は、インターネットをビジネスに活用するためのお手伝いもしています。
具体的な内容としては、
例えばネットショップを立ち上げたばかりの企業さんに出向いて、
売上を伸ばしているためのアドバイスを行ったり、
SNSの使い方や注意点をお伝えしたり、
アクセス解析の方法について説明をしたり、などです。

 

おかげさまで、クライアントさんからさらに新しい方をご紹介いただけたりして、
いろいろなご依頼やご相談を受けるようになりました。
しかし、偉そうなことを言っていてもまったく対応できないこともあるのです。

それは例えば、ネットワーク構築のハードウェアに関する作業であるとか、
システマチックなプログラムを作っていかなくてはいけないことであるとか、
要するにエンジニアに分類される方たちが得意とすることなどです。
また、デザイナーさんにお任せするようなジャンルも私は不得手です。

でも、パソコンを使ってインターネットのことを仕事にしている。
それの講師を職業訓練でもやっている。
というお話を聞いた方が、とりあえずご相談に連絡してこられることもあります。

そして、私が出来ることの範疇を超えている場合には、
出来そうな知り合いの事業者さんをご紹介することにしています。

 

パソコンで出来ることってものすごく広がっているんですよね。
ビジネス文書を作成できる。
表計算ができる。
絵を描ける。
プログラムが作成できる。
音楽が編集できる。
年賀状が作れる。
複雑な機械の設計図が描ける。
株の取引ができる。
地球の裏側と通信ができる。
買い物ができる。
遠方の事務所を監視できる。

などなど。

 

なんとなく職業をカンタンに説明するときには、
「パソコンの先生をやっています」ということがあります。
ものすごく端的に、一応は誰にでも分かる言い回しとなると
どうしてもこういうことになってしまうんです。

でも、もちろん、
パソコンで出来ることはものすごく多くなっていますから、
そのすべてを私ができるはずはありません。
私が出来ること、教えられること、アドバイスできること、
それは、パソコンを使ってやれることのほんの一部にすぎないのです。

 

でも、
せっかくお問い合わせをいただくわけですから
「出来ません」といってオシマイにはしないようにしています。
これでもいろんな方との繋がりを持たせていただいていますので、
私が対応できないとしても、適切な事業者さんをご紹介いたしま。

だから、
「出来ないことも多い」とは思っていますが、
何かしらお困りごとがあったらぜひご連絡ください。
必ずやなんらかの解決策をご提示できると思います。

オフィスまなぶき、永江へのご連絡はこちらのフォームから

 


 


GoogleのWebマスターツール

Web活用コンサルタントで、思考力トレーナーの永江です。

今日の午前中は県内の某所で
Google Webマスターツールの個人レッスンをしていました。
自社で運用されているホームページを
もっとビジネス上の戦力にしようと考えいているクライアントさんのためです。

 

GoogleのWebマスターツールでは以下のことができます。

1.自社で運営するサイトがGoogleにちゃんと登録されるようにする
2.自社サイトがGoogleからどういう評価を受けているか知る
3.自社サイトがどういう検索キーワードとマッチングしているか知る

3についてはAnalyticsにも同じような機能がありますが、
Googleがセキュア化されたことによって不十分になっています。
それを補完できる機能としてWebマスターツールを活用するのが良いでしょうね。

 

Webマスターツールの機能そのものは複雑ではありません。

自社サイトを登録する
Googleでのインデックス状況を確認する
検索クエリなどを確認する
サイト上に問題があったら知らせてくれる
問題に対応した後で改善を確認する

大きな枠組みではこのていどです。

ただ、それらの機能や情報をどう使っていくのかということに、
あるていどのノウハウがあるんじゃないかと思います。

結局は、Webサイトを運営することの目的からしたら、
そのずっと手前にあるのがこのツールですからね。
場合によっては使うまでもないかもしれません。

 

とはいえ、
便利な道具であるのは間違いないので、
無料ということもありますから、使える人は使ったらいいと思います。
手間はそれほどかかりませんから。

地方の企業がインターネットを活用して売上につなげる

思考力トレーナーの永江です。
インターネット活用の支援もやっております。

最近では、地元の企業さまがインターネットを使って情報発信することの
お手伝いというか、アドバイザー的な業務もやらせていただいています。

 

パソコンやスマートフォンを使って
インターネットをバリバリと活用している人からすると意外だと思いますが、
最近になってようやくネット利用の取り組みを始めるという企業さんが
私のまわりにも多く見られます。

本当に、「何をいまさら」と感じる人も多いと思いますが、
Facebook やスマートフォンの普及によって、
今まで以上にネットでの情報発信が身近なものになったんだと思います。

 

大きな規模の企業であれば、それこそ「いまさら」な感じですが、
中小零細の会社や自営業の人たちにとっては、
これまでは、やはりハードルの高いものだったのでしょう。
特に地方の企業にとってはそういう面があると感じます。

パソコンを買おうと思うと10万円くらい。
それを使おうと思うといろいろと勉強しなくちゃいけない。
さらにホームページとか誰かに頼むと何十万円とかかっちゃう。
これでは、規模の小さな企業の社長さんはなかなか手が出せるものではありませんね。

実際にはもっと費用を抑えて手軽にできますし、
それもずいぶんと以前から可能にはなっていたはずです。
でも、そんなことは毎日の忙しい仕事の中で気づくものではないんですね。
それで、時代の流れに飛び乗ることもできずにいたのでしょう。
そして、最近になって商工会議所や商店街の集まりなどで、
スマホやFacebookに出会ったというわけです。

 

費用も手頃だし手間も思ったほどかからないし、
それなら始めてみようかな、と思う地方の企業の社長さんは多いです。
でも、せっかく時間をとって始めるのであれば、
少しでも会社の売上につながることをしたいです。
特に男性の社長さんは長期的な取組みと考えるよりも、
直接的に営業に貢献してほしいと考える人が多いようです。

いずれにせよ、仕事の一環として取組みを始めたからには、
なんらかの結果がほしいものです。
問合せが増えた、売上につながった、
新規の取引先との契約が決まった、などのように、
目に見える成果を得たいですよね。

そんなふうな成果を得るためにはどうしたらいいのかを、
一緒に考えていくお手伝いをさせていただいています。

 

私がやることは営業代行ではないので、
売上などの成果を約束するものではありません。
しかし、クライアントさんの事業の内容を精査させていただき、
どうすればいいかを考えるためのヒントを提示したりしています。

必要に応じてホームページそのものを作成したり、
Facebook や Twitter の使い方をお伝えしたりしていますが、
基本的にはアドバイザー的なポジションでのお手伝いになります。

地方の企業がもっともっと元気になるために、
インターネットの活用はまだまだ可能性があると思います。

 


 


ネットで起きる風評被害

思考力トレーナーの永江です。

今日はインターネット活用のコンサルタントもする立場での投稿です。

 

インターネット上での書き込みなどによる風評被害が後を絶ちません。
FacebookやTwitterなどのようなSNSにおける投稿や、
2ちゃんねるのような掲示板での書き込みが要因になっています。

また、その他にもユーザーが簡単に情報発信できるサービスが多く、
そのどれもが誹謗中傷の舞台になり得るものなのです。

 

もし、ネット上の風評被害についてその対策を考えるというのであれば、
どんな場所に悪い情報が掲載されているかを考えなくてはいけません。
運営者がしっかりしている掲示板なのか、
個人が特定できるFacebookでの投稿なのか、
あるいは、誰が管理者なのか分からないようなウェブサイトなのか。

掲載されている場所によって可能な対策が異なります。
管理者への連絡がとれるならば削除依頼もできますが、
そうでなければ情報を消すことはなかなか難しいと言えるでしょう。

情報を消すことが難しいのであれば別の対策を考えなくてはいけません。
例えば検索エンジンで上位表示されないようにすることなどです。

 

残念ながら風評被害が起こってしまった場合には、
その対策を十分にするには個人の能力では不十分です。

もちろん、専門知識があって自分で対策が打てる人もいるでしょうが、
多くの人はそんな能力は持ち合わせていないはずです。

だから、インターネットで風評被害を受けてしまったときには、
専門業者に依頼をすることも選択肢になってきます。
私もあるていどの対策ができますが、
それでも完全なものではありません。

 

被害というからには経済的な損害を受けていることが想定されます。
その賠償を考えているならば法的な対応も必要です。
そうなるともはやウェブの技術の問題ではなく、
弁護士などの法律家に登場してもらうしかありません。

そういったことも含めて考えると、
インターネットにおける風評被害とは恐ろしいものにも思えます。

 

今日は少し、さわりだけを書かせてもらいましたが、
被害にあわないようにする予防については考えていきたいと思っています。
少しずつ考えをまとめて書いていきますので、
興味のある方はまた読んでください。

 

ビジネスメール、やりとりを終えるタイミング

思考力トレーナーの永江です。

ビジネスの世界で電子メールを使う人はたくさんいます。
しかし、当たり前のものになってしまったがために、
基本的なことを教わらずに、
あるいは考えることもなく使っていて、
結果としてマナーがなっていないということがしばしばあります。

あなたはそんなことになっていませんか?

 

例えば、以下のようなやりとりをメールでしたとします。
本当はもっと挨拶やなにかをたくさん書きますが、
内容の要約だけを抜き出しています。

 

A.
いつもおせわになっています。
◎◎についての見積りをいただけないでしょうか。

B.
承知いたしました。
こんな感じになります。ご確認ください。

A.
ありがとうございます。
検討しましたが、今回は発注を見送ります。
また、何かあったらよろしくお願いします。

B.
そうですか、承知いたしました。
また、よろしくお願いします。

A.
せっかく見積りをいただいたのにすいません。
次があればまた検討しますので、ご容赦ください。

B.
いえいえ、とんでもございません。
こちらこそ、ご期待に応えられずに申し訳ないです。

A.
そんな、こちらこそ、すいません。

以下、延々と……。

 

さて、今回は、
メールのやりとりをどこで終えるのかということだけを考えます。

そうすると、上の例の場合はどこで終えると良かったのでしょうか。

 

結論を言うと、2回めのBの出すメールで終えるのが良いです。

ところが、
実際のビジネスの現場では、
その前のAのメールで終わってしまうことがしばしばあって、
これはBがマナー違反となって、好ましくありません。

注文がとれずに不愉快なのかもしれないし、
Aの意思が確認できたから満足したのかもしれません、。

しかし、
Aは「発注を見送る」という意思表示をしているのですから、
Bはそれに対してのリアクションはするべきです。

 

それ以降のやりとりは無駄になります。
ほどよいタイミングで切らないとキリがありませんからね。

ビジネスメールのマナーは大丈夫ですか?