何事に対しても前向きに考えることができるかどうか

思考力トレーナーの永江です。
私が接してきた中で、良い成果を上げている人、どんどん良い変化を生み出している人の傾向についてです。

スポンサードサーチ


悪く考えることがない人

基本的にどんな出来事にも良い面と悪い面があると私も考えているのですが、どうしても出来事に対しての「良い」または「悪い」という評価のどちらか一方をしてしまうことがあります。でも、以前に指導をしていた塾の生徒で、何事も悪く考えることがない子がいました。テストで良くない成績になっても「出来ないところが分かったのでそこを勉強します。」と言う。模試で志望校についての判定が悪く出ても「どれくらい頑張らないといけないか分かったので、それだけがんばります。」と言う。

実際に心の中がどうだったのかは分かりません。でも、常に前向きに考えて、悪い考えを口にすることなく、頑張って勉強をして無事に志望校に進学しました。

過去の失敗を笑って話せる人

経営者となるとなんでもポジティブに考えるわけにはいかないです。良くない未来も想定しておかないと、予想外の自体に対応できずに会社を潰してしまうかもしれません。だから私が尊敬しているある社長さんも、ネガティブな想定はしっかりとされています。でも、過去の失敗をあまり悪いこととして捉えていないような気がします。

あるていど経営をしていると失敗もあります。その人も失敗を何度かしています。でも、どの失敗もすごく明るく楽しく話してくれます。売上が下がったり損失が大きくなったりと数字においては悪い結果になったことでも、振り返って話してくれるときには笑い話になっています。失敗は失敗として評価しつつ、それを「勉強になった」と明るく話してくれる姿には、「こちらこそ勉強になります」と申し上げたくなります。

無意味なポジティブシンキングではなく、意味を持って前向きに考える

世の中には、ポジティブに考えるといいからと、とにかく意味もなくやたら「良いこと、良いこと」と考えようとする人がいます。こういうのは実際の経営や組織運営ではあんまり好ましくないと思います。やっぱり評価として「ダメだ」となる事象がありますから。でも、それを受けて、受け入れて、それに対して前向きに考えられるかどうかは大きいです。そこで論理的に、適正に、前向きに考えられるかどうかで、成果の大きさも変わってくることが多いように思います。

無意味にポジティブになれとは言いません。でも、良くない評価を下すべき場面にあって、それを前向きに捉える考え方も身につけていたら良いでしょうね。