「文章を書く」を学ぶ

先日の求職者向け訓練で、文章作成を学ぶ時間を設けました。

文章を書くということはあらゆる業種で必要なスキルなのに、
きちんと学んで練習する機会は不足していると思っています。

義務教育の教科には含まれているんですけどね。。。



まず前日に、ある課題に答える文章をメールで提出してもらいます。
全員のメールをチェックして、その時点での文章スキルを確認します。
この事前課題によって当日の講座内容は変化します。

当日の講座では、
受講生の中で高い頻度で現れる問題点から優先的に、
具体的な文章を例にしながら
日本語のルールやセオリーをお伝えします。



ルールやセオリーをあるていど理解してもらったら、
それらに気をつけながら文章を書いてもらいます。

そして、今度は書いたものを数人のグループで共有して、
お互いに改善すべき点や良かった点を指摘しあいます。

指摘された箇所に気をつけながら、また次の課題文章にチャレンジします。



この
「グループ共有してのPDCA」 を何度か繰り返し、
最後に、前日と比べて向上した自分のスキルを実感してもらいます。

(課題に取り組んでいる途中で、必要に応じてアドバイスをします)




文章を書く能力は、単発の講義を受けただけでは向上しません。
やはり繰り返して書くこと、そして問題点を指摘してもらい、
自分でも考えながら改善していくことが必要です。

その考え方を一日にまとめた講座を実施したのですが、
当然ながら一日やっただけでは十分ではありません。

公共訓練はある程度の期間があるので、
また同様の「学び合い」の時間を設けたいと思っています。




「表現力」としての文章講座は、
企業さま向けにも実施をいたします。

業務上のやりとり、取引先へのメールの書き方、など
ご要望に応じて内容を準備いたしますので、
下記のアドレスまで、お気軽にお問い合わせください。