脳は変わらないようにしたがる

思考力トレーナーの永江です。
何かを変えようとチャレンジをする人は多いです。
でも、それが長続きしないことも多い。

スポンサードサーチ


脳は保守的

人間の脳というは、とにかく保守的なんだそうです。今の状態を変えないように、変えないようにと考える。だから、よっぽどのピンチだと感じないと変わらない。ちょっと太っているといってもすぐに死ぬほどではない。勉強をしなきゃいけないのは分かっているけど、明日からでも大差ない。いろいろな言い訳はすぐに思いつきます。それは、脳が保守的であって、変わらない理由を作るのがうまいからです。

保守脳を利用して変化を生み出す

だから、何かにチャレンジをしようとか、自分のどこかを変化させようとするときには、すごく頑張るか工夫をするか、ということを考えます。すごく頑張るというのはまさに文字どおり頑張るということです。勇気を奮い起こす、とにかく自分にムチをうってやらせる、嫌でもなんでもとにかくやる。そんな感じです。

工夫をするというのは、たとえば、変わった後の状態をいつものことであると脳に思い込ませたりすることが考えられます。いわゆる思い込みによって、それが普段の自分だと勘違いさせて、結果的に変化を起こすわけです。「おれは出来る。当たり前のように出来る。」などと繰り返して自己暗示をかけるのもそうかもしれません。このあたりのことはおそらく心理学的にノウハウがあるのだと思いますが、私の場合は、とにかく自分に言い聞かせることが多いです。お試しあれ。