タスク管理と子供の勉強の話【加賀市 片山津 学習塾 】

思考力トレーナーで、こほく寺子屋を運営している永江です。
昨日、ある事業所さんでの講座を担当させていただき、ビジネススキルのひとつとしての「タスク管理」についてお話をしました。

タスクの優先順位

ビジネススキルとしてタスク管理を考えるとき、タスクの優先順位について考えることになります。いくつかのタスクが自分に課せられているときに、どれから手を付けると良いのかということです。その場合、ふたつの基準軸で考えるのが良いとされていて、それは、重要度と緊急度です。

優先度のマトリクス

上の図はフレームワークいろいろのページに掲載してあるものです。優先度のマトリクスというフレームで、何を優先してやればよいのかを考える指標のようなものです。重要で緊急なものは先にやります。次に優先したくなるのが緊急度が高いということで3のエリアにあるものなのですが、緊急性が低くても重要である2のエリアにあるものを優先しましょうという注意をしましょう。

時間の管理について

昨日の講座では、タスク管理と時間の管理についてお伝えをしました。受講された方々も特に遅刻があるわけではなく、とりあえず社会人として時間を管理する意識が持っていらっしゃいます。でも、より有効に、効率的に、自分のための時間も最大限に確保できるような生活ができているかというとそうでもなさそうです。とりあえず、やらなければならない仕事や約束について自分を律することができているというだけです。

仕事を含めて他者との約束の時刻や期日をしっかり守れていれば、社会人としての時間管理はできているように思われます。多くの人はそれで「よし」とされています。でも、本当はもっと有効な時間の使い方ができて、もっと自分のための時間が確保できて、もっと楽しい人生になるのかもしれません。その可能性は否定しないでいちどチェックしてみても良いのではないかと思います。

子供の勉強に当てはめて考えてみる

ところで、我々が子供の頃や、大人になってからやっている勉強について、はたして有効な時間活用ができているのでしょうか。「とにかくやらなきゃいけない」という思いでやっているとどこか効率の悪い時間の使い方をしているかもしれません。特にお子さんの自学においては効果的なタスク処理の優先度や、時間の使い方を考えているとは思えません。たまに賢い子が上手に時間を過ごしているのを見聞きすることがありますが、極めて少数派なんだと思います。

塾で学習の指導をしていると、その間の1時間とか2時間については比較的に有効な時間使いをさせられます。こちらがあるていどの主導権を握っていますから。でも、家での勉強は本人または親御さんが主導です。当たり前ですが私が関与できるのは「宿題を出す」ことくらいです。このあたりがちょっともどかしいのですが、宿題を出すにしても、時間の使い方までアドバイスできたら良いなと考えました。今後はそこまで含めた指導を模索していきたいです。

 

こほく寺子屋は、加賀市の湖北地区会館で開催している学習塾です。小中学生を対象としてマンツーマンでの学習指導を行っています。ご興味のある方は下記のページにて詳細をご覧ください。
こほく寺子屋 http://manabuki.com/terakoya