教えることのプロフェッショナルなら出来るはず

思考力トレーナーの永江です。
石川県の加賀市で小中学生の学習指導もしています。

あえて自慢をするわけではありませんが、
誰かに何かを教えることが私の仕事なので、
いろいろなことをお伝えしています。

そんななかで、ときどきこう言われることがあります。

「先生、たとえ話がうまいですね」
「たとえ話が分かりやすくて良かったです」

 

教え方の良し悪しは、
たとえ話がうまく出来るかどうかにあると私は考えます。
だから、この言葉は私にとっては最高の褒め言葉です。

 

なぜ、たとえ話がうまく出来ることが、
教え方の良し悪しと関係があるのかというと、
それは、たとえ話が出来るということが、
具体的な事象と抽象的な概念を
思考の中で素早く行ったり来たりできている証拠だからです。

具体的な出来事から抽象的な概念を思い描くことが出来る。
抽象的な概念から具体的な事例を挙げることが出来る。
これは教えるべき内容を本質的に理解しているからであって、
ただ頭に詰め込んだだけの知識では難しいです。

 

Aという概念に含まれる具体的な事象としてBとCがあるとします。
たとえ話が出来るということは、
Bとう事例が示されたときに、素早くAに思い至り、
そこからCという別の事例を導き出すことです。

これが出来るためには、
Aという概念を本質的に理解していなければなりません。
ただ無理矢理に記憶しただけの知識では、
Aという概念とBやCの事象を結び付けられないのです。

 

私は教えることのプロフェッショナルですから、
少なくとも教えている内容については本質を理解しています。
だから、たとえ話もうまく出来るし、
教え方が上手だとも言われるのです。

また、純粋に教えることのプロフェッショナルとしての技量があれば、
新たに仕入れたばかりの情報であっても上手に人に伝えられます。
私はまだ「どんなことでも」と言える域には達していませんが、
少しずつそんな「達人」に近づきたいと思って努力しています。

 

残念なことに、
教えることを職業としてお金をいただきながら、
これらのことを分かっていない人も多くいます。

本当に教える内容について理解しているのかどうか。
試してみるには
「たとえば? たとえば?」と何度も尋ねてみてください。
ちょっと意地悪な質問ですけどね。
プロなら対応できるはずです。

講師の席はプロフェッショナルの席