中学生の勉強方法 国語その2

思考力トレーナーの永江です。

中学生のお子さんがいるお父さんとお母さん、
子供にどのような方法で勉強をさせていますか?

先日、中学生が国語の勉強をする中で、
漢字を覚えるためには、読んで、書く、ということが必要だと
このブログに書きました。

では、読解力を身につけるためには
どのような学習方法が良いのでしょうか。

 

実はこれも「読む」ことが大切になってきます。

「いや、読んだときに分かるようになるにはどうしたらいいの?」
と、ツッコミを入れられるような気もしますが、
小手先の方法ではなく、
本当に純粋に「読む」ことによって読解力が向上していきます。

 

ただし、できれば声に出して読むことと、
同じ文章を何度も繰り返して読むことが大切なので、
この2つを徹底させるようにはしましょう。

 

文章、または、言語といってもいいのですが、
これは「音」と密接な関係があります。
音のない言葉はありませんよね。
脳の理解では、言葉は音なのです。

したがって、
目で追うだけの読み方だけではなく、
しっかりと声に出して口と耳を活躍させるのが大切なのです。

思春期では恥ずかしがったりすることもあると思いますが、
能力の向上が確認できるまでの間は声に出させた方が良いです。

 

それをどれくらい繰り返すのかというと、
最低でも5回、できれば10回です。

なんとなく日本語での会話ができている年齢ですから、
一度だけ読めばそれなりに理解できるような気がして
同じものを繰り返し読むのが苦痛になるかもしれませんが、
慣れてくれば、すなわち読解力の成長が生まれてくれば
それほど苦にはならないはずです。

また、慣れてきた頃には国語の力が伸びているはずなので、
繰り返す回数を減らしても大丈夫かもしれません。

 

これは大人にも言えますし、
おそらくすべての人にとって当てはまるのですが、
1つの文章を1回だけ読んだらバッチリ理解したことになるかというと、
意外とそうではありません。

何度か繰り返して読むうちに、
最初の頃には気づかなかったことに、ハッと思い当たることがあります。

 

もちろん、読解力の高い人であれば少ない回数で済むのですが、
いま考えたいのは、まだまだ伸びて欲しい中学生ですから、
繰り返し読むことによって必ずその能力は向上します。

 

やり方は簡単なのです。

このように、声に出して繰り返し読む。
それだけです。

でも、これは、
最低でも3カ月、長ければ半年くらい続けないと効果が実感できません。

そんな面倒なのは嫌だとか、
子供に続けさせるのが難しいという人は諦めてください。

 

ここが一番のポイントかもしれませんが、
確実に能力が向上する方法は、地道な努力の継続です。

そこに工夫がプラスさせるとベストなのですが、
国語の読解力を上げるための工夫とは、
「声に出す」ということです。

したがって、繰り返しになりますが、
声に出して繰り返し読む。

この学習方法が一番なのです。