分解力が応用力へも繋がっていきます

思考力トレーナーの永江です。

突然ですが、応用力とはどうやって身につくものなのでしょうか。

 

応用力とは、
ある物事や解決策を、ひとつのことだけではなく別のことにも適用する能力だと言えます。

この能力はどうやって身につくのでしょうか。

 

応用力を身につけるために必要なこと、
まずひとつは、経験を積むことです。

積み上げた経験の中から、
別のことにも適用できる共通性や典型的な内容を見つけます。
他のことに応用できるのは、共通なものや典型的なものですから。

 

では、
共通性や典型的な内容はどうやって見つけるのでしょうか。
これには分解力が必要だと考えます。

 

ある出来事に出会ったときに、
その出来事を大きな全体としてだけしか捉えられないとしたら、
中に包含する他との共通項を見つけることは困難です。

逆に、上手に分解をしさえすれば、
あとは自然と共通項や典型的な内容が見えてくるはずです。

 

応用力への入り口、それは分解力だと思います。