ロジカル・シンキングってなんでしょうか?

思考力トレーナーの永江です。

この肩書、というか、名乗り、というか、
このおかげで、ロジカル・シンキングのセミナー講師のご依頼をいただきます。
もちろん、その任務がこなせるからこそ、このように名乗っているわけですが。

ただ、ときどき思うことがあります。
それは、ロジカル・シンキングという言葉に持っているイメージが、
人によって異なるということです。
あるいは、その言葉の解釈が人によって違っているとも言えるかもしれません。

 

ロジカル・シンキング

 

ネットでロジカル・シンキングというキーワードで検索すれば、
いろいろな解説サイトがヒットします。
おおよそ、その中身を読んでみると、
基本となっているのは、MBA(Master of Business Administration)に含まれる
ロジカル・シンキングであるように思います。
私が勉強したものも、どちらかというと、これに含まれると思います。

しかし、
「セミナーやってください」というご依頼を受けて打合せをさせていただくと、
そこから目指しているものは、MBAというより普段の生活に密着したことが多いように感じます。
たとえば、コミュニケーションの質を上げたいとか、
メールを書くときに分かりやすくまとめたいとか、そういう身近な内容です。

もちろん、MBAに含まれる内容でも、そういうご要望に応えられるのですが、
そもそもロジカル・シンキングってなんぞや、という問いに対しては、
違った答えが返ってくるような気がしているのです。

 

要するに、
ロジカルに考えられるようになりたいと考えている人の多くは、
プライベートであれビジネスの現場であれ、
本当に日常的な、小さいけど頻発するシーンの中で、
ロジカルな考えと、ロジカルなコミュニケーションを実現したいと欲しているのです。

ということで、
私のセミナーの内容は、抽象的な概念の話と具体的なワークがセットになっていますが、
ワークの部分についてはどんどん需要に合わせて変化させています。
それは、もっともっと日常にありふれた場面に合わせてということです。

ひょっとしたら、
去年の講座に参加した人よりも、今年の講座に参加した人のほうが、
具体的で生活に活用できる内容になっていたかもしれません。
これは、セミナーごとをやっている人間としては仕方ないこととしてお許しいただきたいのですが、
どうしても、次第に内容がパワーアップします。
でも、毎回、その時の最善をお届けしているので、ご期待には必ず応えます。

ロジカル・シンキングは、普段の生活に活かしてこそのメソッドです。