小松でワールドカフェ

昨日、こまつ町家文庫で開かれたワールドカフェイベントに参加してきました。

その名も、
「僕たちは小松を変えることができない?まちづくりワールドカフェinこまつ」

小松ワールドカフェ

ワールドカフェとは、
参加者が4人ていどのグループに別れてテーマに沿った意見を出し合い、
グループメンバーが入れ替わりながら何度かセッションを繰り返すという、
対話手法の一種です。

リラックスした雰囲気の中で意見や思いを共有しつつ高めていく、
近年、注目を集めているコミュニケーションのありようですね。

 

今回のテーマは石川県第二の街、小松市について。
そして、自然と南加賀全体について話が広がりました。

小松、能美、加賀。
南加賀にはいろいろな課題があります。
このまま放っておいてはいけないけれども、
ひとりひとりの力では何かを動かすのは難しいかもしれない。

けれども、みんながちょっとした行動を続けていくことで、
課題を克服し、良い街づくりをしていけるでしょう。

 

小松では朝活も開催されるようになりました。
他にもいろいろと活動されている同志がいらっしゃいます。

私もこういう集まりに参加をしつつ、
本業においても地域に貢献できるように努めてまいります。

 

本業は人材育成と就業支援です!
顔晴ります。

 

ところで、会場となったこまつ町家文庫は、
その名の通りに町家を改装したブックシェアの施設で、
ゆったりのんびり、とてもステキな空間です。
カフェとしての機能もあるので、みなさんもぜひどうぞ。