こほく寺子屋・作文コースの説明会でした

思考力トレーナーの永江です。

こほく寺子屋・作文コースの説明会を
会場となる湖北地区会館にて昨日の夜に開催しました。

以前からお子さま向けの学習指導は行っておりますが、
今年度からは事業的な比重を増やして臨(のぞ)みます。

 

子供たちにどんな環境をつくってあげればいいのだろう?

 

石川県南加賀地方、
私の時代は学習塾に通うことは珍しかったのですが、
ソロバンや書道、野球教室やピアノなど、
「習い事」の類(たぐい)はけっこう盛んだったように思います。

私も書道教室に通わせてもらっていました。
(サボることも多かったですが……)

最近ではフットサルなどのように昔は無かった習い事もありますね。

文化的なこと、学問的なこと、スポーツ、一般的な学習、などなど、
その子に合った、その子に必要な、そしてご家庭にマッチした、
いろいろな習い事があります。

 

どんな習い事をするのか、ということは
本人と親御さんが相談して適切なものを選択すればよいです。
お友達と一緒に行きたいという理由もあったりしますよね。

でも、どんな習い事をするにしても
なんらかの形でその子の成長に資するものである
ということは大切です。

 

作文を含む学問的なことをこほく寺子屋では指導します。
その中でいちばんに気をつけていたいのは
「この子の成長にとって良いことなのか?」と自問すること。
あらゆる判断の基準になるものです。

 

怠けてサボったりしていた書道教室ですが、
通わせてもらって良かったと今では思っていますし、
当時の先生には本当にお世話になったと恩を感じています。

そのように思われることは私にとって目的ではありませんが、
本当の目的がひとつづつ達成できれば結果的にそう思ってもらえるかもしれません。

 

何はともあれ、
楽しい学習空間に出来るように務めてまいります。

こほく寺子屋・作文コース