フレームワークとしての「売上の5原則」

思考力トレーナーの永江です。

一般的に売上を上げるために必要な要素を
5つに分類したもが売上の5原則といい
売上が上がるか持続する理由はこの5つに集約できます。

<売上の5原則>

・新規顧客の獲得
・既存顧客の流出防止
・購買頻度を上げる
・購買数を増やす
・購買単価をを増やす

それぞれの値や精度を上げていくことが売上げアップにつながり、
強みを活かして機会を逃さないようにと、
SWOTなどによる分析を行ったうえで検討するとなお良いです。

 

売上の5原則は自分自身が関わるビジネスはもちろん、
他人の商売について考えてみるのも面白いです。

つまり個人事業なら自分の商売、
サラリーマンの人であれば勤めている会社の営業、
それらについて実践的に考えて活用していただきたいのですが、
他の対象を題材にするとフレームワーク思考の練習になるということです。

 

例えば、以下のような内容について脳トレワークとして考えてみてはいかがでしょうか。

・いちばん近所にあるコンビニの売上アップ策を考えてみる。
・最寄り駅にある売店の売上アップ策を考えてみる。
・自分が所属する企業の売上アップ策を考えてみる。
・身近にある観光地について、売上アップになる方策を検討してみる。

本来の使い道から考えれば、
これらを考えたあとにはちゃんと現実的な実行計画を考えるなどして、
単なる机上の空論にならないような実効性が必要なのですが、
単純に練習ワークとしてトレーニングにするのもいいですよ。

他の題材についても思いついたらやってみてください。

売上の5原則

 

マインドマップ公認インストラクター矢嶋美由希さんとのコラボセミナー
未来に活躍するビジネスパーソンのための
マインドマップR活用セミナー「フレームワーク思考への応用」

お申込み受付中です。