二番じゃだめなんですか?

いちどこの言葉について書いておきたかったのですが、
時期を外したほうがよいと思ってました。
私が書きたいことが政治や行政のことではないからです。

 

「二番じゃだめなんですか?」

 

子供が何かにチャレンジして、
その結果が「二番」だったとしたら、、、

 

厳しい「オヤジ」は「もっと頑張れ」と叱咤激励します。

やさしい「お母さん」は「頑張ったんだからしょうがないよね」と労(ねぎら)います。

これは、どちらが正しい対応なのでしょうか。

 

どちらも正しいと思います。
見ているところが違うだけなんです。

 

「オヤジ」は目標を設定させようとしています。
二番という結果に満足することなく、あるいは一番を諦めることなく、
常に向上心を持って今よりさらに上を目指すよう激励しています。

一方、
「お母さん」は努力した結果を受容させています。
変えることが出来ない「過去」をとがめても意味はありません。
それよりも、まず「頑張ったこと」を認めます。

 

過去は変えられません。
しかし、いちど出た結果から簡単に諦めてしまってはいけません。

あくなき向上心、努力、工夫、
そして自分への労い。

どれも必要なんだと思います。

 

さぁ、私は何が言いたかったのでしょうか。