テレワーク、リモートワーク、注意すること

人事系コンサルタントの永江です。
最近はテレワークとか、リモートワークという言葉が知られるようになりました。
働き方が多様になったことのひとつの象徴だと思います。

スポンサードサーチ


テレワークとは、リモートワークとは

簡単にいうと、会社に出勤しないで他のところで仕事をすることです。ただし、古くからある営業職のように客先に出向くとか、運送業のように外に出ることそのものが仕事になるものではありません。たとえば経理の仕事を自宅でやって、必要に応じて会社の同僚や上司・部下と連絡をとる。つまり、以前は会社にいて事務所の中でやっていたような業務を、自宅などのスペースで行うことをいいます。そのときに、完全に独立してやるのは無理で、なんらかの連絡をとりあうことや情報共有が必要なので、それらはインターネットを通じて行うのが一般的です。

コミュニケーションのメインはインターネット

テレワークやリモートワークと呼ばれる働き方をするときに、コミュニケーションは主にインターネット経由になります。チャットやEメールなどの文字のやりとりや、Zoomなどを使ったテレビ電話的な会話など。必要なときにつながって情報の受発信をします。

すばやいやりとりなら電話、ネット回線の通話がよいでしょうね。情報の記録ややりとりのログを残したい場合はグループウェアやチャットツールなどが向いています。リアルタイムである必要性が低く、相手のタイミングで読んでもらればよいとなれば、メール型や掲示板型のツールが活躍しそうです。

文字情報だけのときの注意点

これは私自身が何度も体験していることです。文字だけの情報だと、相手の感情や微妙なニュアンスが分からないんですよね。だから、同じ文章が書いてあっても、受信する側の勝手な想像で、「怒っている」「冗談ぽく言っている」「嬉しく思っている」などの感情面が実際とは違った受け取られ方をすることがあるのです。

そして、相手を不快にさせるつもりなどまったくないような事実を伝えただけなのに、相手が嫌な思いをしたりすることもあります。本当に言葉どおりの質問をしたのに、なにか裏があるのではないかと思われたこともあります。人間は自然に行間を読む生き物なんですね。

だから、私が文字のみで情報をやりとりするときには、なるべく優しい印象で相手に伝わるように言葉を選ぶようにしています。たまに怒りを表現するためにキツイ言い回しを入れますが、こういうときはかえって失敗します。怒りが相手に伝わらないという……。けっきょく、文字の情報は淡々と、でも優しい言い回しで伝わるようにして、感情を伝えるときにはそれに相応しい音声通話などを使うのが良さそうです。

テレワークやリモートワークを導入しようとしている人は、ちょっとアタマの隅に置いておいていただくといいかもしれません。