地方の企業がインターネットを活用して売上につなげる

思考力トレーナーの永江です。
インターネット活用の支援もやっております。

最近では、地元の企業さまがインターネットを使って情報発信することの
お手伝いというか、アドバイザー的な業務もやらせていただいています。

 

パソコンやスマートフォンを使って
インターネットをバリバリと活用している人からすると意外だと思いますが、
最近になってようやくネット利用の取り組みを始めるという企業さんが
私のまわりにも多く見られます。

本当に、「何をいまさら」と感じる人も多いと思いますが、
Facebook やスマートフォンの普及によって、
今まで以上にネットでの情報発信が身近なものになったんだと思います。

 

大きな規模の企業であれば、それこそ「いまさら」な感じですが、
中小零細の会社や自営業の人たちにとっては、
これまでは、やはりハードルの高いものだったのでしょう。
特に地方の企業にとってはそういう面があると感じます。

パソコンを買おうと思うと10万円くらい。
それを使おうと思うといろいろと勉強しなくちゃいけない。
さらにホームページとか誰かに頼むと何十万円とかかっちゃう。
これでは、規模の小さな企業の社長さんはなかなか手が出せるものではありませんね。

実際にはもっと費用を抑えて手軽にできますし、
それもずいぶんと以前から可能にはなっていたはずです。
でも、そんなことは毎日の忙しい仕事の中で気づくものではないんですね。
それで、時代の流れに飛び乗ることもできずにいたのでしょう。
そして、最近になって商工会議所や商店街の集まりなどで、
スマホやFacebookに出会ったというわけです。

 

費用も手頃だし手間も思ったほどかからないし、
それなら始めてみようかな、と思う地方の企業の社長さんは多いです。
でも、せっかく時間をとって始めるのであれば、
少しでも会社の売上につながることをしたいです。
特に男性の社長さんは長期的な取組みと考えるよりも、
直接的に営業に貢献してほしいと考える人が多いようです。

いずれにせよ、仕事の一環として取組みを始めたからには、
なんらかの結果がほしいものです。
問合せが増えた、売上につながった、
新規の取引先との契約が決まった、などのように、
目に見える成果を得たいですよね。

そんなふうな成果を得るためにはどうしたらいいのかを、
一緒に考えていくお手伝いをさせていただいています。

 

私がやることは営業代行ではないので、
売上などの成果を約束するものではありません。
しかし、クライアントさんの事業の内容を精査させていただき、
どうすればいいかを考えるためのヒントを提示したりしています。

必要に応じてホームページそのものを作成したり、
Facebook や Twitter の使い方をお伝えしたりしていますが、
基本的にはアドバイザー的なポジションでのお手伝いになります。

地方の企業がもっともっと元気になるために、
インターネットの活用はまだまだ可能性があると思います。

 


 


ネットで起きる風評被害

思考力トレーナーの永江です。

今日はインターネット活用のコンサルタントもする立場での投稿です。

 

インターネット上での書き込みなどによる風評被害が後を絶ちません。
FacebookやTwitterなどのようなSNSにおける投稿や、
2ちゃんねるのような掲示板での書き込みが要因になっています。

また、その他にもユーザーが簡単に情報発信できるサービスが多く、
そのどれもが誹謗中傷の舞台になり得るものなのです。

 

もし、ネット上の風評被害についてその対策を考えるというのであれば、
どんな場所に悪い情報が掲載されているかを考えなくてはいけません。
運営者がしっかりしている掲示板なのか、
個人が特定できるFacebookでの投稿なのか、
あるいは、誰が管理者なのか分からないようなウェブサイトなのか。

掲載されている場所によって可能な対策が異なります。
管理者への連絡がとれるならば削除依頼もできますが、
そうでなければ情報を消すことはなかなか難しいと言えるでしょう。

情報を消すことが難しいのであれば別の対策を考えなくてはいけません。
例えば検索エンジンで上位表示されないようにすることなどです。

 

残念ながら風評被害が起こってしまった場合には、
その対策を十分にするには個人の能力では不十分です。

もちろん、専門知識があって自分で対策が打てる人もいるでしょうが、
多くの人はそんな能力は持ち合わせていないはずです。

だから、インターネットで風評被害を受けてしまったときには、
専門業者に依頼をすることも選択肢になってきます。
私もあるていどの対策ができますが、
それでも完全なものではありません。

 

被害というからには経済的な損害を受けていることが想定されます。
その賠償を考えているならば法的な対応も必要です。
そうなるともはやウェブの技術の問題ではなく、
弁護士などの法律家に登場してもらうしかありません。

そういったことも含めて考えると、
インターネットにおける風評被害とは恐ろしいものにも思えます。

 

今日は少し、さわりだけを書かせてもらいましたが、
被害にあわないようにする予防については考えていきたいと思っています。
少しずつ考えをまとめて書いていきますので、
興味のある方はまた読んでください。

 

人事担当者がコミュニケーション能力ばかりを重視するのはなぜか

思考力トレーナーの永江です。

就職活動中の人むけに、
人事部長として採用活動をしていた者としての
採用における考え方をお伝えします。

今回は、
採用担当や面接官がコミュニケーション能力を重視するのは
一体なぜなのかというお話です。

 

言い方を変えれば、
R社さんなんかの営業さんからヒアリングを受ける採用担当者が、
「どんなスキルが必要ですか?」と質問されたときに、
まず答えることの多くが「コミュニケーション能力」となるのは、
一体どうしてなのか、ということでもあります。

 

この理由は大きく分けて2つあって、
1つは業務においてその能力がとても重要だからということと、
もうひとつは、
採用活動を行っている時点において、
社内でそのスキルが不足していると感じているからです。

 

未来への投資と考えられる新卒の採用にあっても、
即戦力を必要とする中途採用であっても、
不要なスキルを求めることはありません。

まずコミュニケーション能力が必要なのです。

そして、
それが社内において十分ではない、
何か問題の原因や、問題そのものになっている、
だからその能力を求めるのです。

 

もちろん、
要求する程度がどれくらいなのかということもあるし、
他にどのような能力が求められているのかも考えなくてはいけません。

しかし、上述した2つの理由を考えみると、
コミュニケーション能力を求める会社は、

「本当に業務上で必要」
か、もしくは
「社内のコミュニケーションに課題がある」
の、どちらかです。

つまり、
「コミュニケーション能力なんて別に要らないよ」
と採用担当が言うような会社は、
実はものすごく社内の情報共有がしっかりしているのかもしれません。

 

ちょっと逆説的な内容ですが、
「必要だから求める」という欲求の原点を考えると、
そういうことなのかもしれません。

 


 


採用面接でリーダー経験ばかり求められるのはなぜか

思考力トレーナーの永江です。

就職活動の支援や職業訓練の講師をさせていただくことがありますが、
その前に会社勤めをしていたときには人事部にいて、
採用活動にもたくさんの時間を割いて従事していました。

 

これは私がいた会社に限ったことではありませんが、
新卒採用の現場では
「リーダーシップをとっていた経験はありますか?」
という質問が頻繁に行われます。

どんな業種でどんな職種を募集しているのかにかかわらず、
まるでテンプレートのようにこの質問が出されます。

「そんなにリーダーばっかり採用したいのだろうか?」
とか
「今の社員にはリーダーになれる人がいないのだろうか?」
と心配になってしまうくらいに、よく出される質問の1つがこれです。

 

そんなにリーダー経験を確認するのはなぜでしょう。
リーダーが不在で、
新卒で入ったばかりの人に社内のリーダーになって欲しいのでしょうか。

 

そんなわけはありません。
企業の採用担当や面接官がリーダー経験を訊いてくるのは、
組織運営について考えてみたことや
苦労した経験の有無を確認しているのです。

例えば学生時代のサークル活動でリーダーをやっていると、
メンバーをまとめて1つの目標に向かって進むことの
難しさや工夫の仕方を学ぶ経験になります。

これはアルバイトの職場でも同じことで、
ちょっとした苦労やそれを乗り越える工夫をしたことが、
面接官が聞き出したいことの本筋です。

 

会社は組織であり、
リーダーとメンバーが自然と発生します。

リーダーが能力の高い人であることは当然の理想ですが、
それをフォローしていくメンバーに求められるのも、
やはり組織をうまく運営していく知識や経験なのです。

全ての人にリーダーをやって欲しいわけではなく、
実は組織運営について思考した経験を求めているのです。

 

ということは、
単に「はい!あります!」と返事をするだけじゃダメで、
「◎◎というサークルで幹事をやっていました!」
というだけでもダメです。
どう返答すればいいのかは考えてみましょう。

 

また、
ここで嘘をつくのが最悪のパターンです。
リーダーをやったことが無いんのであれば、
正直にそのことを伝えたうえで、
リーダー像についての所感を、
場の空気を見出さない程度に簡潔に述べるのも良いかもしれません。

 


 


見える化には「図示」を活用、箇条書きでは不十分

思考力トレーナーの永江です。

見える化という言葉も随分と一般的になりました。
個人においては自分のアタマの中で考えていることを明確にして
次の思考をスムーズで質の高いものにするために、
組織においては所属するメンバーどうしの認識を共有して
同じ目標に向かえる誤解のない議論を行うために活用されます。

上記にあるのは事例であって、
もちろん他に活用できるシーンも想定されます。

とにかく思考を助けてくれるのが見える化です。

 

単に見える化というとホワイトボードや紙に書き出すことを言いますが、
本当に有効に活用するためには、その書き方が問題になってきます。
そして、この記事のタイトルにあるように、
いろいろな記号を使ったりして図示することが理想的で、
単なる箇条書きでは情報の羅列にすぎず不十分なのです。

下の図では、
上の方が箇条書きで、下の方は囲みを使った分類をして、
買い物メモが書かれています。

上の例では出来ない思考が下の例ではなされていて、
それは、なんらかのカテゴライズによる分類です。

買い物メモの例その1

買い物メモの例その2

同じメモ書きとして使用するならば、下の方がだんぜん良いですね。

 

このように図示といってもそんなに大げさなものでなく、
ちょっとした囲みや矢印などを使って簡単に出来るもので十分です。
でも、箇条書きにはない表現によってより多くの情報を見える化でき、
大変に便利なのがこの手法です。

 

情報を見える化するときには、
ぜひ、箇条書きではなく図示を活用するようにしてください。

 

文章を図示するワークも用意したWeb講座が好評です。
思考力アップの脳トレ講座(デキる塾編)

この講座では、思考力アップにつながる脳トレをたくさん用意しています。

 


 


フレームワークとしての「売上の5原則」

思考力トレーナーの永江です。

一般的に売上を上げるために必要な要素を
5つに分類したもが売上の5原則といい
売上が上がるか持続する理由はこの5つに集約できます。

<売上の5原則>

・新規顧客の獲得
・既存顧客の流出防止
・購買頻度を上げる
・購買数を増やす
・購買単価をを増やす

それぞれの値や精度を上げていくことが売上げアップにつながり、
強みを活かして機会を逃さないようにと、
SWOTなどによる分析を行ったうえで検討するとなお良いです。

 

売上の5原則は自分自身が関わるビジネスはもちろん、
他人の商売について考えてみるのも面白いです。

つまり個人事業なら自分の商売、
サラリーマンの人であれば勤めている会社の営業、
それらについて実践的に考えて活用していただきたいのですが、
他の対象を題材にするとフレームワーク思考の練習になるということです。

 

例えば、以下のような内容について脳トレワークとして考えてみてはいかがでしょうか。

・いちばん近所にあるコンビニの売上アップ策を考えてみる。
・最寄り駅にある売店の売上アップ策を考えてみる。
・自分が所属する企業の売上アップ策を考えてみる。
・身近にある観光地について、売上アップになる方策を検討してみる。

本来の使い道から考えれば、
これらを考えたあとにはちゃんと現実的な実行計画を考えるなどして、
単なる机上の空論にならないような実効性が必要なのですが、
単純に練習ワークとしてトレーニングにするのもいいですよ。

他の題材についても思いついたらやってみてください。

売上の5原則

 

マインドマップ公認インストラクター矢嶋美由希さんとのコラボセミナー
未来に活躍するビジネスパーソンのための
マインドマップR活用セミナー「フレームワーク思考への応用」

お申込み受付中です。

 

ロジックツリーとマインドマップ

思考力トレーナーの永江です。

ロジックツリーという思考ツールがあります。
フレームワークの一種と考えてもいいです。
木の枝が伸びて広がるように項目を書き出す手法で、
階層的な分類を行ったり、論理展開のつながりを確認したりします。

例えばこの図のようなものです。

ロジックツリー1

図1クリックで拡大(別ウィンドウ)


トーナメント表のようですね。
このように枝分かれしながら分類をしたり、
手段や原因・理由などの論理展開を書き表していきます。

 

しかし、このロジックツリーという「描き方」には都合の悪いところがあります。
それは、後で思いついたことを描き足しづらいという点です。

ロジックツリー2

図2クリックで拡大(別ウィンドウ)


図2の例では、
「SNS」の先をさらに分岐させて「Twitter」と「Facebook」を足したいのですが、
既に描き込まれたものが邪魔で描き足しづらいのです。

次の図3も同様で、
「バナー広告」の細分化項目として「クリック保障」を足したいのですが、
既に描かれた「表示保障」と「検索連動」の間が狭くて描き足しづらくなっています。

ロジックツリー3

図3クリックで拡大(別ウィンドウ)


 

私はロジックツリーが有効な思考シーンにおいては、
ぜひともマインドマップを使うようにお勧めしています。

この例の流れをマインドマップで表現していた場合、
いったん図4のように描かれたあとに追加をしたくなり、
図5のように描き足されることになります。

マインドマップ1

図4クリックで拡大(別ウィンドウ)


マインドマップ2

図5クリックで拡大(別ウィンドウ)


 

マインドマップは枝(ブランチ)を自由に放射状に描いていくので、
後で追加情報が出てきたときに便利です。

また、ロジックツリーでいったんきれいに並べて描いてしまうと、
その「きれいさ」に脳が安心してしまい、漏れがあっても気づかなる可能性が高くなります。
これではいけません。

思考力を高めて自由な発想をし、
項目や関連を漏れ無く挙げていくにはマインドマップが格好のツールです。

 

マインドマップは描かれた要素が揃っていない(整列していない)ので見づらい、
というのであれば、いったんマインドマップで描いたものを
ロジックツリーに清書をすればいいと思います。
(個人的にはこの清書は不要だと感じていますが)

ロジックツリー4

図6クリックで拡大(別ウィンドウ)


放射状に描くという形状のイメージから、
自由な発想に向いていると思われがちなマインドマップですが、
その自由な発想を誘導してくれることが漏れ無く情報を挙げていくことにつながり、
論理的な思考にもとても役に立つのです。

 

ロジックツリーについては、こちらの電子書籍でも取り上げています。
身近なことで思考の練習をしよう ふだん使いのフレームワーク思考 (オフィスまなぶき)
フレームワーク思考はロジカル・シンキングを助けてくれるとても便利なツールです。
ビジネスユースで紹介されることが多いのですが、
ふだん使いをしてこそ便利さが本当に分かるのではないかと思っています。

 

最後に、
マインドマップについての私の師匠である矢嶋美由希さんの書籍を紹介しておきます。
こちらは、マインドマップの描き方ルールや、「マインドマップとは」という内容のほかに、
なによりも、たくさんの方の活用事例が載っているのでオススメです。

ひとことでマインドマップといっても使い方は人それぞれ、
まさに千差万別のマインドマップがいろいろ紹介されているので、
マインドマップに興味ある人にはぜひ読んでいただきたい内容です。


ふだん使いのマインドマップ 描くだけで毎日がハッピーになる

 


 


人事部の仕事、マーケティング部の仕事

思考力トレーナーの永江です。

私は前職で人事部長を務めていました。
その前にはマーケティングを担当していて、
1年間はふたつの業務を兼任していました。

人事の仕事をすることになってから最初に感じたのは、
「人事部でやることはマーケティングだな」ということです。

まず需要を理解・認識して、
それに対しての供給をどうするか考えるという点が
どちらの仕事にも共通すると考えたのです。

 

一般的なマーケティング業務において考える需要とは、
市場や顧客ターゲット層がどんなモノやコトを望んでいるか、です。
人事部においては、
社内の各部署における人材需要や、
個々の社員の需要、求職者の需要を考えることになります。

供給は、その需要にいかに応えるかということです。
直接的に「生産」に携わるわけではないけれども、
広告宣伝などのなんらかのコミュニケーションを使ってマッチングを図るのは
どちらの部署にいても同じ思考回路が必要でした。

 

人事部の仕事の中には、
給与計算や労務管理を含めている企業さんもあると思いますが、
私はこれらの仕事は「人事部」の本質ではないと思っています。

もちろん給与計算や労務管理はとても大切な仕事であって、
重要度の高低を言っているわけではありません。
担当するスタッフの能力特性において「人事部」ではない、ということで、
出来れば給与計算は経理部が、労務管理は総務部が担当するのが良いと考えています。

では、「人事部」の本質は何か。
それは「誰に何をさせるか」ということです。

 

ただし、これを「短期的な適材適所」でイメージすると語弊があります。
会社と従業員の将来を考えた時に、
あえて能力不足の人にチャレンジングな配属をすることもあり得ます。
社員教育を実施することも「何をさせるか」に含まれますが、
「しない教育」という教育もあり得ます。
「誰に何をさせるか」という言い方は随分と広い定義の言葉なのです。

「誰に何をさせるか」を考えようとすると、
自然と考えることになるのが「需要」についてです。
需要には、社内各部署における人材需要もあれば、
働いているスタッフ個人々々が何を望んでいるのかということや、
採用活動で対象となる求職者の人たちの要望・希望なども含まれます。

 

潜在的なものも含めて需要を調査して明らかにして、
その需要に応えるべくマッチングを実践していく。
まさに人事部の仕事はマーケティング思考が必要な業務だと思います。

需要と供給

 


 


揉める会社は良い会社?

思考力トレーナーの永江です。

組織に属していると、
内部でいろんな揉め事(もめごと)が発生することがあります。
会社、サークル、町内会、などなど。
組織の大きさや種類にかかわらずあり得ることです。

熱くなって主張をぶつけ合うと、
声が大きくなってしまい、時には乱暴な言い方も出てしまいます。

そういう状態を良しとしない人もいます。
「ケンカは良くない」と。

 

しかし、
ケンカなどの揉め事のすべては組織の中で良くないことなのでしょうか。

 

揉めるのはお互いが本気になっているからです。
どうでもいいことで主張のぶつかり合いにはならないでしょう。
譲りたくない思いがあるから熱くなるのです。

「大きな声を出さなくても冷静に話しあえばいい」
たしかにそうなのですが、
思わず声が大きくなってしまうような熱意があるとも言えます。

斜に構えてシニカルな態度をとっているよりもいいです。
淡々と波風を立てずに過ごしているより、
周りとぶつかり合いながら主張しあう方が建設的かもしれません。

 

ところで、
「あなたの◎◎という主張は間違っていると思う」
と言われると、まるで自分自身が否定されたように感じる人がいます。

私見ですが、そういう受け止め方をする人ほど
議論の中身と人格評価を混同しているように思います。
そして、議論の中身を批判すべき場面で
自分自身が相手の人格批判をしています。

自分の主張をするために相手の主張を否定することはあるはずです。
主張がぶつかるということはそういうことですから。

でも人格否定はいけません。
そして、自分の主張の内容を非難されているときに、
自分自身が非難されているなどと感じてはいけません。

 

決して人格を非難しあうことなく、
お互いの主張をぶつけ合って切磋琢磨していく。
時には激しい口論も恐れない。
そんな組織の方が人間的であり、より魅力のある成果を生み出すように思います。

熱い口論も大歓迎です。

激しい口論も大歓迎
 


 


顧客ターゲットの設定 MAPSというフレームワーク

思考力トレーナーの永江です。

今日は企業や製品などの顧客ターゲットについてです。

顧客ターゲットの設定は
企業などのマーケティング活動において必須といえます。
「だれでも来てもらえばいいからね~」という考えは確かにもっともですが、
製品やサービスの構築から宣伝、接客などさまざまな企業活動には
まず顧客層の設定をしておくことが有効です。

この顧客ターゲットの設定に有効なのが次のMAPSという
一種のフレームワークのようなものです。

M:Mind:顧客候補の心理的な属性
ある事柄に対してどのような考えを持つ人なのか、
どんな思考の特性を持っているのか、どんな性格の持ち主なのか、
という心の動きについての属性

A:Action:顧客候補の行動による属性
Mindに対してこちらは実際に起こす行動で分類する
どんな趣味を持っているのか、どんな仕事をしているのか、
ある出来事に対してどんな反応を示すのか、
物理的に確認しうる行動についての属性

P:Place:場所に関係する属性
住んでいる場所や仕事場などの場所に関する属性
定期的な移動をする人であればその内容についても含む
地理的な要素は階層的に分解される

S:Status:社会的な地位などによる属性
学生、会社員、自営業などの職業に関するもの、
年齢や性別などのように自然と備わっているもの、
社会との関わりの中で顧客候補を説明することが出来る属性

 

これ以外の切り口ももちろんあります。
これはひとつの設定方法に過ぎませんので、
十分な分析のための一部だと思ってください。

それでも、ちょっと考えやすくなる切り口ではあると思うので、
なにかの機会にぜひ使ってみてください。

顧客ターゲットの設定