自己分析

前回の記事「ベーシックビジネスマインド講習」の中に、
「自己分析」という項目があります。

これは、主に求職者や企業の若手スタッフ向けを想定していますが、
ちょっとした壁を感じている中間層や管理職の方にも有効だと思います。



複数の角度から自分が持っている要素を「棚卸し」します。
そして、自分の欲求や指向性を掘り下げて、
周囲からの要求にも目を向けます。

社会で生きていくためには果たさなくてはいけない「義務」もあり、
どうしてもやらなくてはいけないタスクがあります。



これらを全て書き出し、
視点を変えながら何度も見比べ、見返し、
「立体的な思考」を進めます。



結果として得られた「過去・現在・未来」の自分像から
長期、中期、短期の目標を設定して、
最後に、「いま、早々に取り組むこと」を設定します。



きちんと時間をかけて自分を見つめてみると、
ふだん「こうだ!」と思っている自分が、意外とそうでもないと気づきます。

そういう「気づき」のお手伝いもしています。