障害福祉のセミナーでお話をさせていただきました。

こんにちは。
思考力トレーナーで、就労・就職の支援もさせていただいている永江です。

先日、運営支援でお仕事をさせていただいているパトリで開催されたセミナーでお話をさせていただきました。
パトリでは副社長という肩書をいただき、運営全般のお手伝いや、生徒・利用者さんを対象としての講師としてのお仕事をさせてもらっています。

そのパトリが主催となり、「若者の障がいと働くこと」を考えるセミナーが開催されました。
私は、最初の講演部分を担当させていただき、障害を持った人が働くこと、特性=強みや弱みを理解したうえで、世の中に存在する仕事とのマッチングを考えようという内容でお話をしました。

当日は40名ちかい参加者のみなさんがいらっしゃいました。
お子さんに精神障害や発達障害があって進学や就職について悩んでいる親御さん、あるいはご本人が参加されていました。そして、パトリ同様に障害者を支援する事業所を運営している方のご参加もありました。たしか、石川県内にあるグループホーム方だったと思います。

 

講演の中でもお伝えをしましたが、就職を考えるときの基本は障害の有無にかかわらないことです。つまり、個人の個性と仕事の特徴をマッチングさせるということ。強みが活かせて、弱みが邪魔にならないような仕事を見つけようということです。
そして、個性と仕事のマッチングの方法は2種類あります。それは「合うもの(人)を探す」という方法と、「合うように人(自分)を変える」という方法です。職業訓練や就労移行支援という事業は、後者の支援を行うものです。

正直にいって、障害というのは「強い苦手」であったり「苦手が多いこと」であるので、就職には難しい面が多々あります。障害がなくても就職に苦労する人がいるんですから、強い苦手がある場合には、より難しくなるのは仕方ありません。

とはいえ、それを解決するための方策や施策は考えることが可能だし、実際に実行している企業や個人もたくさんいらっしゃいます。私ももちろん、そのうちの一人です。
これからも、業務の一環として貢献できればと考えています。

 

パトリでは、主に10代〜20代の若い層の人たちを対象として、障害を持っていても勉強したり働いたりできる社会をめざして事業を行っています。具体的には、通信制高校のサポート校として学習の支援、学習塾、そして、福祉事業としては放課後等デイサービス、自立訓練(生活訓練)、就労移行支援を行っています。
場所は、西金沢駅から歩いて5分です。
この記事をご覧になった方で、学習や就職に不安や心配のある方、その保護者の方は、いちど見学にいらしてください。

パトリの公式サイトはこちら

 

ビジネス言葉、敬語やクッション言葉など

フリー講師で人材育成コンサルタントの永江です。

今度、とある事業所さんで
ビジネス言葉についての講座を担当させていただきます。
そのための準備をしています。

この仕事のご依頼をいただけたのは、
作文指導の仕事をしているということ、
ちょっとしたライターの仕事をしていること、
それから、もちろん、
実際にビジネスの現場で仕事をしてきたこと、
それらを評価していただいてのことかと思います。

 

敬語

ビジネス言葉として一番に考えなくてはいけないのが敬語です。
一般的には、丁寧語、尊敬語、謙譲語、という分類になります。

丁寧語はおそらく少し意識すれば
ほとんどの人が使えるのではないでしょうか。

慣れないと間違えやすいのが尊敬語と謙譲語です。
話題の対象が同じであっても、
話をする相手によって使い分ける必要があったりします。

クッション言葉

クッション言葉は、
話の本筋に入る前に、相手への当たりをやわらげる働きをします。

おそれいりますが

もうしわけないのですが

これらの言葉がそうです。

いきなり「◎◎してください」というよりも、
なんだか少しやわらかい感じになりますね。

そういう意味で「クッション言葉」と呼ばれます。

間違えて使われやすい言葉

私も間違えて覚えていたものがあります。

目上の人への「了解しました」、
正しくは「承知しました」あるいは「承りました」となります。

同じく目上の人への「ご一緒します」は、
「お供いたします」が正しい言い方になります。

何度も使って慣れるしかない

ビジネス言葉は、本を読んだりして勉強できます。
今ならインターネットに詳しく説明されたページを見つけられます。
それを見て知ることが可能です。

でも、やはり、
実際に何度も使っていく中で覚えていくしかありません。
自分からそういう機会を設けて使っていきましょう。

定性的な目標の実現性を高めるには

思考力トレーナーの永江です。
先日、就職支援講座の一環として目標設定のしかたという講座をしました。

よく言われるSMART目標設定というのがあって、
目標は以下の項目に注意して設定するとよいです。

・Specific 具体的かどうか
・Mesuralbe 測定可能かどうか
・Achievable 達成可能かどうか
・Relationship 目的や理念との関係性
・Timed 期限が定められていること

なぜ、これらについて注意して目標設定をするとよいかというと、
目標の内容が客観的になり、明確になり、
そして、
出来たか出来なかったかという成否がはっきりと判断できるからです。

「近いうちに、優しい人になる」
なんていう目標は、それが出来たか出来なかったかの判断が難しいですよね。

 

講座やセミナーでこのことについてお伝えをする際には、
ほとんどの場合で簡単な目標設定を実際にやっていただきます。

あまり重いものだと時間もかかるので、
例えば
「趣味について簡単なもの」とか、
「家の掃除や、部屋の片付けなどについて」
という内容にします。

その場合に、ときどきうまく設定できない人が出る項目が、
Mesuralbe、つまり、測定可能かどうか、というものです。

 

この項目を特にビジネスにおける目標設定として説明すれば、
目標とする物事は数値化すべし、ということになります。

数値化しておけば、その目標が達成できたかどうかが明白だということです。

しかし、プライベートな個人のことで目標を設定するとき、
それが必ずしも数値化できるものとは限りません

例えば、
「もっと自分を好きになる」
とか
「家族との対話をもっと増やす」
ということを目標として書く人は、この数値化の部分で手が止まります。

 

こういう場合に私が次にお伝えをするのは、
それでもやっぱり数値化をしよう、ということです。

具体的にどうするかというと、
「もっと自分を好きになる」と設定する人には、
例えば
「1日に1回、自分の良いところを紙に書く。これを1週間つづける」
という目標にしてみることなどを提案します。

「自分を好きになる」という目標をさらに短く刻んで、
そのゴールに至るマイルストーンとしての目標です。
ポイントは、
「やっぱり必ず数値化する」
ということと、それとともに
目標は手前に短く刻んでもいい
ということです。

短く刻むことで、取り組みの精神的ハードルも下がるので、これはオススメです。

 

なお、
「家族との対話をもっと増やす」という人であれば、
提案する内容はもう少しシンプルになります。

それは例えば、「対話の数や時間を記録する」ことから始めて、
その数や時間について、現状より少し大きな数字を設定するということです。

やはり、工夫して数値化をしてみることが大切です。

 

最後に、

具体的な内容になっていながら数値化が難しい目標設定は他にもあると思います。

どうしても数字で表現できない目標であったならば、
数値化のかわりに、次のことを確認してください。

それは
出来たか出来なかったの評価が明白かどうか」ということです。

 

もともと、そのための数値化ですから、
逆にいえば、これが出来ていれば数による表現は無くても良いかもしれません。

とにかく、
目標を設定するときには、
それが達成できたかできなかったを、ある時期に明白な評価ができるようにしましょう。

 


 


会社が欲しがる人材って?

思考力トレーナーで、人事関連コンサルタントをしている永江です。

日本経営士会という団体があって、
これは経営士という経営コンサルタントの団体です。

私は人事部門を専門とする経営コンサルタントとして入会させていただいています。

 

その立場で会社が欲しがる人材とは何かを考えてみると……

 

簡単に言ってしまえば、会社の利益になる人材です。

当たり前ですね。

 

では、
この会社の利益になる人材とはどういう人材かということですが、
私が考えるに、これについての普遍的で具体的な答えはありません。

 

企業はその業種・業態によって利益構造が違います。
モノを作ることによって利益を得る会社。
モノを売ることによって利益を得る会社。
サービスを提供することによって利益を得る会社。
サービスを企画することで利益を得る会社。

さまざまです。

だから、
普遍的かつ具体的な答えというものは無いということになるのです。

 

採用担当の人がよく言う「コミュニケーション能力が必要」という言葉があります。
コミュニケーション能力は必要条件なのであって十分条件ではありません。

それがあったとしても、会社が欲しがる人材とはまだ言えないのです。

それに、コミュニケーション能力が特に必要ない職種もありますからね。

 

学生さんで就職活動をしている人で、残念な感じの人。
「(一般論として)会社が欲しがる人材ってどういうのだろう?」と、
ひとつかふたつの正解を求めようとする人です。

それは、会社によって違います

どの会社にも通用するような人材要件を探して、
とにかくどこかに就職しようと思っているのかもしれませんが、
考え方のアプローチが間違っています。

「僕が行きたいと思う会社で必要とされるのはどんな人材だろう?」
というような考え方が正しいです。

そして、それは、さらに募集職種によって違ったりもします。

 

「会社が欲しがる人材って?」という問いに、
ひとつかふたつの答えを求めるのは間違いです。

 

ただし、「経営」という機能はどこの会社でも比較的に通用します。
この能力が高い人に限っては、あるていど普遍的に、どこの会社でも通用するかもしれませんね。

 


 


企業が欲しがる人材とは

思考力トレーナーで、
離職者の就業支援も行っている永江信彦です。
今日は、これから採用面接を受ける予定の人へのヒントとして、
「企業はどんな人材を欲しがるのか」というお話を書きます。

 

一言でいえば、事業活動に有益な人物を企業は欲しがるわけですが、
当たり前ですが、企業によって、さらにその時々によってこれが異なります。

その会社はどんなビジネスモデルで利益を得ているのか、
どんな風土を持った組織なのか、
募集している職種はどういうものなのか、
それらを考えなくてはいけません。

業種が似ていても、働いている人の雰囲気が違うことは大いにあります。
体育会系のノリで上下関係が厳しいとか、
逆にフレンドリーなノリがあって、関係性がフラットであるとか、
いろんな空気感が会社によって考えられます。

応募する段階ではなかなか分かりにくいのですが、
できるだけ事前の調査もしておきたいところです
分からないから仕方ないと言っていると、
自分が損をするかもしれませんからね。

 

全てのサラリーマンに共通して必要な能力は、
何を求められているのかを理解できる能力です。
これが不足していると会社や上司からの指示に対して
間違った行動をとってしまいます。

そして、会社の利益を減らし、
場合によっては損害を生む可能性すら出てきます。

 

だから、その企業が、会社が、どんな人材を欲しがっているのかということ、
これは、会社に入る前段階ではあっても、
ぜひ、自分を高めるためにも、面接を突破するためにも、
がんばって調べて推測して、洞察して、推し量ってください。

適切な面接対応ができるのは、その後です。

 


 


簿記検定は就職に有利なのかどうなのか

思考力トレーナーの永江です。

私は職業訓練の講師もやっているので、
就職活動のための資格や検定についても相談を受けることがあります。
やりたい仕事のためにはどんな資格が必要なのか、
どんな検定を取得していれば就職に有利となるのか、など。

 

メジャーな検定としては簿記がよく知られています。
社会人が受けるとしたら日商の検定が一般的でしょうか。
よく知られているので、受けてみよう、取得しようと考える人も多く、
これが就職に役立つかどうかは、本当によく訊かれます。

結論を言ってしまえば、「行きたい会社による」です。
業種業態や職種によるんじゃなくて、会社によるんですよね。
もちろん、職種として経理関係には大いに関係性がありますが、
それも有利になるかどうかは会社によります。

 

そもそも、
どんな業種や職種にも通用するオールマイティな資格や検定はありません。
だから、簿記検定で級を持っているからといって
直接的にどんな就職先に対しても有利になるわけではないのです。

また、
やりたいことや、行きたい企業が明確になってもいないのに、
「万能」のパスとしての資格や検定を求めるのも順序が違うように思います。
まず先にやりたいことや目指す自分像があって、
それを実現するのに必要であれば資格や検定にチャレンジするのが
本来の正しい道筋なのではないでしょうか。

 

とはいえ、
確率論としては、簿記検定の級が有利になる可能性は高いです。
なぜならば、どんな会社組織であっても「会計」からは逃れられず、
知識を持っていることによって組織に貢献できる可能性が上がるからです。

また、簿記の勉強をしてみると分かるのですが、
ふだんの正確の中で考えているお金の概念と企業会計の考え方は、
微妙な違いがあります。
家計簿との相違といってもいいかもしれません。

その違いを、検定のための勉強の中で経験しているはずなので、
級を持っている人は、そうでない人よりも役に立つと、
採用担当者が考えたとしても不思議はありません。

 

ところで、日商の簿記検定には1~4までの級があります。
学生さんを含めて受検者数が多いのは3級だそうです。
就職のためにと考えるとならば、どこまでの級を目指すとよいのか、
これはちょっと悩ましい判断かもしれませんね。

私の経験からいうと、
出来るならば2級までチャレンジしてもらいたいと考えています。
2級の勉強をすると、「工業簿記」というものに触れることになります。
この「工業簿記」というのは、別に「工業」に携わる人だけに必要なものではなく、
「原価の計算」の考え方を学ぶ機会になってくれます。
その考え方はサービス業であっても活かせるものですから、
理解していて損のない知識といえるでしょう。

 

繰り返しますが、
簿記の検定を取得していることが就職に有利になるかどうかは、
あなたが行きたいと思っている会社によります。
けれども、簿記の検定対策で勉強する内容は、
企業というものを理解するために有効な武器になるものです。
そして、さらに、
単に検定の合格証を受け取るためだけでなく、
それを使うとどういうことが理解できるのかということを
強く意識して勉強することをお勧めします。
そうすれば、検定料やテキスト代の何倍ものリターンを得られるでしょう。

 

3級であれば、市販のテキストと問題集で十分に対応できます。
2級でも、しっかり勉強する時間を確保すれば、人に教わらなくても大丈夫です。
ただ、上手に教えてくれる人に教えてもらうと時間短縮にはなりますので、
財布の中身とスケジュールを見比べて検討するのがいいでしょうね。

就職活動に活かせるかどうかはあなたしだいですが、
チャレンジしてみる価値はあると思います。

 

簿記の分かりやすい検定対策テキストをご紹介しておきます。

スッキリわかる 日商簿記3級 第6版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる 日商簿記2級 商業簿記 第7版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

スッキリわかる 日商簿記2級 工業簿記 第4版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ)

 


 


電子書籍、第二弾 面接のド定番質問への「ハズさない」答え方

思考力トレーナーの永江です。
人事部長を務めていた経験を活かして、電子書籍を出版しています。

第二弾として、今回は就職活動で必ず通る道、
面接について書かせていただきました。

就職のための面接に一般論としての正解があるならば、
それは「求められている要素を持っていると、しっかり伝えること」です。
これが、私が主張したいことのメインになります。

具体的な質問例を挙げて対策を紹介していますが、
具体的すぎて特定の企業でなくては通用しないようなことはありません。
事例として出ている質問内容は具体的ですが、
どう答えると良いのかは、ほどほどに抽象的です。
それはなぜかというと、
企業によって「求めるものが違う」からです。

 

これからあなたが面接に参加する会社は、
もしかしたら自分が希望するような会社じゃないかもしれません。
面接の最中にそれに気づくこともありますから、
そもそも面接でうまくやるということは必ずしも採用という結果を得ることではありません。

一応はそのことを念頭に置きながら、「良い面接対応」を実行しましょう。
そのために必要なスキルは、「何を求められているのか理解するチカラ」です。
この電子書籍を読んでいただければ、そのチカラが何なのか分かってもらえるのではないでしょうか。

読むためにはあまり時間がかからないように内容を厳選しています。
ぜひ、一度、読んでみてください。

 

なお、前回は、
会社で教えてくれない 人事部長が書いた年収倍増の教科書
というタイトルで出しています。
こちらも、よろしかったら読んでみてください。

 


 


電子書籍で出版「人事部長が書いた年収倍増の教科書」

思考力トレーナーの永江です。

このたび、人事部長としての経験を活かし、
さらに、独立後に企業研修などを行いながら考えたことを盛り込み、
電子書籍で出版をさせていただきました。

インプレスさんからの出版です。

 

会社で教えてくれない 人事部長が書いた年収倍増の教科書 impress QuickBooks

 

ちょっと強め(?)のタイトルになっていますが、
内容はけっこうベーシックなものだと思います。

ちょうどこれから新社会人になる人にとっては、
企業の中でどう振る舞えばいいのか分からないことも多いでしょう。
そんな人たちにとっては基本的な心がまえとして読んでもらいたい。

また、すでに働いている若手や中堅どころのビジネスマンには、
自分と周囲の関係性を良くすることが、結局は自分の利益になるんだと伝えたい。

そんなことを考えながら執筆させていただきました。

もしも今、新人研修を自分が実施するとしたら、
こういうことを話したい、という内容でもあります。

 

年収を倍増させるために、と謳っていますが、
内容は基本的で、ボリュームもそれほどじゃありません。
おそらく、読むのが速い人なら1~2時間で読んじゃうのでは?

そうでない人でも読むのが苦痛になるようなページ数ではありません。
スマホで気軽に呼んでもらえると思います。

あ、そういうのだから「Impress QuickBooks」っていうのか!

 

年収が倍っていうと「ほんとかよ?」て思いませんか?
でも、それは決して難しいことではないのです。
もちろん、どんな会社に勤めているのかという環境の要因はありますが、
それでも自分でできる取り組みはあるはずです。

そこにしっかりと目を向けて頑張って欲しいと書いたのが
この「人事部長が書いた年収倍増の教科書」です。

「立ち読み」だけでも、いや、できれば全部、
ぜひ、読んでみてください。

 


 


新卒一括採用での就職はしなくてもよい

思考力トレーナーの永江です。

就職活動に熱心な学生さんの多くが、
「就職しなければならない」と考えています。
当たり前のように思うかもしれませんが、
これは本当のことでしょうか。

 

日本の企業は新卒採用を重視しすぎていて、
その機会を逃してしまうと挽回のチャンスはとても少ない。
これもいろいろな場所で耳にしますが、
統計的なデータがなかなか得られません。
無くはないと思いますが。

しかも、
学生さんが自分の将来について考えるべきなのは、
自分個人とその周りについてのミクロなことなのに、
マクロな一般論というのはどこまで有効な情報なのでしょうか。

 

私自身の考えを言えば、
卒業するときに就職しなくてもよいです。

私なんかは、そもそも大学を卒業していませんし、
幸せな生活を送っている周りの人達を見てみると、
必ずしも新卒の一括採用で就職しているわけではありません。

慌てて就職しなくても
いくらでも幸せな人生を築いていけます。

 

ただし、自己責任です。

おそらくこれがポイントなのですが、
なんとなく周りに流されて、
あまり自分の思考を働かせることなく就職してしまうのはダメです。

同じように、
ただ惰性でダラダラと生活した結果として、
卒業したけど就職しない、というのもいけません。

要はどちらにしても十分に考えて、
自分の進む道は自分で作っていきなさい、ということですね。

 

新卒で就職したら有利になることは確かに多いです。

一方で、
アルバイトから叩き上げて出世することも、
自分で勉強して得た技術で中途採用を勝ち取ることも、
そして、起業して成功することも、
どれも努力と工夫で可能なのです。

「誰にでもできるわけじゃない」という言い訳は、
ほとんどの場合で努力や工夫が足りない人の言い分であり、
しかも、それを言うなら新卒での就職も同じではないでしょうか。

 

「みんながそうするから」
とか
「だって、そういうものではないですか」
とかいった
受動的な考え方をやめて、
自分がどうであるのが望ましいのかをちゃんと考えましょう。

就職は、するもしないも自己責任で、
幸せな人生を送るためには他の選択肢もたくさんあるのは事実です。

 


 


人事担当者がコミュニケーション能力ばかりを重視するのはなぜか

思考力トレーナーの永江です。

就職活動中の人むけに、
人事部長として採用活動をしていた者としての
採用における考え方をお伝えします。

今回は、
採用担当や面接官がコミュニケーション能力を重視するのは
一体なぜなのかというお話です。

 

言い方を変えれば、
R社さんなんかの営業さんからヒアリングを受ける採用担当者が、
「どんなスキルが必要ですか?」と質問されたときに、
まず答えることの多くが「コミュニケーション能力」となるのは、
一体どうしてなのか、ということでもあります。

 

この理由は大きく分けて2つあって、
1つは業務においてその能力がとても重要だからということと、
もうひとつは、
採用活動を行っている時点において、
社内でそのスキルが不足していると感じているからです。

 

未来への投資と考えられる新卒の採用にあっても、
即戦力を必要とする中途採用であっても、
不要なスキルを求めることはありません。

まずコミュニケーション能力が必要なのです。

そして、
それが社内において十分ではない、
何か問題の原因や、問題そのものになっている、
だからその能力を求めるのです。

 

もちろん、
要求する程度がどれくらいなのかということもあるし、
他にどのような能力が求められているのかも考えなくてはいけません。

しかし、上述した2つの理由を考えみると、
コミュニケーション能力を求める会社は、

「本当に業務上で必要」
か、もしくは
「社内のコミュニケーションに課題がある」
の、どちらかです。

つまり、
「コミュニケーション能力なんて別に要らないよ」
と採用担当が言うような会社は、
実はものすごく社内の情報共有がしっかりしているのかもしれません。

 

ちょっと逆説的な内容ですが、
「必要だから求める」という欲求の原点を考えると、
そういうことなのかもしれません。