小学生の勉強方法 算数

思考力トレーナーの永江です。

小学生の算数では、
数と図形の概念について基本的な理解をすることと、
簡単な応用ができるようになることが目標になっています。

算数は将来の数学につながるものとして、
理系的、左脳的、論理的な思考が必要だと考えられがちですが、
小学生、特に低学年で身につけるべきなのは、
むしろ右脳的な感覚で理解する能力です。

 

たとえば、
1という数と2という数の関係性は、
同じ大きさの2つの物体を並べることによって説明でき、
これの理解は明らかに感覚的なものだと言えます。

「あ、同じものがもう1つあると『2』になるんだ」
ということは、理論ではなくて感覚で腹落ちさせます。

同じように、
加減乗除(足す、引く、掛ける、割る)という四則演算は、
低学年の間に理論で説明しても分かりづらく、
絵や図形で示したほうが納得できるはずです。

だから、小学生の教科書には、
絵やイラストを頻繁に使用してあります。

 

したがって、
小学生の算数の勉強には感覚的な要素を取り入れるべきで、
数字と記号だけをならべた計算式ばかりを見せていては、
できない生徒をどんどん増やしていく結果になりかねません。

例えば九九をおぼえるために暗唱させるのは良いのですが、
ちゃんと縦横に並んだイラストなどを意識させて、
掛け算というのはどういうものかを感覚で理解させましょう。

 

そうはいっても計算の練習問題などは、
ひたすら数字と記号が続いていきます。
このときにどういう勉強方法が相応しいのかといえば、
計算の過程や答えの書き方に注意をするのです。

数字の桁をそろえるとか、
記号の位置が縦にそろえるように書くとか、
そもそも数字や記号を丁寧にきれいに書くとか、
きれいであることを感覚的に好むようにしていきます。

つまり、
計算練習における「手習い」「習字」のようなイメージです。

 

小学生、特に低学年の算数の勉強には、
見た目の形、美しさを意識した、
感覚的な能力を鍛えるような勉強方法が良いのです。