夏休みの宿題は急いでやらない

思考力トレーナーでフリー講師の永江です。

私は大人向けにも子供向けにも講師としての仕事をしていますが、
子供向けには、石川県加賀市の片山津地区で
「こほく寺子屋」という学習指導教室を開いています。

小学生には作文の指導を、
中学生には数学と国語を中心とした学科指導を行っています。

 

今は夏休みの時期。
生徒たちはもちろん学校から出された宿題を抱えています。
私も昔は同じように宿題を抱えて、
「さっさとやってしまった方が後がラクでしょ」
と、母親に言われたりしていました。

今の子供たちも、やはり同じようなことを言われているようですね。
仮に夏休みの前半に宿題を終えてしまえば、お盆以降はゆっくり過ごせる。
好きな遊びをいくらでもできる。
先に先にとやっておくに越したことはない、というわけです。

 

でも、
宿題というものの本質を考えたら、必ずしもそうではないと考えています。

 

長期の休みの間にも宿題が課せられるのは、
休みの間も勉強をしたほうが良いからです。

1ヶ月から2ヶ月もの間、まったく勉強をしないのは良くない。
勉強は継続的にするのがよくて、だから学校に来ない間には宿題をしなさい。
これが、学校の先生が宿題を出す理由です。

もしかしたらそういうことも考えずに、
ただ惰性で宿題を出している先生も居るのかもしれませんが、
少なくとも、休み中の勉強の機会になっているのは間違いありません。

だから、
宿題をやることの目的は、継続的に勉強をすることに設定すべきです。

「やらなきゃいけないことをやる」というのは目的にしない。
親御さんも
「やらないと叱られる」とか
「決まったことだからやらなくてはいけない」とか、
そんな言い方で子供を机に向かわせるのは良くないのではないかと思っています。

 

継続的に勉強をするのが宿題の目的であり意義であれば、
夏休みの前半にすべてを終わらせてしまうのは
決して歓迎すべきことではないということになります。

理想としては、
ずっと同じくらいの分量で勉強を続けるのがよいということですね。
例えば学校の授業があるときの時間割というものがあります。
現行の指導要綱にしたがった時間配分になっていると思うので、
休み中の勉強のバランスもこれを基準にすると良いかもしれません。

もちろん、まったく同じにする必要はないし、
休みの期間であればこそ出来ることに時間を多めに割くほうが良いとも思います。
あくまでも基準ということで、「たたき台」ていどに考えてください。

 

何よりも大切なことは、本当の実力として知識と教養を身につけ、
自立的に考える能力を少しずつ向上させていくことです。

それには継続性が必要ですから、
夏休みの宿題は急いでやらないようにしましょう。

 

ただし、
お盆を過ぎないとペースが上がらない人は、
意識的に前半のペースを上げないといけませんよ。