就職活動では「素」を!

昨日、あいさつ回りの途中で、
某ファストフードのお店で休憩をしていました。

ちょっと離れた席に、
学生さんと思われるリクルートスーツの女性と、
企業の担当さんと思われる男性がいらっしゃいました。

学生さん(と思われる人)は相手の方のお話を
すごく熱心に聴いている様子でした。



私は、ついこの間まで、企業で人事部長をしていました。
当然、採用活動についての責任者です。

特に新卒採用の面接をしているときに感じていたことは、、、

「表面を取り繕う学生さんが目に付く!」
ということです。

もちろん、多くの方はそうではないのですが、
「目に付く」のです。



私は、面接は「お見合い」みたいなものだと思っています。
一方が一方に対して合否判断するのではなくて、
お互いに「自分に合った人かなぁ?」と、「品定め (^^;)」をするのです。

(なので、私は「合格・不合格」という言葉をなるべく使わないようにしていました)


お見合いなのですから、
ある程度のお化粧やフォーマルな装いは必要だと思いますが、
本来の自分を見せなければ、結婚したあとで大変です!

「あれ!? この人、思ってたのと違うゾ!!!」
という驚きが連発しちゃいます。

それが悪いほうの驚きであった場合には不幸ですね。。。
とっても不幸です。

ですから、
就職活動をしているみなさん、
自分の「素(す)」を見せましょう。
(当然、企業側にもいえることです)

自信が無い人もいらっしゃるとは思いますが、
きちんと自己分析をすれば、必ず自分が持っている「強み」が見つかります。
誰にでも「強み」はあるのです。

そのためのお手伝いの企画もこれから考えていきます。